In Deep

地球最期のニュースと資料

*

世界を駆け巡る「エドワード・スノーデン死亡説」 : 本人に危機が発生した際に起動する[デッドマン装置]によるものかもしれない暗号ツイートの直後から湧き上がる論争

   

2016年8月5日に投稿された謎の64文字のツイート(8月8日時点で最後の投稿)

tweet-of-snoden-2016-0805Twitter投稿はすでに削除されています

2016年8月7日のメディア記事より

edward-snoden-deadMorning Ledger

デッドマン装置 – Wikipedia

デッドマン装置とは、車両の安全装置の一つで、人間の操作者が死亡・意識不明などの事態に陥ったときや、不用意に運転位置を離れた際に自動的に動作して事故を防止する装置である。

 

”時は来た”

アメリカ国家安全保障局(NSA)の内部告発者として、今に至るまで知名度を誇る人物、エドワード・スノーデンさんですが、現在、インターネット上で彼の「死亡・行方不明(拉致など)説」が大きく広がっています。

ことの始まりは、200万人のフォロワーを持つスノーデンさんのツイッターの一連の不可解な投稿にありました。

2016年 8月3日に、スノーデンさんは、ツイッターに、

「” It’s time.” (時は来た)」

という投稿をした後(現在は削除されています)、8月5日に、冒頭の「 64文字の暗号」による投稿(数分後に削除)がなされた後からツイッターの投稿が止まります。

そして、一部で、この「暗号」がスノーデンさんの「デッドマン装置」ではないかという示唆が提示されていることもあり、「死亡説」が出ているようです。スノーデンさんの場合のデッドマン装置とは、自分に何かあったか、あるいは、正常な手順ではなく誰かがログインした場合に「起動」するものかもしれないとされています。

出来事の流れはわりと難解なことなのですが、報道をご紹介などして、わかる範囲でご紹介させていただきます。

Sponsored Link


 

「デッドマン装置」の起動の条件

まずは、報道をご紹介します。
冒頭に載せたモーニング・レッガーの記事です。


Edward Snowden Dead: NSA Whistleblower Killed In Russia?
MORNING LEDGER 2016/08/07

エドワード・スノーデン死亡:内部告発者はロシアで殺された?

エドワード・スノーデン氏は死亡したのだろうか。このことに対する回答は、アメリカ国家安全保障局(NSA) の内部告発者として名高いスノーデン氏による不可解なツイート後から、多くの人たちが求めているものだ。

8月5日、スノーデン氏は、彼の 200万人に上るフォロワーに対して、読んだ人々を狂乱に導かせるような次の文字列のメッセージを送信した。

es-02

 

現状で、この 64文字のコードが何を意味するのかはわかっていないが、これがスノーデン氏の「デッドマン装置」である可能性を示唆する多くが存在する。

デッドマン装置は事前にプログラムされたメッセージであり、正しい手順でのログインがなされなかった場合、自動的にこのメッセージが送信される。

これらのスイッチは、オーナーが殺されるか、捕らえられるかして、安全ではない状態に陥った場合に起動する。

公表によれば、 33歳のスノーデン氏は、未発表のファイルをジャーナリストに配布していることを明らかにしていた。そして、関係者によれば、このメッセージは暗号化されたファイルへの暗号化キーとなるという。

そして、8月5日に、先ほどの 64文字の意味のわからないコードが送信された。

この投稿は、数分後に消えた。

報道メディア「マシャブル」によれば、事故的な投稿だった可能性があるにしても、多くのフォロワーたちのもとに一斉に送信されたわけで、多くの人々が、スノーデン氏に何が起きたのかを把握しようと努めている。

現在、インターネット上には、陰謀説からジョーク説まで、さまざまな説が飛びかっているが、真実はわかっていない。

スノーデン氏は、アメリカ国家安全保障局から機密ファイルをリークし、アメリカ国家が同盟国やライバル国を諜報していることを明らかにし、また、アメリカ国内で、高度な監視技術を利用して一般人たちが監視されていることを明らかにした。

エドワード・スノーデン氏が死亡したかもしれないというこのニュースについて、あなたはどのようにお考えだろうか。

そして、あの 64文字のコードは何を意味していると思われるだろうか。


 

ここまでです。

この同じ日、ロシアのスプートニク英語版(かつての「ロシアの声」)は、下のように「エドワード・スノーデンは死んでいない」というタイトルの記事をリリースしています。

2016年8月7日のスプートニクより

es-sputnik-0807Edward Snowden Not Dead: ‘He’s Fine’ Says Glenn Greenwald After Mysterious Tweet

ただ、このスプートニクの「スノーデン氏は死んでいない」という根拠が、アメリカのジャーナリストのグレン・グリーンウォルドという人が、「彼は元気だ」とツイートしたというだけのものではあります。

8月7日のグレン・グリーンウォルド氏のツイート
gg-es-tweetGlenn Greenwald

グレン・グリーンウォルドという人は、エドワード・スノーデンさんが NSA の内部告発先として最初に接触した人物で、スノーデンさんの「暗号の解読」ができる人物であることは確かであるとは思います。

しかし、「彼は元気です」以外の説明はなく、具体的なことも、どうして、あのようなメッセージを送信したかについても、それ以上はわからないままです。

8月8日午後 3時現在、ツイッターも更新されていません。

 

さて、これ以上、このことについて何か状況を伺えることがあるかというと「ない」のです。

あとはどこまでいっても推測でしかありません。

ただ、先ほどのスノーデンさんの 64文字の暗号メッセージが流された直後に、「トレント」という、インターネット上のファイル交換に関するメジャーなウェブサイトのいくつかが、予告なしに閉鎖されていたことが上のスプートニクに記されていたりしまして、確かに「何かが起きている」ようなのですが、それが何なのかはわかりません。

もし仮に、スノーデンさんに何かあったとしたら、世界も気分的な意味で混沌としてくるのかもしれません。

過去記事で、スノーデンさんにふれたのは、

エドワード・スノーデン氏かく語りき : 「地球の地下マントルには現生人類よりさらに知的な生命が存在している」 (2013/07/10)

スノーデン氏かくも語りき:「エイリアンは人類とコンタクトを取りたがっているが、地球の通信は暗号化されていて、人類がエイリアンと接触する手段は閉ざされている」(2015/09/21)

ミスター・スノーデンが示唆する米英政府機関の「 UFO での大衆マインドコントロール作戦」 (2014/03/19)

などで、私のブログで取り扱う内容は、キワモノ関係が多かったですが、しかし、どれもとても興味深いものでもありました。

リンクの最後の「 UFO での大衆マインドコントロール作戦」なんてのは、今のアメリカ大統領選などにも、話題としていつ出てきてもおかしくないものでもあり、この世の中は実に興味深いと改めて思わせてくれるものでした。

そんな刺激的な世界観の見識を与えてくれたスノーデンさんには感謝したいと思います。まあ、元気なんでしょうけれど。



 - 2016年からの世界, アメリカの憂鬱, 人類の未来 , , , , , ,