「 イギリス 」 一覧

ニューノーマルは永遠化へ : 「マスクと社会的距離、そしてステイホームは、第二次大戦後の配給制時を思い返せば、今後10年は続く」と著名な英国の元最高裁裁判官は警告する

Rachel Connell   新型コロナ緊急令が1年半続くことが決定した英国にて パンデミックとそれに対しての「対策」は、日本を含めた多くの国で「終わることのない局面に入っている」ことを ...



英国が「外出禁止令よりさらにレベルの高いティア5のロックダウン措置」を導入する中、その根拠とされるPCR検査には「最大で90%の偽判定」が存在する

All salons and spas in England must now close as nation enters lockdown 本当は今回は、PCR 検査のことについて書かせていただく ...

グレートバリントン宣言が当局から完全に無視されても、米スタンフォードの医学博士は主張し続ける。「ロックダウンは害悪でしかない」と

米マサチューセッツ州グレートバリントン gbdeclaration.org   宣言は風のように抜けていってしまったけれど 欧米の医師や科学者たちが、ロックダウンを止めるようにと提言した「グ ...



コロナ検査の全国民強制施行計画であるイギリスの「ムーンショット作戦」。そして、人間と機械を融合させようとする日本のムーンショット計画。そこから浮かぶ「獣の数字」

・Independent   英国民6665万人すべての検査を1週間で イギリスのボリス・ジョンソン首相が、最近、 「 1日 1000万人のコロナ検査を行うオペレーション計画」 を発表し、英 ...

イギリス気象庁が「巨大な太陽嵐による大規模なブラックアウト」を警告。……しかし、なぜ今の時期に? (もはや太陽はほぼ活動していないのに)

11月20日の米国FOXニュースより ・foxnews.com   「イギリスの気象当局が、太陽からの磁気嵐による壊滅的な被害に対しての警告を発した」というニュースが欧州やアメリカで報道され ...



生まれて初めて見た「四重の虹」を中心に喧嘩するロシアとイギリスを眺めながらも、人生最大級の悪夢と共にやってきた体調チョイワルでお休み中です

4月28日 オランダのテルスヘリング島に出現した「四重の虹」 ・vk.com 昨晩というか今朝というか、もう「こんな悪夢を見るのは珍しい」というほどの悪夢で目が覚めまして、どんな悪夢かというと、もうな ...

世界の「行方不明」に関するいくつかの事実 : そして、年間80万人の子どもの行方不明例が発生するアメリカよりさらに多い事例が生じているイギリスの例も知り

  昨年は、主にアメリカでの「行方不明」に関して、いくつかのことを知り、それを記事に書いたことなどもありまして、そのことは、わりといつも頭の中にあるものとなっています。 昨年の関係した記事と ...



2016年6月23日の「パンドラの箱のオープン日」から世界中で起きていること : CERNの空に出現した光景、イギリスで毎日起き続ける事故、人の手足が流れ着くブラジルのオリンピック会場…

2016年6月24日 スイスの欧州原子核研究機構(CERN)大型ハドロン衝突加速器の上空 ・Express   「パンドラの箱が開いた」翌日に「天空の門が開いた」と報じられたスイスの上空 前 ...

国民投票から1週間でヘイトクライムが500%増加したイギリスの「パンドラの箱が開いた」的な状況から見る憎悪の拡大と連鎖の時代に必要はものは?

2016年7月1日のロシア・トゥディ記事より ・RT 今回は、この冒頭の記事をご紹介しようと思います。 この記事の内容に現れていることは、今の社会の中では、何かの事象に対して、「まず憎悪が表面にあらわ ...



イギリスに蔓延する偽造食品は3000億円規模「産業」に。そして、おそらく、今後も食品偽造の増大と巧妙化は全世界的に広がっていくのだろうと

イギリスの食品偽造組織が作っていることが判明している食品の一部 ・Daily Mail   今朝、デイリーメールで、「イギリスの食品偽造の規模の拡大」ということについての記事を読みまして、そ ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.