地球最期のニュースと資料

In Deep

Photo

2017年からの世界 2018年からの世界 人類の覚醒と真実

もはや「違う世界」にいることに気づいた2017年に

投稿日:

12月31日 全面凍結したナイアガラの滝の幻想的な風景

thesun.co.uk

Sponsored Link


 

今年もこのブログをお読みいただき、ありがとうございました。

さて、今年 2017年、私個人として、時が進めば進むほどとても強く感じ続けていたことがあります。それは、「もはや、自分が違う世界に迷いこんでいるようだ」という感覚でした。

もちろん物理的には同じ世界に住んでいるのですけれど、以前から感じていた環境への「違和感」というものをかなり超えてきていまして、違う世界の中に自分が埋め込まれているかのような感覚をたびたび感じます。

もっとも、そんなことを冷静に考える時間もないほど日々の時間の進行が早く、あっという間に過ぎていく中で、瞬間瞬間に「ふと」そう強く感じることがあり、そして、また時間が流れていく。

そんな繰り返しで1年が瞬く間に終わっていきました。

そして、このような「違和感を超えた違和感」的な感覚を持つ人たちが増えてくるという傾向は、2018年も…というより、今後も増加していくような気がします。

私たちのこれまでの常識的な概念では「物理的に同じ地平や次元に生きているのなら、それはまったく同じ地平や次元に生きている」ということになっていましたが、

「どうも、そうでもなさそう」

というような感じは確実に成長しています。

そういうことについての具体的な部分がこの世に露出してくるのは、まだまだ先になると思いますが、2018年も、そういう傾向が顕著になる事象は継続していくはずです。

 

確かに地球の未来は希望的ではないです。

しかし、それとは別に「個人には希望的でいられる理由がある」というように考えることは理不尽でないという部分があります。

あらゆる観点から、そう考えることは「実は可能だ」ということは確かなのです。

この世に生きている私たちは、確かに良くないサイクルの状態の中にいるかもしれないですが、その状態に社会が染められていたとしても、染められない個人による「そこからの脱却」は自然になされていくと信じています。

それでは、皆様方におかれましては、よい来年の世界を経験していくことができますように。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

2

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

3

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

4

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

5

2017年2月13日のサイエンス・デイリーより ・Low birth weight babies at higher risk for mental health problems later in ...

6

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

7

南極で直径480kmの「存在」が見つかっている場所 ・Satellite spots MASSIVE object hidden under the frozen wastes of Antarcti ...

-2017年からの世界, 2018年からの世界, 人類の覚醒と真実
-, ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.