[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2019年からの世界 人類の未来 拡大する自然災害

アメリカ建国以来で最も寒いハロウィーンだったかもしれない2019年10月。全土の7000以上の観測地点で「低温の新記録」が樹立され、ミニ氷河期状態はさらに進行中

投稿日:

信じがたい気温と降雪に見舞われていた2019年10月のアメリカ

electroverse.net




過去100年以上の寒波の記録が次々と更新される

先日、以下の記事で、10月下旬のアメリカの広い範囲で、非常に気温が低い状態と、季節外れの大雪が続き、「まるでミニ氷河期のよう」だというようなことを記しました。

ミニ氷河期の渦中のアメリカ : 観測史上最低の気温が次々と更新され、各地で100年来の早い降雪に。その影響で全米各地で農作物の収穫が完全に停止

その後、11月に発表された NOAA (アメリカ海洋大気庁)の記録によれば、2019年10月のアメリカは、驚異的な「低温記録」が各地で更新されていたようです。

以下のように、実に 7000以上の観測地点で「同日としての最低気温が更新」されていました。

アメリカで10月の低温記録を更新した観測地点(7112カ所)

NOAA

NOAA のデータを精査したこちらのウェブサイトによりますと、2019年10月のアメリカでの気温の記録は以下のようになっていました。

2019年10月のアメリカの気温の記録

・10月としての「低温」記録を更新した観測地点 7,112

・10月としての「高温」記録を更新した観測地点 1,605

・季節と関係なく、過去すべての低温の記録を更新した観測地点 61

このようになっていました。

高温の記録を更新した場所も 1600以上あるわけですが、しかし「低温の新しい記録」が作られた地点が 7000 以上あるというあたりを見ますと、

「この 10月においてのアメリカは、寒さが圧倒していた」

といえそうです。

ほとんどの記録は、10月下旬に観測されたものですが、しかし、まだ 10月だというのに、「その地点の過去のすべての観測記録を更新する低い気温」も 61カ所で観測されており、つまり通常なら、1月とか 2月くらいにしか示されないような「異様な低温」に見舞われた場所もあったようです。

10月の下旬というのは、ハロウィンのあるあたりの日でもあり、外に出るアメリカ人も多かったと思われますが、今年の 10月31日は「歴史的に寒いハロウィーン」となったようで、クリスマスあたりのイベントと大差ない気温の場所も多かったようです。

2019年10月31日のアメリカ各地の最低気温や降雪の状況

・コロラド州デンバー -13.9℃ (同日の低温記録を更新)

・カリフォルニア州サンディエゴ 6.7℃ (125年前の低温記録を更新)

・テキサス州ラボック -8.9℃(同日の低温記録を更新)

・ウィスコンシン州ミルウォーキー 積雪量 13.7cm(同日の積雪記録を更新)

・ウィスコンシン州マディソン 積雪量 9.9cm(102年前の積雪記録を更新)

・イリノイ州ロックフォード 積雪量 9.4cm(同日の積雪記録を更新)

他にもこういう場所がとても多かったようですが、10月下旬のアメリカにおいて、他に、低温の記録が立てられたものの中で際立つものについて、いくつかの報道やメディアからピックアップしたいと思います。

2019年10月30日-31日のアメリカ各地の気温の状況

・ネバダ州ユーレカで最低気温が -16.7℃に (131年前の低温記録を更新)

・ネバダ州マクダーミットで最低気温が -23.3℃に (同日の低温記録を更新)

・コロラド州ラマーで最低気温が -16.3℃に (同日の低温記録を更新)

・テキサス州ハスケルで最低気温が -7.8℃に (131年前の記録を更新)

・ワシントン州スポケーンで最低気温が 5.6℃に (100年前の記録を更新)

・ユタ州ピーターシンクスで最低気温が -41℃に(過去すべての低温記録を更新)

・ユタ州ソルトレークシティで最低気温が -10℃に (145年前の記録を更新)

wattsupwiththat.com

この 10月30日から 31日に、アメリカで最も気温が低かったのは、上にもありますユタ州ピーターシンクスという場所での「最低気温 -41℃」ですが、これは、高所で観測された気温ですので、記録は非公式だそうです。

それでも、温度計にはそう示されていたわけで、高所とはいえ、10月に氷点下 40℃以下になるというのはなかなかのことです。

ヨーロッパでも、北欧などが記録的な寒さと大雪に舞われています。

60年ぶりに11月の積雪量の記録を更新したフィンランド (11月5日)

electroverse.net

11月初旬にして上のような光景となっているフィンランドでは、地域によって、-28℃を下回る気温を記録し、観測史上もっとも低い気温が各地で記録されているようです。

ノルウェーでも、最低気温が -29℃に達している場所があり、また、トロムソでは 50cm以上の積雪が記録されています。11月初旬にトロムソで雪が降ったのは、過去 97年間で 1度だけだそうです。

あと、海外の気象サイトによれば、ロシアでも大変な雪の地域が出ているようで、11月が始まったばかりですが、「過去の 11月として最大の積雪」となっている地域が多くあるとのことです。

なお、アメリカにしてもヨーロッパにしても、実は、

「これからさらに気温が下がる」

と予測されていまして、ピークは今後数日くらいではないかと思われます。

その後のことはわかりません。

たとえば、先ほどのアメリカの記録のように、この 10月に「高温の記録」もいくつかの地点で観測されているわけで、単純に気温が高いとか低いとか言えるような予測は難しいです。

しかし現在、アメリカやヨーロッパを襲っているような「北極からの強烈な寒気」は、この数年、繰り返し、アメリカやヨーロッパなどに訪れるようになっていまして、今よりもっと冬が進んだ時に、この強い寒気がアメリカなどにやって来た場合には、「さらに壮絶な気温」が表示される可能性はあると思います。

何しろ地球の上空の大きな大気の流れや、そして海流などは、すでに大きく変化してしまっているのですから、気候に対する以前の予測はあまり役に立たないと思われます。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2019年からの世界, 人類の未来, 拡大する自然災害
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.