[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 人類の未来 健康の真実 日本の未来

これから何億人が「コロナウイルス以外で」亡くなるのだろう… : 多数の医学的研究は「隔離と孤独」は人に多大な悪影響を与え、結果として社会全体の死亡率が大幅に上昇することを示す。隔離とはそういう政策

投稿日:

それでも世界は続けるのか?

医学誌ランセットに掲載された論文より

The psychological impact of quarantine and how to reduce it




 

最も人間を死に至らしめる要因は「抑圧と孤独」そして「失業」

私は一貫して、隔離や封鎖や自宅待機や移動の制限に反対ですが、その簡単な理由は、

「社会全体の死亡率があまりにも上昇しすぎる可能性が高いため」

です。

冒頭の医学誌ランセットの論文は、今年 2月26日に掲載された「隔離の心理的影響とその影響を減少させる方法」という内容のもので、これはつまり、この時点で、

「隔離や封鎖や社会的距離に代表される《人を孤独に追い込む政策》は、人体への大きなリスクを含む」

ということが、医学界での認識として存在していることを示します。

しかし、この 2月 26日の時点では、徹底した隔離や封鎖対策がおこなわれていたのは、主に中国で、他の国、特にヨーロッパやアメリカでは、ほぼ他人事でした。

このランセットの論文を書いた研究者たちは、英国のロンドン大学キングス・カレッジなどのイギリスの科学者たちが中心で、まさか、この論文を発表してから 1月半ほど後に、自分たちの暮らしている英国などがこれほどの事態になるとは想定していなかったと思われます。

英国の状況は、4月11日現在「感染確認数 7万3758例、死者 8958人、死亡率 12%」となっています。

イギリスも、イタリア等と同様に極めて高い致死率となっていますが、最も注目すべきは、

「ヨーロッパで封鎖をおこなっている国は例外なく、どんどん致死率が上昇している」

ということです。

ヨーロッパの場合は、感染者数の増加率より、「死亡数の増加率」のほうがはるかに上回って進行しています。

たとえば、以下は、フランスの過去 2ヵ月の感染確認者数と死亡者数の推移です。

フランスの感染者数の推移

zerohedge.com

フランスの「封鎖(ロックダウン)」は、3月17日に始まりました。

それから、まだ 3週間ほどですが、

・感染確認数 9134人 → 12万4869人

と大幅に上昇しましたが、しかし、それよりも、

・死者数 11人 → 1万3197人

と、極端に上昇していることに注目していただきたいと思います。

そして、封鎖が続く限り、これは、イタリアでもフランスでもアメリカでも、あるいは日本で封鎖が始まれば、日本でも、つまり、

「これは、封鎖をおこなっているすべての国で起きる」

ことが予想できるのです。

なぜなら、「強制的な隔離、封鎖、社会的距離は、人の死亡率を大幅に高める」ことが医学では確定的に証明されているからです。

「隔離は人を死に導く」というのは、完全にエビデンスに則った真理であり、すなわち、上のフランスのグラフにおいても、おそらくは、封鎖と隔離がおこなわれていなければ、このような悲惨な死亡率の上昇は、「なかった」はずなのです。

やはり悲惨な状況となっているアメリカも同じです。

無効な対策により、犠牲にならなくてもいい人たちが巻き込まれている。

大勢の命がウイルス以外でも奪われている。

冒頭のランセットで述べられていることは、おおむね、そのようなことです。

そのランセットの論文の冒頭の「概要」は以下のようになっています。

隔離の心理的影響とその削減方法

The Lancet 2020/02/26

概要

2019年12月のコロナウイルス感染症の発生により、多くの国で感染に接触した可能性のある人たちに、自宅あるいは専用の検疫施設で隔離するように依頼する例が増えている。しかし、隔離の適用方法の決定は、入手可能な最良の証拠に基づいて行う必要がある。

今回、電子データベースを使用し、隔離の心理的影響のレビューを行った。見つかった 3166件の論文のうち、24件がこのレビューに含まれている。

ほとんどの研究では、隔離による、心的外傷後ストレス症状(PTSD)、混乱、怒りを含む負の心理的影響を報告している。

より長い隔離期間、感染への恐れ、欲求不満、退屈、不十分な物資の供給、不十分な情報、経済的損失がストレスを生み出していた。一部の研究は、その影響が、一時的なだけのものではなく、長期的になることを示唆した。

隔離が必要と思われる状況では、職員は、隔離の根拠と手順に関する情報を十分に提供し、十分な物資が提供されることを確認する必要がある。そして、より広い社会への隔離の利点を公衆に考えさせることによって利他主義にアピールすることが有利に働く場合もある。

このロンドン大学キングス・カレッジの研究者たちは、隔離をおこなわなければならない時の重要なキーポイントとして、以下を挙げていました。

隔離を行う際に重要なキー

・隔離された人に十分な情報と状況の説明を与えることが重要。

・隔離された人たちに対しては、効果的で迅速なコミュニケーションが不可欠。

・一般物資と医療用物質の十分な提供が必要。

・極端な状況でない限り、隔離期間は短く、そして期間を変更してはいけない。

・悪影響のほとんどは、自由の制限を課すことから生じる。なので、自発的な隔離を促すことが、苦痛の減少と長期的な合併症の減少に関連する。

などです。

この研究者たちも医学者ですので、パンデミックに対して「隔離はするな」とは言えないのですが、語られている悪影響はかなりのものです。

また、このランセットの論文以外にも、以前から医学の世界では「孤独」というものが、どれだけ人の死亡率を上昇させるかということが何度も論文で述べられています。少し例を挙げます。

孤立と社会的距離が拡大することの影響を述べた医学論文

・社会的つながりやコミュニティとの接点を失うことで死亡率が50%上昇していたアメリカ国立医学図書館

・孤独と孤立は、認知症の発生率を50%上昇させるmedium.com

・孤独と孤立は、脳卒中を 32%増加させるmedium.com

・孤独と孤立は、ガンの罹患率を 25%上昇させるmedium.com

・社会的つながりを持たないほど、風邪を含む感染症にかかりやすいアメリカ国立医学図書館

・高齢者の孤立は、糖尿病を極端に悪化させるアメリカ国立医学図書館

・社会的孤立は、他の疾患の死亡リスクに匹敵する重要な致死要因アメリカ国立医学図書館

このように、孤立は確実に死亡率を上昇させる上に、先ほどの医学誌ランセットにありましたように、「特に悪影響を及ぼすのは、強制的・抑圧的な隔離」であるということで、その場合、単なる孤立よりも心理的な悪影響が大きいことが示されています。

それと共に、現時点で「失業」という問題が大きくなっており、これはこれからも拡大していくと思いますが、2015年の医学論文に以下のようなものがあります。

男性は職を失うと、全死因死亡のリスクが最大 85%増加する。 

What is the effect of unemployment on all-cause mortality? A cohort study using propensity score matching
 (失業が全死因死亡率に与える影響はどれほどなのか)

 

すでに、今現在もそうですが、今後の社会は、ものすごく死亡率が上昇していくことが避けられないようなのです。

それだけに、強制的な隔離政策を拡大していくのは避けなければいけないことだと思うのです。

以前、ビル・ゲイツ財団とジョンズ・ホプキンスの科学者が、次のパンデミックは、以下のような犠牲者を出すというシミュレーションを出していたことを記事にしたことがありました。

武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた

しかし、これは、ウイルスによる犠牲者だけのシミュレーション数値であり、現実に起きていること、つまり今現在、世界でおこなわれていることは、

「ここにさらに犠牲を上塗りをしようとしている政策」

だと思うのです。

中国では、武漢などを含めて、70日以上に及ぶ非常に長い「強制隔離」が行われていました。

その中国では、公式発表では、現時点で、中国全土の総感染者は 8万1000人あまりで、 死亡者は、3300人あたりとしています。そして、中国の公式発表では、このうち「武漢で亡くなった人の数は 2531人」とされています。

この数値を信じている人はいないだろうとはいえ、「桁が違う」と思うのです。2ヵ月以上も強制的な隔離をされた場合の、身体的負担と心理的負担は「限界」に達する人が多いと思います。

少し前のこちらの記事に書きましたように、隔離と封鎖は、免疫に重要な要素である太陽光にも当たることができないですし、健康に悪いことばかり。

いずれにしても、隔離と封鎖が長かった武漢は、とんでもないことになっていたのではないかとも思うのです。

中国のメディア「財経」は、武漢にある 8つの火葬場にある「骨壺」の数から計算して、「武漢だけで 5万9000人が亡くなったと計算できる」と発表していました。


soundofhope.org

私はこのメディア「財経」の数字でも少ないと思います。

たとえば、以下の過去記事のように、1月と 2月だけで中国の携帯(スマートフォン含む)が 1400万件も解約されていたということなど不明な部分が多いのです。

今年1月と2月に「中国の携帯電話の解約数が1400万件以上に達した」理由は誰にもわからないながらも、新型コロナウイルスは、そのような経験したことのない混乱をもたらすものである可能性を示す

この「中国の携帯解約数」に関しては、新たに データを加えた統計が出ていまして、それによれば、

「 2020年1月-3月の中国の携帯の解約総数は 2000万件を超えている」

ことがわかります。

さらに、中国当局は、「中国での感染のピークは完全に超えた」と述べていまして、まあ、このことを信じる人もまたいないでしょうけれど、これに関して、4月10日に、アメリカの科学者が、「現在の中国の感染者は、湖北省を除いても 300万人に達していると見られる」と発表したことがラジオ・フリー・アジアで報じられていました。


Radia Free Asia

そして、仮にこのような数字が正しい場合、そして、その感染拡大が止められなくなった場合、中国当局は、「またも強制隔離政策」をとると思われます。

実際、4月10日の中国の SNS には「四川省に 5万人を隔離できる隔離施設を建設中」という 4月4日の中国共産党の内部文書が投稿されています。


goodrick8964

以下の記事などを含めまして、何度も書いていますように、この新型コロナウイルスは、今まで人類が経験したウイルスとは比較にならない強力な感染力を持つウイルスです。

国際的な研究により、新型コロナウイルスは「332種類のヒトタンパク質」を利用してヒト細胞と結合できる驚異的な感染能力を持つことが見出される。治療薬開発は厳しい局面に

どの国でも、隔離と封鎖を 1ヵ月近く続けていて、ほとんど感染拡大が止められていないことを見ても、このウイルスの「感染拡大能力の強さ」が、おわかりになるのではないでしょうか。それに加えて、今回書かせていただいたように「隔離そのものが死亡率を上げる」という事実があるわけです。

死亡率を上昇させたくてこの政策をやっているのでなければ、他の方法を模索するべきです。

 

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。
Photo





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2020年からの世界, 人類の未来, 健康の真実, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.