「 ロックダウン 」 一覧

未来世紀カナダ:「家の外にいるだけで逮捕される」という世界で最も厳しい外出禁止が発令されたオンタリオ州の現実は自由党員の漏洩メール通りの展開に



イギリスの衛生当局が公式に述べた「マスク義務と社会的距離、海外旅行の停止は《今後数年間は続きます》」に見る完全なファシズム化へのセオリーがここに

米大学の科学者たちがロックダウンの長期的な影響として「今後15年での過剰死がアメリカだけで100万人を超える」と試算。スタンフォード大学の研究者は「外出禁止に感染抑制効果はまったくない」と論文で発表



「ロックダウンによる被害は利益の10倍にもなる」とカナダの感染症専門家は主張し、封鎖という政策を再考するように訴える。そして英国では「精神疾患のパンデミック」が起き始めている

緊急事態宣言やワクチンでの抗体の実態が示唆する「終わらない輪廻」の構造



英国が「外出禁止令よりさらにレベルの高いティア5のロックダウン措置」を導入する中、その根拠とされるPCR検査には「最大で90%の偽判定」が存在する

グレートバリントン宣言が当局から完全に無視されても、米スタンフォードの医学博士は主張し続ける。「ロックダウンは害悪でしかない」と



「1000万人を対象」とした大規模な新型コロナウイルスの無症候性の感染研究で「症状のない陽性者による感染事例は《0%》」だったことが判明。症状のない人たちを隔離する無意味さがさらに明らかに

世界経済が「日本化」する中での地球規模での壊滅は起こり得るか



「突然出現した」と騒がれる英国の新型コロナウイルスN501Y変異株は、4月にはブラジルで、8月にはアメリカでもすでに流行している。つまり何の新しい話でもないことがロックダウンの根拠に

日本の感染拡大の本番はこれからであることが確定的である中、2020年の終わりはサバイバルモードの入口に



米ニューヨークタイムズに、パンデミックでの隔離政策は、子どもに対する歴史上最大の「免疫学的実験」だとする記事が掲載される

第二波とロックダウンの中でアメリカの子どもたちの精神が崩壊寸前。「パニック発作」と「夜驚症」の検索数が急上昇し、18歳未満のメンタルヘルス施設への受診も昨年比で最大66%増加



コロナカオスの最悪期は4月までにやって来る。それは、感染事例と共に激増するロックダウン地獄の中で

WHOトップのテドロス事務局長が 「ワクチンはパンデミックを止めるのに十分ではない」と声明。じゃ、どうすりゃ? と思いながら、これが暗黒時代の宣言であることも感じて



「光の子と闇の子の闘い」はすでに渦中に : バチカンの大司教がトランプ大統領にあてた「悪魔の計画グレートリセットを阻止できるのはあなただけです」という内容の公開書簡全文

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.