[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2016年からの世界 拡大する自然災害

もしかすると今、地球全体が「発生源不明の謎の振動」に見舞われている? アメリカ地質調査所が検出し続ける地震ではない地震波

投稿日:2016年12月10日 更新日:

ufosightingshotspot.blogspot.jp

 

最近ちょっと地震の話題が続いていまして、前回の「九州沖で「4時間で23回連続」した群発地震からカリフォルニアM6.5、南太平洋のM7.8まで地震の連鎖が止まらない (2016/12/09)」なども、妙に地震が頻発していることにふれたものでしたが、今日ちょっと「珍しい情報」を見ましたので、それを書いておきます。

しかし、これは、情報源の最初のデータとしては確かだとしても、その解釈が「ちがう」ものなのかもしれないですので、「アヤシイ情報」的にお取りになっていただいて構いません。

Sponsored Link



 

アメリカ地質調査所が検出する振動の発生源は何なのか

アメリカ地質調査所(USGS)には、世界中で検知された「地震波」を、ほぼリアルタイム(30分毎の更新)で表示するサイトがあります。下のページです。

USGS - Heliplots

そこは下のようなページで、この下に延々と世界各地から検知された地震波が表示されています。

Heliplots

 

今月 12月8日や、その前後は非常に地震が多かった時でしたが、その日に、このアメリカ地質調査所の地震波表示から「ヘンなところ」を発見した人がいて、それを YouTube にアップしたのです。

何が「ヘン」かというと、地震が起きている場所から地震波が検出されるのは当然のことですが、

「まったく地震など起きていない多数の場所から地震波が検出されている」

のです。

たとえば、下の地震波には、アメリカ・インディアナ州のワイアンドット・ケーブという地名が書かれてあり、そこて地震波が検出されたということになっていますが、その日に地震は起きていないのです(その日どころか、どこまで遡っても地震は起きていません)。

・USGS

 

そして、投稿者は、「世界中で同じように地震ではない地震波が検出されている」ことを見出します。

・NOAA

そのようなことにより、投稿者はこれらの現象から、

「発生源は不明だが、世界中で謎の振動が起きている」

と結論付けたのでした。

まあ・・・ちょっと何ともいえないのですが、ただ、見てみますと、これを書いている今現在(12月10日の午後)のアメリカ地質調査所のそのサイトには、やはり、「地震は起きていないのに地震波が記録されている」状態の場所が「たくさんある」ことが見出されます。

下のように、ロシアのヤクーツクとか、アメリカのニューヨーク州などからも地震計が検出されていますが、当然ながら、それらの地域で地震などは起きていません(何年も何十年も地震が起きていないと思われる場所です)が、アメリカ地質調査所の地震波形では検出されていることがわかります。

2016年12月10日午後5時30分(日本時間)のリアルタイム地震波形

 

・USGS

 

これはどういうことなのですかね。

それとも、地震波計というのは地震がなくても動くとか?・・・いや、それはないか。それじゃ地震波計の意味がない。

あと考えられるのは、機器の故障などでしょうか。

正直どうしてこういう表示になっているのか、よくわからないのですが、アメリカ地質調査所の地震形が、世界各地での振動を記録している「ように見える」ということは事実です。

この状態がいつものことなのか、あるいは、12月8日あたりから始まった現象なのかということも、いつもこのモニターをチェックしているわけではないので、それもわからないですが、あくまで参考案件として、今回の件を記させていただきました。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2016年からの世界, 拡大する自然災害
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.