地球最期のニュースと資料

In Deep

「 コロナホール 」 一覧

「太陽と宇宙線の関係」が観測史上初めて「崩壊」したかもしれない。そして今、太陽に勃発し続けているきわめて異常な事態とは

2018年5月10日の米メディア「ザ・ウォッチャー」の記事より ・Solar modulation of galactic cosmic ray flux on the wane? Something ...



眠りにつく太陽 : 「黒点のない日数が黒点のある日数を10年ぶりに逆転した年」となった2018年3月

その同じ時には今年最大のコロナホールも出現   直近10日間ほどの太陽の状況 ・NASA, NOAA ・NICT 先ほど、太陽についてのインフォメーションに気がつきまして、何度もふれさせてい ...

「傷だらけの太陽」を横目に地球に接近している地球近傍天体最大級の小惑星は、かつてギリシャを焼き尽くした太陽神の息子ファエトンの名と共にやって来る

11月30日の太陽の表面 ・spaceweather.com 11月29日のロシア・トゥディの報道より ・RT 今回は、最近の不思議な太陽の見た目のことと、その「太陽」と、やや関係というか因縁のある、 ...



今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球

本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。 原因 ...

エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生。コロナホールも何だか凶悪化し、少し社会的に影響がありそうな気配

2017年4月1日に発生したMクラスの太陽フレア ・SIGNIFICANT SOLAR FLARE ほんの少し前に、 ・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月 ...



太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中

2017年3月29日の太陽黒点の状況 ・spaceweather.com その太陽のコロナホールの状況 ・spaceweather.com Sponsored Link   太陽の表情が急変 ...

太陽が真っ二つに割れるような姿をしている中、米国の首都ワシントンDCでは、たった3ヶ月の間に500人以上の十代の子どもたちが行方不明になっている

真っ二つに割れたかのような太陽 2017年3月27日 ・NASA SDO ・collective-evolution.com 今日ご紹介する記事は、上のワシントン D.C. で起きていることについての ...



最近のささやかなニュース:猫の大量消滅、川にかかる謎の郵便ポスト、虹を吹き出すクジラ、そして過去最大級に成長しつつある太陽のコロナホール

2016年7月8日の英国スカイニュースより ・Mysterious NZ cat disappearances 最近の記事は、どうも「ポケモン GO 」関係ばかりになっていたので(なんか違うだろ)・・ ...

沈黙に向かう太陽に突如出現した巨大コロナホールを見て、磁気嵐と地震の関係を少しだけ調べてみました。その結果は……

2016年7月5日に太陽に出現した長さ70万キロメートルのコロナホール ・Spaceweather   太陽はどんどん沈黙の時期に向かっていて、太陽黒点は 6月23日からずっと「0」のままで ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.