[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 人類の未来 人類の覚醒と真実 健康の真実

アメリカCDCが提出したデータが示す「強烈なコロナワクチン接種後作用」:すでに「数千人」が日常の生活ができないほどの身体的悪影響を経験している

投稿日:


Epoch Times




 

「日常の生活ができないほどの健康事象」が3000人以上に

アメリカのコロナワクチンの接種は、12月14日の月曜日から始まりました。

そして、金曜日(12月15日)の接種が終了した直後に、アメリカ CDC(疾病予防管理センター)の疫学者であるトーマス・クラーク博士 (Dr. Thomas Clark)から当局に勧告を提供する独立委員会である「予防接種実施諮問委員会」に「文書」が提出されました。

その文書は以下にあります。基本的にはアナフィラキシー副反応の報告についての資料です。

Anaphylaxis Following m-RNA COVID-19 Vaccine Receipt

まずは以下をご覧下さい。この  CDC 文書の 6ページ目に、日本語を加えたものです。

CDCから提出された書類より

V-safe Active Surveillance for COVID-19 Vaccines

このうちの真ん中の「Health Impact Events **」がワクチン接種後に「健康影響事象が出た事例」の数です。「文章の後に ** 」とありますが、この注釈について、ページ下を見ますと、

「**通常の日常生活を送ることができない、働くことができない、医師または医療専門家によるケアが必要」

とあり、つまりかなり強い状態の悪影響が出た事例の数となります。

数字を書き出しますと、以下のようになります。

これは、おそらく数の増え方から累計なのだと思いますけれど、いずれにしましても、12月18日までには、3000人以上が悪影響を受けたようです。

ワクチン接種後に「通常の日常生活を送ることができないほど」身体への影響が出た数

・12月14日 接種者 679人 / 健康への影響事例 3人

・12月15日 接種者 6,090人 / 健康への影響事例 50人

・12月16日 接種者 27,823人 / 健康への影響事例 373人

・12月17日 接種者 67,963人 / 健康への影響事例 1,476人

・12月18日 接種者 112,807人 / 健康への影響事例 3,150人

12月14日からの 5日間だけで、このようなことになっていたようです。副作用や副反応というものではないかもしれないですが、どんなワクチンにしても、こんなに接種後に重大な身体的な悪影響が出るようなものはあまり聞いたことがない気はします。

先ほどの CDC の書類では、アナフィラキシーこそ 6例で、少ないものの(といっていいかどうか難しいですが)、「通常の日常生活を送ることができない」ほどの影響を受けた人たちが、たとえその症状が 1日か 2日程度であったとしても、数千人単位でいたことになります。

このことは、アメリカのエポックタイムズによって報じられていました。その記事はあとでご紹介させていただきますが、こういう健康への有害事例が数多く出ている報告があるにも関わらず、12月20日までには、以下のように、接種は続いていることを今日知りました。

米国で55万人余りがコロナワクチン接種、最初の1週間で CDC

米疾病対策センター(CDC)は20日、米国で新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団予防接種が始まった最初の週に、55万6208人が接種を受けたことを明らかにした。

米ファイザーとドイツのビオンテックのワクチンは、最前線で働く全米の医療従事者を中心に提供されている。CDCのウェブサイトによれば、これまでに284万回分が配布された。 Bloomberg 2020/12/21)

この「 55万人に接種された」という数を、先ほどの「有害な事象が発生した」率から見ますと、その後もさらに健康への有害事象がかなり発生していると考えるほうが妥当なのかもしれません。

接種に関していったん様子見をするような気配はないようでして、完全に続行のようです。

たとえばインフルエンザなどの一般的なワクチンを接種して、その後に 20万人のうちの 3000人というような率が「日常生活を送れないほどの作用を受ける」ということはあり得ないわけで、言い方を変えれば、この新しいワクチンは、

「それだけ強力で未知の成分のワクチン」

なのだという気もします。

人によるのでしょうけれど、体質やアレルギー経験などによっては、強い反応を見せてしまう人たちがそれなりにいるということになりそうです。

過去の報道では、ファイザーなどは、

> 年内に最大で5000万回分、来年には13億回分の生産を計画している

何だかもうサバイバルな時代になってしまって…。

mRNAワクチンというのは、その遺伝子工学的なメカニズムから、接種直後より「数カ月後、数年後」の影響のほうが気になると個人的には思っているのですが、直後から人によっては大きな反応があるようです。

いろいろ思うところはありますが、今回の CDC 文書のことを知りました米エポックタイムズの記事をご紹介して締めさせていただきます。

 


COVID-19ワクチン接種後に数千人が悪影響を受けている

Thousands Negatively Affected After Getting COVID-19 Vaccine
Epoch Times 2020/12/20

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の新しいデータによると、新しいCOVID-19ワクチンを接種した後、何千人もの人々が仕事や日常の活動を行うことができず、医療専門家によるケアが必要な状態となっていることがわかった。

12月18日だけで、3,150人が接種を受けた後、当局が「健康影響事象」と呼ぶ事態を報告した。

これらの「事象」は、「通常の日常生活を送ることができない、働くことができない」、または「医師または医療専門家からの必要なケア」な状態を指す。

状況はスマートフォン・アプリケーションの V-safe を通じて報告された。このツールは、テキストメッセージとウェブ調査を使用してパーソナライズされたヘルスチェックインを提供し、ユーザが副作用を経験しているかどうかを CDC にすばやく伝えることができるものだ。

CDC とワクチンを製造しているファイザーは、私たちからのコメントの要求に応答しなかった。

この情報は、CDC 疫学者のトーマス・クラーク博士によって12月19日に、予防接種実施諮問委員会に提出された。

CDCによると、12月19日時点で 272,001回分のワクチンが投与された。CDCは、ワクチン接種後に発生したアナフィラキシーまたは重度のアレルギー反応は 6例報告されたと報告した。他の症例報告は、アナフィラキシーではないと判断された。

12月18日、当局は、COVID-19ワクチンに含まれている成分に対して重度のアレルギー反応を起こしたことがある人は、ワクチンを接種すべきではないと強調した。他のワクチンに対して重度のアレルギー反応を示す人は、このワクチンの接種について医師に相談する必要があるが、ワクチンとは関係のないアナフィラキシー病歴がある人たちは、「予防接種を受けられる可能性がある」という。

アラスカ州では、少なくとも 5人の医療従事者がファイザーワクチンを接種した後に副作用を経験した。そのうち 1人は 2日間入院した。

イリノイ州の病院は、4人の医療従事者が副作用を起こした後、接種を中止した。

アメリカ食品医薬品局・生物製剤評価研究センターの所長は、12月17日、アレルギー反応の調査について英国 CDC などとも協力していると語った。

所長は、ファイザーとモデルナの両方のワクチンに使われているポリエチレングリコールが、アレルギー反応に関連している可能性があると推測していると述べているが、

「しかし、現時点では(アナフィラキシーの原因は)わからない」

と言う。

所長は、どちらのワクチンにも「全身性の副作用」があるが、「一般的に副作用は軽度」であると述べた。それは一日ほどで消えるという。 FDA のウェブサイトによると、このワクチンで最も一般的に報告されている副作用には、倦怠感、頭痛、筋肉痛、悪寒などがある。当局はそれらも数日後に消えると述べている。

CDCによると、COVID-19ワクチンを接種した人に対しては、ワクチン接種後少なくとも 15分間は、健康状態を監視する必要がある。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2020年からの世界, 人類の未来, 人類の覚醒と真実, 健康の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.