[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2017年からの世界 これからの太陽活動 人類の覚醒と真実

今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球

投稿日:

本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。

原因は太陽黒点ではなく、現在、太陽の表面に出現している巨大なコロナホールという「暗黒のコロナ噴出エリア」の影響だと思われます。

日本時間で昨日の太陽の状態は以下のようになっています。

9月27日の太陽。黒い部分がコロナホール

NASA SDO

おそらく上下の長さは 100万キロ級のものだと思われます。

これが数日前から地球に面してきていまして、今、地球はその影響がマックス、モン・アムールの状態です(変な表現はやめろよ)。

Sponsored Link


 

その磁気嵐のマックスぶりは、たとえは、下は NICT の宇宙天気状況ですが、「地磁気攪乱の予報」が最大となっていまして、こういうのを見るのは、なかなか珍しいです。

NICT 宇宙天気予報 9月28日

NICT

先ほど、コロナホールの長さが 100万キロメートルくらいと書きましたのは、正確でもなんでもない数字なのですが、今より前の最大級のコロナホールの時と大体同じくらいかなと思った次第で、そう書きました。

それは、今年 3月の後半のことで、下はその時の太陽です。

2017年3月29日のコロナホール。長さは約100万キロメートル

NASA SDO

この時も、

太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中
 2017/03/29

という記事でこのことをご紹介しましたが、なぜ、こういう地磁気の極端な乱れの時に、それを記事にするのかといいますと、簡単に書けば、

「その時期に世界が荒れやすい」

からです。

この今年の3月の時は、3下旬から4月の第1週くらいにかけて現在と同じようなコロナホールの拡大と、地磁気の乱れ(今ほどひどくなかった気がしますが)かありました。

その頃、どんなことが起きていたのかは、大まかなところでは 2017年 - Wikipedia などを見ますと、下のようなことがあった頃でした。

3月30日から4月7日頃の地磁気が攪乱していた頃に起きていたこと

・3月31日 - 韓国の検察が同国第 18代大統領・朴槿恵を逮捕

・4月3日 - ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で、爆発が発生( 2017年サンクトペテルブルク地下鉄爆破テロ事件)

・4月5日 - 北朝鮮が、弾道ミサイルとみられる飛翔体 1発を日本海方面に向け発射

・4月6日 - アメリカ合衆国・トランプ政権が、シリア空軍基地に対しトマホーク巡航ミサイル 59発での攻撃を行う

・4月7日 - スウェーデンの首都ストックホルムでトラックが暴走し、通行人4 人が死亡( 2017年ストックホルムトラックテロ事件)

・4月9日 - エジプト・タンタで爆発、21人が死亡、40人以上が負傷。数時間後にアレクサンドリアでも爆発、少なくとも 11人が死亡。

テロが多いでしょう。

トランプ大統領が、シリアにミサイル攻撃をおこなったのもこの時でした。

こういうことになりやすいから、またなるというものではないですが、黒点の多い時と同様に、どうやら人間は地磁気の攪乱に影響を受けやすいようです。

あと、事故も増えます。病気も増えます……というように念仏じみた感じで「〇〇も増えます」と並べられるほど、いろいろと増えることが多いです。

この9月は、

1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される。コロナ質量放出が地球方向へ進行している可能性。影響は現時点では不明
 2017/09/07

などで取りあげました、X 9.3 の太陽フレアが 9月 6日に発生し、それと共に自然災害、あるいは政治経済において、国際情勢において、いろいろな事象が立て続けに起きています。

その延長線上に、この「極端な地磁気の乱れが到来した」ということで、皆さんもお気を……いや、お気をつけ下さいなどと書いても、何をどう気をつけていいのかわからないのが現実です。

しかし、政治や経済のことはともかく、地震を含めた自然災害も、現在、環太平洋火山帯が非常に激しい活動の中に入っていまして、あり得ると思います。

テロや戦争・・・これは何とも言えないですが、先ほどの3月の例のように「いろいろと起こりやすい」とは言えそうですし、そのお膳立ても整っているのが現状です。

いろいろな意味で、騒がしい時期は続きそうです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2017年からの世界, これからの太陽活動, 人類の覚醒と真実
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.