[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 中国という国 軍事的カオス

中国人生物学者たちが「感染可能なSARSコロナウイルスとH1N1ウイルス」を繰り返しアメリカの空港に持ち込んでいた事例を米FBIが「重大な生物学的リスク」として2019年11月に警告していた

投稿日:


・2019年11月に発行されたFBIの報告書。news.yahoo.com




 

パニックの中で考える陰謀論

新型コロナウイルスのパンデミック以来、さまざまな「陰謀論として扱われる話」が、世に出ることが多くなりました。

その状況も次第に混沌としてきており、最近は、感染拡大が深刻な英国で「新型コロナウイルスと 5G携帯の電波が関係している」という「噂」が広がり、相次いで、「 5Gの通信タワーが放火される」ということが起きています。

以下はそれを報じるスプートニク日本語版の報道です。

英国で移動通信塔に放火 ユーチューブはコロナウイルスと5G関連の動画を削除 いったい何が起こっている?
sputniknews.com 2020/04/08


mbs.news

英国ではここ数日、バーミンガム、リバプール、メリング、マージーサイドの住民が5G電波塔5基に放火する事件が相次いでいる。このような行動の原因となっているのが、インターネットで拡散されているコロナウイルスと5Gの関連に関する情報だ。

英国の独立系事実確認機関「Full Fact」はインターネット上で特に人気がある二つの説を特定した。一つ目は、5Gはあたかも免疫を抑制するというもの、二つ目は、コロナウイルスは電波を使い標的を選び、感染拡大させていくというものだ。

両方の説を支持する人たちは、武漢ではコロナウイルス感染が始まる直前に5G網が運用されたと主張している。

この噂は瞬く間に広がり、大手SNSは前例のない対応に迫られた。例えばグーグルは4月7日、5Gとコロナウイルスの関連を主張する動画は全てユーチューブから削除すると発表した。

この 5G関係の話も、多くのメディアでは「陰謀論」として取り扱われています。

ちなみに、私自身は 5G とウイルス感染の関係はよくわからないですが、5Gに関する様々な主張がたくさん存在していることは知っています。

しかし、感情的な話をしても仕方ないわけで、「それがどんな理論、あるいは学説がベースになっているのか」ということを知らないと、肯定も否定もしようがないという部分はあります。

今回、英国でこんなに騒動になっていることを知りまして、ただでさえ疲弊しつつある社会やインフラの中で、こういう暴力的な状況はあまり良くないですから、 5Gというか、それが使用する電波帯などについての医学者による論文や主張を少し集めています。

翻訳するのに時間がかかりそうですが、いつかは、その中のいくつかを掲載できればと思いますが……まあ、ブログでは難しいですかね。

私自身は、たとえば、以下の記事にも書いていますが、「新型コロナウイルスに人為的な操作が加わっている可能性」にふれただけで「陰謀論者扱い」されることにうんざりしています。

なぜ「新型コロナウイルスの流行は人為的なもの」ということが陰謀論だと言われるのだろう?

 

世界的なパンデミックが始まったばかりの 1月の終わり頃に書いた以下のような記事は、今では、確実に「陰謀論者の記事」のように言われてしまうですね。

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

私は一般の人と比較しても、むしろ陰謀論的な考え方は少ないほうだと思いますし、さらには、あまり陰謀論が好きではないのです。

一般的な陰謀論の良くない部分は、

「最初に、首謀者に対しての否定的な結論があるところから話が始まる」

ことと、

「その相手に憎悪を持たせる手法を一般の人々に使うことがある」

という面です。

どんなことも最初から決めつけては研究になりませんし、「憎悪」は最も人間が持ってはいけない感情です。

すべてをフラットに考えて調べる中での結果として出てくる結論に従うのが掟であり、「〇〇は悪い」と最初に決めるのは、真実を見誤ることにもなりかねません。

ですので、そういうたぐいの主張と一緒にされるのは、やや不本意なのです。

そういうこともあり、それ以来、ブログでは「ウイルス人為説」についてふれるのはやめています。

ウイルス人為説はどれだけ調べても他の結果を導くことはできませんですので、それはメルマガにだけ、たまに書かせていただいています。

ですので、 5Gのこととかにふれて、また陰謀論的に言われるのも切ないですので、これについてもメルマガだけになるかもしれないです。しかし、そういう話の根拠が完全なものであろうと、そうでなかろうと、

「それぞれの方々が、ご自分で根拠を探す」ことは大事

だと思います。

何が起きているのか、ご自身で理解するということです。

特に現在は、社会全体がパニックやヒステリーになっていて、各国の指導者レベルで誰もがお手上げになっていますが、こういう時こそ市民が「考える」べきです。

今日発行させていただいたメルマガでも「封鎖対策と移動の制限対策が、無意味であるだけでなく悪いこと」を数字から検証してますが、こういうことも、今のご時世では、おおやけに書くと、「変なことを言っている」とか、あるいは、何か言われるのも困りますので、そういう方面の話もブログではあまりふれなくなっています。

私個人としては、今、

「感情だけで動いている世間から距離を置こう」

とも考えています。

社会から少しずつ身を引いていくということですかね。

 

さてさて、そんなことはともかく、先ほどリンクしました、ウイルス人為説というものとは少し違うのかもしれないですが、先日、以下の記事で CIA (アメリカ中央情報局)が出てきました。

「お見事 CIA 」 : 15年前のアメリカ中央情報局の報告書には「2025年までに、伝染性が強く治療法がないコロナウイルスによる世界的パンデミックが発生し、全世界の3分の1が感染する」という予測が示されていた 

そうしましたら、今度は、アメリカ連邦捜査局(FBI)の報告書について、アメリカの Yahoo ニュース が伝えていたのですね。

この報告書の内容は、以下のようなものです。

2019年11月13日の FBI の報告書より
・2018年11月に中国人が米国の空港に SARS コロナウイルスを持ち込んだ。
・2018年11月に中国人が米国の空港に MERS コロナウイルスを持ち込んだ。
・2019年9月11日に中国人がダラスに H1N1 インフルエンザ検体を持ち込んだ。

すべて、アメリカ国内に持ち込まれる前に、空港で食い止められたようですが、このうちの「 2019年9月11日」に H1N1 インフルエンザ検体がもちこまれていたというのは、今シーズンのアメリカの以下の記事にありますような狂気的なインフルエンザの流行を思い出しますと、感慨深いものがあります。

https://earthreview.net/us-abnormal-flu-is-still-increasing-2020/

上の記事で、私は以下のように書いていて、確かに不思議でした。

このアメリカのインフルエンザの異常性が不思議なのは、「アメリカでだけ」だからです。

世界的にこのようなインフルエンザが流行しているというのなら、世界的なエピデミックということで、多少は理解できますが、ここまでひどい事態となっているのは、アメリカ以外の国ではあまり聞かないです。

「何が起きているのだろうな」と思います。地球の記録

本当に何が起きているのでしょうね。

いずれにしても、この事例からわかるのは、「中国人科学者たちは、繰り返し、アメリカにコロナウイルスを持ち込んでいた」という可能性があることです。

米 Yahoo ! News からご紹介させていただきます。

 


個人の荷物から見つかった SARS ウイルスとインフルエンザウイルスの疑惑を含む生体サンプル : FBI の報告書は、中国の「バイオセキュリティ・リスク」を説明する

Suspected SARS virus and flu samples found in luggage: FBI report describes China's 'biosecurity risk'
yahoo.com 2020/03/30

2018年11月下旬、中国の武漢で新型コロナウイルスの最初の症例が確認される 1年以上前、米デトロイト・メトロ空港の米国税関と国境警備隊の係員が、「抗体」というラベルの付いた 3つのガラス容器を手荷物に入れていた中国の生物学者たちを呼び止めた。

中国人生物学者たちは、空港係員に対して「中国の科学者の同僚から、アメリカの研究所の科学者にこのガラス容器を届けるように頼まれた」と述べたという。

しかし、ガラス容器を調べた後、税関職員たちは驚くべき結論に達した。

Yahoo ニュースが入手した FBI の報告書には以下のようにある。

容器に書かれた文書と記載された所持者の検査により、検査担当者は、この容器に含まれる材料が、感染可能な中東呼吸器症候群(MERS)および、重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスの素材である可能性があると確信するに至った。

FBI の 大量破壊兵器局(WMDD)の化学生物情報局が作成したこの報告書には、 SARS と MERS の疑いのあるサンプルを所持している中国人科学者たち、あるいはアメリカで受け取ることになっていたというアメリカの科学者の名前は記載されていなかったが、FBI は、この事象は、警戒されるパターンの一部であると報告書で以下のように結論付けている。

FBI 大量破壊兵器局は、未申告で書類化されていない生物学的物質を航空機内に手荷物として持ち込む / あるいは受託手荷物としてアメリカに輸送する海外の生物学研究者たちを評価したが、これらは、ほぼ確実にアメリカにバイオセキュリティ・リスクをもたらす。

FBI 大量破壊兵器局は、直接アクセスする連絡報告に基づき、このバイオセキュリティ・リスク評価に高い信頼性があることを確約する。

これは、武漢の肺炎症例のクラスターが COVID-19 (新型コロナウイルス)であることが世界保健機関 WHO により判明するより 2か月以上前に出された報告書であり、中国の科学研究への関与に関する FBI の懸念の一部であると思われる。

この報告書では、引用された 3つアメリカ国内への生体の持ち込み事例はすべて中国人による。

1例目は、SARS と MERS、2例目は、インフルエンザ株、3例目は、大腸菌の疑いがあった。


・2019年9月11日にアメリカの空港で中国人から押収されたウイルス。

FBIはこれらの事例がどのような種類のバイオセキュリティ・リスクをもたらす可能性があるかを正確に述べてはいないが、オーストラリア・シドニーのニューサウスウェールズ大学のグローバル・バイオセキュリティの教授であるライナ・マクルンタイア(Raina MacIntyre)氏は、FBI は、これらが「バイオテロ」に使用されることを懸念していると見ている。

そして、報告書で引用された違法なサンプルがアメリカに持ち込まれている場合、その輸送は双方向(中国からアメリカと、アメリカから中国の双方)である可能性が高いと述べた。

FBI の報告書は、バイオテロなどの病原体の「意図的な誤用」を指すバイオセキュリティと、偶発的な事故による病原体の拡散等によるバイオセーフティの両方に言及している。

FBI は、この報告書についてのコメントに応じていない。


 

ここまでです。

想像してもわからないことは多いですが、中国とアメリカのあいだで、頻繁に「ウイルスが行き来していた」ということは事実のようです。

複雑な世の中です。

 

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。
Photo





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2020年からの世界, 中国という国, 軍事的カオス
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.