「未来の地球」 一覧

沈みゆく大国 : 中国の北京が毎年10センチメートルずつの急激な地盤沈下を起こし続けていることが最新の研究で判明。今のままでは30年後には完全な廃墟に

北京朝陽区のビル群 ・hinadaily.com.cn   中国の都市部で進行していること 上の華やかな都市の写真は、中国の首都である北京の朝陽区という、ビジネスなどの中心ともいえるような場 ...

「人間がいなくなった地球に起きること」:もしかすると繰り返されているかもしれない新しい地球の誕生

  YouTube に、先月アップロードされて以来、500万回以上視聴されている動画に、「人類が消えたら、何が起きるのだろう ( What Would Happen If Humans Di ...

世界中で「湖や川の水が突如として大規模に消える事例」が続出している理由。そして、この地質活動の異変は太陽黒点ゼロ時代にさらに拡大するか

今月のはじめ、南米チリで「湖の水が一晩で消滅した」という出来事が報じられていたことを、 ・南米チリで広大な湖の水が一晩で消滅! 南米の地底で、あるいは環太平洋火山帯の地底で何が起きているのか  201 ...

荒れ狂う極端な気温と気候の中で、迫り来る気配を感じる世界的な水不足への対処として思い出したペルーの「大気から飲料水を生成する装置」

米国スミソニアン・ウェブサイトより ・Smithsonian.com 春以降、 ・世界は想像を絶するすさまじい干ばつと水不足の世紀に入ったかもしれない  2016/04/28 ・あと25年で「30億人 ...

サンゴと海藻が全滅に向かい続ける「地球の海」の近い未来

2016年6月18日のタイの報道より ・Bangkok Post   冒頭の記事は、ベトナムのビーチリゾートとして人気の海域で、サンゴ礁の 30%から 40%が「白化」の影響を受けていること ...

シベリアのクレーターは「半径100キロメートルに響く爆発音と天空の巨大な光」を伴う凄まじいエネルギー現象から発生していたことが判明。そして、それらの穴は今も拡大し続けている

それがロシアや永久凍土地域への今後の大きな懸念材料となる可能性も   シベリアのタイミル半島に形成されたクレーター(同一のもの)の2013年と2015年の状況 ・Siberian Times ...

南米チリで広大な湖の水が一晩で消滅! 南米の地底で、あるいは環太平洋火山帯の地底で何が起きているのか

チリの湖で5月29日に起きたこと ・Davisito de Zabedrosky   上の写真は、南米チリにある、あるいは「かつてあった」リエスコという湖の「水のあった時」と「水が消えた後」 ...

突如として世界中で「光る球体 / オーブ」の目撃が多発。そして、ノルウェータイプの「光の渦」も出現し続ける

2016年1月6日 オーストラリア・キャンベラ ・YouTube   この1週間、世界中でいくつかの「光る球体」(オーブとも呼ばれます)の目撃例が報じられました。 ベラルーシ・ミンスク 20 ...

人工知能が「悪魔に変わった時」に彼らは地球と人類に何をするのか、あるいは何もしないのか

科学系メディア「ニューサイエンティスト」の記事より ・New Scientist   少し前の記事、 ・イギリス政府機関の推計資料 : これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対 ...

中国 : 猛烈な勢いで砂漠化が進み、今では国土の4分の1以上が砂漠状態となりつつある巨大国家にまつわる最近の「人肉の缶詰」輸出騒ぎから考える彼らに対しての視線

2016年5月17日の報道より ・Epoch Times   以前と比べると最近は、世界中でやたらと「大規模な砂嵐」の報道にふれます。 サウジアラビアやイランなどの砂漠の国で砂嵐が起きても、 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.