In Deep

地球最期のニュースと資料

*

FBIが「アメリカの影の政府」の存在を発表し、そしてその影の政府メンバーたちが政権から追放されている・・・という事実は「地獄の夏」が近いことを示す?

   

2017年2月17日のアメリカ報道より

CNBC

2017年2月17日のアメリカ報道より

NewYork Post

Sponsored Link


 

影の政府の実在が報じられ始めた2017年

wethevigilant.com

 

「影の政府」とか「影の権力集団」というような響きは、その言葉だけは、以前からよく聞くものではありましたが、その実態は、私たち一般人にとっては、何となくあやふやであり、「ホンマかいな」という部分もないではないものでした。

しかし、最近、いわゆるメジャーメディアによる報道そのものが変化してきているようで、たとえば、冒頭のアメリカの報道のタイトルには、

「 FBIが《影の政府》に言及」

などという文字が躍っているというあたりに、時代は変化しているのだなあと感じます。

そして、冒頭2つめの記事のように、どうやら、その「影の政府」的な人たちが、アメリカの政権から大量に「追放されている」らしいのです。

こういうのも、「そういう時代になったのかあ」と、やはり感慨深く思います。

 

ちなみに、冒頭の2つめの報道の翻訳は「アメリカ国務省で血まみれの大量解雇」としているのですが、本来なら「大量解雇」だけでいいのです。しかし、ここで使われている「 bloodbath (ブラッドバス)」という単語は、文字通りだと「血の風呂」ということで、要するに「血の海」ということになるのですが、どうしてもそのような言葉を入れたくて、こうさせていただきました。

今回、上のふたつの記事をご紹介させていただこうと思いますが、私自身、「影の政府」とか、そういうものには全然詳しくないですので、特に解説をすることはできません。

ただ、今回のアメリカの一連の報道は、

「アメリカ国務省内に《影の政府》と呼ばれる権力構造が長く存在していた」

ことを明らかにしたものであると思われ、また、

「その《影の政府》がアメリカの政治から追放されている」

ということも意味しているのではないかと思います。

なお、今回の記事のタイトルの後半が、

> という事実は「地獄の夏」が近いことを示す?

となっているのですが、これはどういう意味かといいますと、一種のオカルトですが、今から9年前の未来予測プロジェクト「ウェブボット」の記述を思い出したのでした。

それと照らし合わせると、今年の夏あたりが「地獄の夏」ということになるのかな、と個人的に思っただけの話です。こちらに関しては、理論的な意味合いがあるものでもないですが、アメリカのふたつの記事をご紹介した後、その部分を抜粋させていただこうと思います。

ウェブボットは、年代そのものは非常に大きく外しますが、物事が起きる順番は、わりとよく当たります。

では、ここから冒頭の2つの記事の概要をご紹介します。

今、アメリカで何が起きていて、どう変わろうとしているのかを示すひとつの徴候かもしれません。

なお、このクリントン氏の電子メール問題というのは、アメリカでは大きな問題のひとつのようで、オリジナルの記事そのものはかなり長いですが、アメリカ以外の人たちにはあまり関心なさそうな部分は略しました。

 


New FBI release on Clinton email probe refers to ‘Shadow Government’
CNBC 2017/02/17

クリントン氏のEメールに関しての新しい発表で、FBIが「影の政府」に言及

ヒラリー・クリントン氏の電子メールに対しての FBI の調査から得られた聞き取りの要約と記述が一連の申し立てを行っている。これは、民主党の大統領候補への将来の攻撃のための絶好のエサとなる可能性がある。

2月16日の朝に発表された 100ページの FBI の書類には、クリントン氏が議定書を無視したという主張が含まれている。他にも、この文書は、強力な国務省の職員グループが文書の発表を調整しようとしたことや、ある国務省の職員が元国務長官の電子メールに関連した「賛成票」を要求したことなどが述べている。

FBI が発表した文書は、大きく4つからなるが、その中には、クリントン氏が、彼女の行動についての起訴を推奨しないという国務省の局内の決定についてが明らかになるかもしれない件が含まれてる。多くの共和党員は、クリントン氏が起訴されないという決定について批判しているが、FBI のジェームズ・コミー長官は、この動きは非公式だと主張し続けている。

また、この FBI の文書による驚くべき新事実として、身元を明かされていない FBI による聞き取り人物による、ある「示唆」だ。それは、アメリカ情報公開法の行使の要請について、クリントン氏が「影の政府(the Shadow Government)」を通じて何かを行っていることに関してのものだ。

国務省には「非常に高い地位」の政府関係者の強力なグループがあり、それは「第7階グループ」あるいは「影の政府」と呼ばれる存在で、このグループは、毎週水曜日の午後にアメリカ情報公開法のプロセスと、議会の記録、そして、クリントン氏に関するアメリカ情報公開法と議会記録のすべてについて話し合われることが FBI による聞き取りの概要に記されている。

書類からのもう一つの主張は、パトリック・ケネディ国家副長官が、以前に分類されていたクリントン氏のプライベート・サーバーからの特定の電子メールを分類しないように FBI に対して圧力をかけたということだ。国務省の代理人はこの主張を否定している。


 

ここまでです。

そして、もうひとつの記事は、冒頭2つめのもので、その国務省から「元の職員たちが次々と追放されている」ということについてのニュースです。

この記事のキーパーソンで、写真にも写っている人物は、レックス・ティラーソンという人で、Wikipedia によると下のような人物です。

レックス・ティラーソン – Wikipedia

レックス・ウェイン・ティラーソンは、第69代アメリカ合衆国国務長官。アメリカ石油メジャー最大手のエクソンモービル前会長、兼最高経営責任者 (CEO)。ロシアと太いパイプを持つ。2016年12月13日にドナルド・トランプ次期大統領から国務長官に指名された。

石油メジャーの会長というバリバリの「エリート」である人物が行っている粛正的な行動ということになるのですかね。

いろいろと混乱してるのかもしれませんし、混乱していないのかもしれませんし、それはわかりません。

ここからです。


It’s a bloodbath at the State Department
nypost.com 2017/02/17

アメリカ国務省での大量解雇

レックス・ティラーソン国務長官が、アメリカ国務省の大掃除をしていると報じられている。

CBS ニュースによると、国務省・管理資源担当の職員と相談員たちが 2月16日に国務省に呼ばれ、解雇された。彼らの多くは、象徴的な国務省ビルのトップフロアである7階で働くメンバーだ。

彼らの新しいボスであるティラーソン国務長官は、これまで優遇されていたものとは違った優先順位を彼らに与えたのだった。

アメリカ国務省職員の解雇と新しいメンバーの採用は、ティラーソン国務長官が、ドイツのボンで開催された G20会議に出席した際の海外滞在時に起きた。

国務省のスポークスマンは、CBS ニュースに「政権の移行に伴い、私たち国務省は、職員を刷新・構築し続けています。国務省は、共和党と民主党両方からの才能ある個人によってサポートされています」と述べた。

トランプ大統領が先月に就任して以来、国務省職員の解雇はこれで2回目となる。1月末には、4人の上級職員が国務省を去っている。


 

ここまでです。

そして、この「影の政府」と「その追放」というニュースが出てきた流れで、2008年のウェブボットから一部抜粋してご紹介します。

ここには「影の政府の実態が表面化」して、彼ら持つ「隠されたもの」が明らかになるのと時を同じくして、世界の経済は崩壊に向かい、「地獄の夏」となっていくという下りが描写されています。

このウェブボットの記述には、たとえぱ「 2009年には」というような年の記載があるのですが、過ぎた月日を書いても何だか間の抜ける話ですので、具体的な年は割愛しています。ウェブボットは 2009年にそのようになると書いていましたが、2009年には経済の崩壊もありませんでしたし、何より「影の政府の存在」など明らかになりませんでした。

でも、今 2017年には、それが明らかになりつつあります。

2008年11月のウェブボットの記述より

ALTAレポート 909 P4(2008年11月30日配信)
翻訳 / 高島康司(ヤスの備忘録

・ 夏以降、経済の崩壊が進み、金融のインフラが機能を停止するため、影の政府の資金源も途絶えるようになる。そしてドルの死が起こると膨大な情報のリークが進み、影の政府はかつてないような調査の対象となる。

・ マスメディアのコントロールも次第に緩むため、影の政府の実態が一般のマスメディアでも報道されるようになる。いっぽう影の政府は生き残りをかけ、自らの秘密を自分の手で暴露してしまう。これにより、アメリカエリート層の実態がより目に見えるようになる。

・ 影の政府の存在が明るみに出るにしたがって、彼らが抑圧してきた様々な知識も表面化するようになる。 それらは新しい電力に関する知識であったり、エイリアンとのコンタクトの記録だったりする。またこの動きに合わせて、「ボッグスライフ」と呼ばれる新しい生活スタイルの哲学が流布する。

・ 春から夏にかけて、新しい政府は、大恐慌のときのニューディール政策を思い出させ、国民にやる気を起こさせるキャンペーンを開始する。これはいろいろな理由からうまく行かないが、その予期しない効果として「ボッグスライフ」のような自給自足型のライフスタイルの思想を活性化させてしまう。

・ 夏には、これまでの社会契約(社会秩序)の解体、新しい電力の開発、影の政府の解体、そしてキリスト教原理主義者の国外退去などの事件がすべて重なるため、アメリカ国民は大きなストレスを感じる。このような背景から、60年代に流行した様々な思想が、ボッグスライフのような新しい思想とともに流行りだす。いずれにせよ多くのアメリカ国民は、この夏を「地獄の夏」と感じるようになる。

・ 地獄の夏に起こる一連の出来事は、キリスト教原理主義のみならず、ユダヤ教やイスラム教でも、宗教の影響力と支配力を弱める働きをする。

・ 夏の社会的混乱の過程で、類まれな人格的な強さを持つ学者がリーダーとして出現する。そのような人物とともに、ある女性が暴徒のリーダーとなる。この女性は身体に障害をもっているが、非常に知的で背が高く、松葉杖を使って立ち上がりスピーチを行う。

 

ウェブボットの記述は非常に膨大で、まだ続きますが、そこから「アメリカは革命の段階に入っていく」ということが、ウェブボットのその後も長く続く「アメリカが辿る道」についての概要です。

個人的には、太陽黒点がなくなっていく、これからの時代には、少なくとも「暴力革命」のようなものは、起きにくくなっていくだろうと思っていますが、暴力を伴わない「意識の変化による、静かな革命」なら起きても不思議ではないかもしれません。

この太陽活動と人間の暴力行動の相関については、かねてから取りあげることのあった概念で、最近では、

太陽黒点数が「0」となった2016年6月からの世界は
 2016/06/03

という記事で書いていますが、これからの太陽活動の低い何年か(場合によっては何十年)の間は、人々は暴力的な方向に向かいにくくなり、その分、「国家の統制が進む」というようなことも起きやすいのが、これまでの歴史です。しかし、それとは別に「平和的に自分の行きたい方向に向かう」というのはありだと思います。

システムに対抗するのではなく「既成のシステムから抜けていく」というタイプの革命というのか、そういう人々が増えるという感じになるのですかね。

いずれにしても、影の政府の存在が公になりつつある時代となってきました。



 - 2017年からの世界, アメリカの憂鬱, 人類の覚醒と真実 , , , , , ,