「2020年からの世界」 一覧

「風邪の効用」: 一般的な風邪ウイルスが「インフルエンザの気道感染を防ぐ」ことを米イェール大学の研究者が突き止め、医学誌ランセットに発表

・Yale News   インフルエンザの特効予防は「風邪ウイルスに曝露すること」であると判明 9月4日の医学誌ランセットで、米ハーバード大学と並ぶ世界最高峰の大学の一つである米イェール大学 ...



中国の国家は疲弊しきっているけれど、市民による「死者への崇拝の祭事」は平年通りにおこなわれていることに軽いショックを受けて

9月2日 中国武漢で行われた年に一度死者を崇拝する「鬼节 (幽霊節)」の行事 ・NTD   疲弊する国で 中国語メディアを見ていましたら、複数の報道で、9月3日に北京で行われた「抗日戦争勝利 ...

狂った新しい日常へようこそ。そして各国で拡大するマスク不着用への罰金と罰則。英国では「コロナのジョーク」を言っただけで永遠に学生を追放する学校も

英国スコットランドの幼稚園にて ・Paul Joseph Watson   各国のマスク義務化の法令の詳細 ま、このぉ…(いきなり田中角栄さんかよ)。 いやもう、最近の海外の報道を見ています ...



神を黙らせる時代が始まった : 日本そして全世界での祭事の停止の意味

・富士山   「神々と死者を黙らせるには」 先日、以下のような報道を見ました。朝日新聞の報道です。 京都の「大文字」、勝手に点灯 いたずら? 憤る関係者 京都の夏の伝統行事「京都五山送り火」 ...

太陽プラズマの温度が「観測史上最低」に急落。同時に太陽からの磁力エネルギーも過去最低水準に。これから地球はどうなる?

・NASAの太陽観測衛星が撮影した9月1日の太陽。黒い部分はコロナホール。NASA, Spaceweather   今回の記事は「太陽の温度がどんどん低くなっている」ことについてのデータをご ...



全世界で異常気象により崩壊していく農業生産。全世界を巻き込む食糧危機と飢餓のカオスが2021年頃から到来する可能性がさらに高く

・2020年夏、ほぼ全域が深刻な干ばつ中にあるコロラド。 Outthere Colorado   なぜ飢餓の懸念か このブログを始めた 10年ほど前から懸念していたことのひとつに「世界的な食 ...

潰瘍性大腸炎は「特定の腸内細菌の枯渇が招いている」ことを突き止めた米スタンフォード大学の研究から想像する「異常消毒社会」による未来の絶望的光景

・msn.com   赤ちゃんの腸内細菌環境はすぐに崩壊するのに 先日、以下の記事で、相手が子どもであろうと、ご病気の高齢者であろうと、強制的に相手の手に消毒剤を噴霧しているのを見ていまして ...



事態はどんどんひどいことになっている。アメリカドリームという言葉のある国の事例にみる今後の世界

・米コロラド州で発生している同州の歴史での最悪の山火事。 wildfiretoday.com   今が終わりの始まりであることは、見た目からも実体からも メルマガの読者の方々の中には、海外在 ...

マスク社会がもたらす「本当のディストピア化が何か」に気づいた。それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる「人の感情を理解しない人々の社会」の誕生

・Yahoo Style UK 2018年の児童発達の専門メディアより 乳幼児たちは生後 1年の間、人々の顔に集中的に注意を向け続ける。 この注目の高まりにより、乳児たちは人の顔が提供しなければならな ...



アメリカ食品医薬品局が「危険な手の消毒剤リスト」を160製品以上に拡大する中で、有毒物質から身を守るサバイバルツールとしての「マイスプレーボトル」の必要性

自分の手に今、何が噴きかけられているかを認識していますか? ・Sanitize Images   新しい生活に潜む深刻な危険をFDAが警告 最近数日、冠婚葬祭に参列していました。 まあ、冠婚 ...

低酸素と二酸化炭素中毒社会が招くのは…男性の不妊の増加…アルツハイマーの増加…。どうにも悲観的な数年後の社会を想う

・1918年のスペインかぜのパンデミック中、マスクをするカナダの子どもたち。 costar.com   マスクに関してのファクトチェックの嵐の中で 今に始まったことではないのですが、欧米のメ ...



アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド…。各国の当局が「新型コロナウイルスのワクチン接種は強制的なものになり、投獄や強制収容もあり得る」と発言。しかも接種は「毎月」のようになり得ることも

・You Can Be Jailed If You Refuse Coronavirus Vaccine Says US Attorney   それ系の未来が次々と実現へ 前回、以下の記事で ...

狂気のディストピア : オーストラリアでは「ドローンによる屋外マスク不着者の探索」と「子どもの親からの強制連行」も承認され、1984的マッド状態は進行し続ける

米メイン州の知事が全レストランに要請した犬と同じ接客フェイスガード ・summit.news   これが映画かジョークであれば 先日、以下の記事で、もはや世界(特に欧米)でおこなわれているこ ...



なぜ子どもたちの骨折が急激に増えているのかを調べてわかった「マスク、太陽光不足、過剰な消毒がすべて骨の脆弱化と関係している」こと

・childrenshealthdefense.org   かなりまずい状況がすでに始まっている 今日、産経新聞の以下の報道を読みました。 鬼ごっこで骨折も…コロナ休校、増える子供のけが 新 ...

暗黒の時代と戦うツールは怒りでも憎悪でもない。「笑顔が消えた時代」に、悪の支配に対抗し、人類の霊性を高めるために必要なものは何かを考えましょう

修行するスーフィーと呼ばれるイスラム教神秘主義者 ・古代スーフィーたちには月に1度「一日中冗談を言い続ける」という修行が課された。 jamesburgess.com   新たな修行の時代に ...



完全にゴーストタウン化したアメリカのニューヨーク5番街を見て思うことは、「少し先の日本も同じでは?」という「地獄の夏」的な懸念

・Escape From New York   世界で最も華やかだった夢のニューヨーク5番街が ・zerohedge.com 最近とても衝撃的な動画を見まして、投稿されたのは、8月7日となっ ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.