「これからの太陽活動」 一覧

宇宙線レベルが著しく増加している今の地球と、そしてこれから

・Cosmic Rays 太陽活動はさらに弱く鳴り続けているようで、昨日も今日も太陽は黒点ゼロでした。そのせいか何となくボーッとしたファティマ 100年目となっています。 ・SDO/HMI そんな中で ...

黒点ゼロの状態の中、突如として太陽表面に磁気の巨大なフィラメントが浮き上がり、太陽は「爆発待機状態」に

2017年5月10日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather 現在の太陽の状態 ・SDO/HMI Sponsored Link   太陽表面に予期せぬフィラメントが次々と出現 ...

イルカたちの死と太陽 — 3月末の「数日間」で世界各地で連続したイルカの大量死は現在の異常な太陽活動と関係があるのか

南アフリカでの30頭以上のイルカの大量死についての報道 ・heraldlive.co.za   この1週間くらいの間、「地球は太陽活動の影響での磁場の嵐に見舞われている」ことについて、少し前 ...

エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生。コロナホールも何だか凶悪化し、少し社会的に影響がありそうな気配

2017年4月1日に発生したMクラスの太陽フレア ・SIGNIFICANT SOLAR FLARE   ほんの少し前に、 ・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現す ...

太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中

2017年3月29日の太陽黒点の状況 ・spaceweather.com その太陽のコロナホールの状況 ・spaceweather.com Sponsored Link   太陽の表情が急変 ...

急停止した太陽活動 : 2010年4月以来最も長い「16日間連続で黒点ゼロ」を記録した日に「太陽活動は人間社会のすべてを牛耳っている」という概念を思い出す

2017年3月6日から続いている「太陽黒点数ゼロ」の日 ・NASA / SDO   太陽活動がますます小さくなっていく中、3月19日に 2週間連続での太陽黒点0が記録されました。これは、黒点 ...

太陽はきっと見ている……のか、あるいはトランプ米大統領が太陽を見ているかわからない中、世界は黒点ゼロ時代の特徴である「統治」と「独裁」に向かう?

ドイツの週刊誌「シュピーゲル」 2017年2月4日号の表紙 ・spiegel.de ドイツの「シュピーゲル」は、Wikipedia によれば、 > 発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、 ...

相変わらず黒点も出現せず、今年最初の満月を迎えた中、淡々と消化されていく2017年

2017年1月5日にノルウェーで撮影された噴火のようなオーロラ ・Aurora G1 Storm The Other Night Was Amacing 今日は、いろいろとありまして、時間的に、普通に ...

太陽黒点数ゼロが頻発する世の中でも「新しいテロ」は増加するのかしないのか。そして同時に「太陽と人類の関係は崩壊したのかもしれない」と思わざるを得ない最近

最近しばしば出現する「黒点ゼロ」の太陽 ・NASA   現実を向き始めている方法論の脅威 先日の記事、 ・火の夢で目覚めた現実の世の中は「イスラエルが同時多発火災テロの炎に包まれて3日目の朝 ...

発令された「太陽からの攻撃への準備をせよ」とのアメリカ大統領令 : 太陽活動の弱い中でのこの事案に見る今の時代

・NASA 2016年10月13日の米国ホワイトハウス・ウェブサイトより ・White House   ロシアのアース・クロニクルズという英字メディアを見ていましたら、下のようなタイトルの記 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.