ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

5月24日にメルマガ弱い個体と強い個体を発行させていただきました。

2023年からの世界 人類の覚醒と真実 健康の真実 悪魔の輪郭 日本の未来

ついに接種停止へ : 日本政府が、5歳から64歳の一般の人へのコロナワクチン接種を 5月7日で停止。今後の対象者は高齢者と基礎疾患を持つ人のみ

投稿日:




 

コロナワクチンの接種が事実上の停止へ

厚生労働省がですね、

 

「 5歳から 64歳までのコロナワクチン接種を停止する」

 

ことを非常にさりげなく告知していました。

日本の報道などでは報じられていないようですので、短く取り上げておきます。

 

最初に簡単に書きますと、

 

・現行の2価ワクチンのブースター接種は、5月7日で終了する

・5月8日からのブースター接種は、「接種対象者が変更される」

 

というものです。

最初は、厚生労働省のページに、以下のようなものがあることを見たことによるものでした。

 

「「令和4年秋開始接種」は、1人1回に限られる追加接種です。令和5年(2023年)5月7日で終了します。」

 

とありました。

厚生労働省のページより

厚生労働省

 

「どういう意味だろう?」

と最初はよくわからなかったのですが、別のページに、以下が更新されていたのでした。

 

〔追加接種〕令和5年春開始接種についてのお知らせ (厚生労働省)

 

「何で日付けで区分けしている?」と思いまして読みましたら、以下の記述があったのでした。


〔追加接種〕令和5年春開始接種についてのお知らせ

厚生労働省

令和5年春開始接種について

 

接種が受けられる時期

「令和5年春開始接種」は、令和5年5月8日から開始します。実施期間の終了日については、決まり次第お知らせします。

なお、接種状況が自治体ごとに異なることから、予約・接種開始時期につきましては、お住まいの市町村からのお知らせ等をご確認ください。

接種の対象

令和5年春開始接種は、1人1回限り受けることができます。
対象は、以下を全て満たす方です。

・日本国内で初回接種(1回目・2回目)が完了している方又はそれに相当する接種が完了していること。

●追加接種(令和4年秋開始接種を含む3回目以降の接種)を受けたかどうかは問いません。

・以下の(1)~(3)のいずれかに該当する方であること。

 

(1)高齢者(65歳以上)の方

(2)5歳~64歳で基礎疾患を有する方等

 

●基礎疾患を有しない小児(5~11歳)は「令和4年秋開始接種」を受けることができる期間が延長されていますので、オミクロン株対応2価ワクチンを未接種の方は、引き続き1回の接種が可能です。対象者等、詳しくは「5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ」をご覧ください。

●基礎疾患のない方は、令和5年9月~12月にかけて「令和5年秋開始接種」で追加接種を受けていただくことができる予定です。接種するワクチンや具体的な接種時期、方法等の詳細については、決まり次第改めてお知らせします。

 

(3)医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の方


 

ここまでです。

まだ続きますが、ここだけで十分だと思います。

つまり、5月8日からのコロナワクチン接種の対象者は、

 

・65歳以上の高齢者

・5歳から64歳までは「基礎疾患を持っている方のみ」

・医療従事者と高齢者施設の従事者

 

だけになるということです。

つまり、「基礎疾患を持たない 5歳から64歳は接種の資格がない」のです。

 

要するに、大半の日本国民からコロナワクチン接種の資格が消えたということになります。

これは、事実上の(一時的ではあっても)、

 

「日本のコロナワクチン接種の停止」

 

を意味すると思われます。

11歳までの子どもに関しては、以下のように記されていますが、今まで子どもに打たせなかった親が、今から打つことはないと思いますので、こちらも事実上、停止を意味していると思われます。

> 基礎疾患を有しない小児(5~11歳)は「令和4年秋開始接種」を受けることができる期間が延長されていますので、オミクロン株対応2価ワクチンを未接種の方は、引き続き1回の接種が可能です。

 

以下のような記述もあり、再開される可能性がないわけではないようですが、少なくとも、今年の秋までは、「コロナワクチン接種が停止」されたと考えていいと思います。

> 基礎疾患のない方は、令和5年9月~12月にかけて「令和5年秋開始接種」で追加接種を受けていただくことができる予定です。

 

ちなみに、現在の接種は厚生労働省の定義では、「令和4年秋開始接種」というものですが、その際の接種の資格には、

・5歳以上の方

書かれてありました

 

本来なら、厚生労働省は、

 

「基礎疾患のない 5歳から64歳のコロナワクチン接種は停止されました」

 

と書くべきだったと思いますが、ややわかりにくい表現で、このことを伝えてきました。

いずれにしても、一時的であるにしても、日本のコロナワクチン接種キャンペーンは終わりました

 

このことをお伝えするのに他のことを長々と書くのはむしろ不適当だと思いますので、ここまでとさせていただきます。

なお、基礎疾患のある人の接種は続きますが、最も負の影響を受けやすい人たちのグループは何か、ということをお考えいただききたいとは思います。

脳と血管と心臓に大きなダメージを与えるものの影響を最も受けやすい人たちはどのような人たちかということです。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2023年からの世界, 人類の覚醒と真実, 健康の真実, 悪魔の輪郭, 日本の未来
-

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.