地球最期のニュースと資料

In Deep

★ In Deep オリジナル年賀状がメルマガ読者様に2020年元旦に届けられるMAG2さんのキャンペーンが行われています。内容などについてはこちらのページでどうぞ。(2019/11/01)

2017年からの世界 これからの太陽活動 人類の覚醒と真実

今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球

投稿日:

本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。

原因は太陽黒点ではなく、現在、太陽の表面に出現している巨大なコロナホールという「暗黒のコロナ噴出エリア」の影響だと思われます。

日本時間で昨日の太陽の状態は以下のようになっています。

9月27日の太陽。黒い部分がコロナホール

NASA SDO

おそらく上下の長さは 100万キロ級のものだと思われます。

これが数日前から地球に面してきていまして、今、地球はその影響がマックス、モン・アムールの状態です(変な表現はやめろよ)。

Sponsored Link


 

その磁気嵐のマックスぶりは、たとえは、下は NICT の宇宙天気状況ですが、「地磁気攪乱の予報」が最大となっていまして、こういうのを見るのは、なかなか珍しいです。

NICT 宇宙天気予報 9月28日

NICT

先ほど、コロナホールの長さが 100万キロメートルくらいと書きましたのは、正確でもなんでもない数字なのですが、今より前の最大級のコロナホールの時と大体同じくらいかなと思った次第で、そう書きました。

それは、今年 3月の後半のことで、下はその時の太陽です。

2017年3月29日のコロナホール。長さは約100万キロメートル

NASA SDO

この時も、

太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中
 2017/03/29

という記事でこのことをご紹介しましたが、なぜ、こういう地磁気の極端な乱れの時に、それを記事にするのかといいますと、簡単に書けば、

「その時期に世界が荒れやすい」

からです。

この今年の3月の時は、3下旬から4月の第1週くらいにかけて現在と同じようなコロナホールの拡大と、地磁気の乱れ(今ほどひどくなかった気がしますが)かありました。

その頃、どんなことが起きていたのかは、大まかなところでは 2017年 - Wikipedia などを見ますと、下のようなことがあった頃でした。

3月30日から4月7日頃の地磁気が攪乱していた頃に起きていたこと

・3月31日 - 韓国の検察が同国第 18代大統領・朴槿恵を逮捕

・4月3日 - ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で、爆発が発生( 2017年サンクトペテルブルク地下鉄爆破テロ事件)

・4月5日 - 北朝鮮が、弾道ミサイルとみられる飛翔体 1発を日本海方面に向け発射

・4月6日 - アメリカ合衆国・トランプ政権が、シリア空軍基地に対しトマホーク巡航ミサイル 59発での攻撃を行う

・4月7日 - スウェーデンの首都ストックホルムでトラックが暴走し、通行人4 人が死亡( 2017年ストックホルムトラックテロ事件)

・4月9日 - エジプト・タンタで爆発、21人が死亡、40人以上が負傷。数時間後にアレクサンドリアでも爆発、少なくとも 11人が死亡。

テロが多いでしょう。

トランプ大統領が、シリアにミサイル攻撃をおこなったのもこの時でした。

こういうことになりやすいから、またなるというものではないですが、黒点の多い時と同様に、どうやら人間は地磁気の攪乱に影響を受けやすいようです。

あと、事故も増えます。病気も増えます……というように念仏じみた感じで「〇〇も増えます」と並べられるほど、いろいろと増えることが多いです。

この9月は、

1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される。コロナ質量放出が地球方向へ進行している可能性。影響は現時点では不明
 2017/09/07

などで取りあげました、X 9.3 の太陽フレアが 9月 6日に発生し、それと共に自然災害、あるいは政治経済において、国際情勢において、いろいろな事象が立て続けに起きています。

その延長線上に、この「極端な地磁気の乱れが到来した」ということで、皆さんもお気を……いや、お気をつけ下さいなどと書いても、何をどう気をつけていいのかわからないのが現実です。

しかし、政治や経済のことはともかく、地震を含めた自然災害も、現在、環太平洋火山帯が非常に激しい活動の中に入っていまして、あり得ると思います。

テロや戦争・・・これは何とも言えないですが、先ほどの3月の例のように「いろいろと起こりやすい」とは言えそうですし、そのお膳立ても整っているのが現状です。

いろいろな意味で、騒がしい時期は続きそうです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-2017年からの世界, これからの太陽活動, 人類の覚醒と真実
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.