「 mrna 」 一覧

臨床で使われたものと現在実際に使われているコロナワクチンは「異なるもの」だと知る中で始まってしまった「ワクチンmRNAのゲノム改変を探究する旅」

  臨床試験で使われたワクチンと現在使用されているワクチンは異なる かつての粋な文人なんかは、早朝ほの暗い書斎で歴史ある漢詩などに目を通す、なんてこともあったかもしれないですが、私も早朝に目 ...



私たちの中の永遠の人工RNA

2021/06/26    , ,

  最近…というか、まあ今日なんですけれど、米モデルナ社が公開した、あるワクチンの「特許開示」の存在を知りました。 あるワクチンというのは「 RS ウイルス (呼吸器合胞体ウイルス)」という ...

接種者からの「脱落」や「排出」による伝播は起きるのか起きないのか

  環境に放たれるものたち 少し前の以下の記事を書きましてから、「排出」とか「脱落」あるいは、「拡散」ということに興味を持ち、調べたりしています。 「自己拡散型ワクチン」技術の存在を知り、そ ...



脾臓は「全身のサイトカインを支配している免疫応答に最重要な臓器」であることがサイエンスに発表された論文で判明。そしてmRNAワクチンはこの臓器を集中的に攻撃している

2021/05/20    , ,

euyansang.com.sg   脾臓が気になり続けて 少し前に以下の記事で、「脾臓」について書きました。 脾臓とワクチン : mRNAワクチンが最も攻撃する脾臓の精神科学的な意味は? ...

「噴霧する受動吸入型 mRNAワクチンでの大量接種」を科学者たちが提案(生物兵器かよ)。そして英国の研究から「大気中は生きている遺伝子で満たされている」ことも知る

  受動吸入型の遺伝子ワクチンという概念 ここのところコロナというか、そのワクチンの話ばかりとなってしまっていて、たまには、自分でも他の話題にふれたいのですが、その日、朝など報道を見ています ...



アストラゼネカ社のワクチンが血栓を引き起こすメカニズムをドイツの科学者たちが解明。そして、ファイザー社のワクチンも昨年12月に米国の医師協会が血栓のリスクについての警告を発表していたことが判明

ft.com   コロナワクチンによる血液障害発生のメカニズム 世界のワクチン接種回数が、 9億5000万回に達したことが示されていますが、その中で、英アストラゼネカ社のコロナワクチン等で「 ...

二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報。さらに、やや衝撃的な「ワクチンを接種した人の方が感染率がはるかに高い」ことを示したイスラエルの南アフリカ変異種に対しての研究

A Dystopian Future 論文の実物を読むことができました 前回の以下の記事で、「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している」という論文が「あるのかもしれない」という曖昧な ...



やや衝撃的な研究: mRNAコロナワクチンは「プリオン病などの神経変性疾患と関連し、脳を進行的に退化させる」可能性について述べられた論文の行方

Pixabay   ターゲットは常に「脳」 新型コロナウイルス、あるいは「そのスパイクタンパク質自体」を体内に生じさせるコロナワクチンというものが、どこまで見ていっても、その副産物(なのか「 ...

新潟大学名誉教授が訴える「新型コロナワクチンの危険性」の内容。これらのワクチンの身体への不安な影響は、場合により「永続的」に続く

off-guardian 改めて理解するファイザーやアストラゼネカのワクチンのメカニズム 新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいますが、メルマガの読者様から、新潟大学名誉教授の岡田正彦さんという専 ...



[重大] コロナワクチンは人類史上最大の環境災害へ : ドイツの分子医学専門家が「排泄と共に環境に拡大するワクチンの地球と人類社会への多大な影響」を語る

vdata.nikkei.com   カタストロフの予兆 海外のサイトのコメントにあるリンクで、ドイツの「コロナ議会外調査委員会」の聴聞会の記録というものに行き当たりました。 コロナ議会外調 ...

コロナ第三波あるいは四波が「ADE(再感染時の感染増強)による修羅場になる」という予測が台頭する中、アメリカ外科医協会の前会長が「このワクチンは生物兵器だ」と非難

japantimes.co.jp   著名外科医が語るADEと生物兵器 今年1月の中旬、時期的にはすでに各国でコロナワクチン接種が進んでいた頃ですが、リー・メリット博士(Dr. Lee Me ...



ウイルスは病原体だという認識は間違っている。それよりもウイルスこそ私たちの遺伝子を構成している存在と考えると、内在性ウイルスに介入している可能性がある現状が導く人類の未来は

sci-news.com   ウイルスで人に病気を引き起こすものは全体の 0.00002%以下 新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来のこの約一年間ほどはいろいろと学習しました。 こ ...

米CDCのデータでは、アメリカのワクチン後の死亡事例は329件。有害事象報告は約1万件(ただし報告は全体の1%未満)。それとは別に「ワクチンのmRNAの作用が半永久的に体内に残る可能性」について知る

The Defender   CDCの有害事象報告システムが機能しない理由 先日、以下の記事で、米CDC (アメリカ疾病予防管理センター)と FDA (アメリカ食品医薬品局)が共同で運営する ...



地球は巨大な実験場に : 米スタンフォード大学から発表された「コロナウイルスのRNAは逆転写されヒトゲノムに組み込まれる」ことから思う「mRNAワクチンが遺伝子を改変する可能性」に思うこと

outsourcing-pharma.com   次々と mRNA ベースのワクチンが開発されていく中で コロナの mRNA ワクチンの開発も手がけたバイオテクノロジー企業のモデルナが、最近 ...

アメリカCDCが提出したデータが示す「強烈なコロナワクチン接種後作用」:すでに「数千人」が日常の生活ができないほどの身体的悪影響を経験している

Epoch Times   「日常の生活ができないほどの健康事象」が3000人以上に アメリカのコロナワクチンの接種は、12月14日の月曜日から始まりました。 そして、金曜日(12月15日) ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.