地球最期のニュースと資料

In Deep

「 太陽 」 一覧

宇宙と天体の事象が最初から花盛りの2019年 : 人類が接近した最も遠い天体… 人類が初めて到達した「月の裏側」…。そして今日は太陽が最も地球に近い日

2018年1月2日にNASAの探査機が送信した天体ウルティマ・トゥーレの姿 ・NASA   NASAは 1月2日、これまでの宇宙観測史において、地球から最も離れた天体に接近し、その姿を「撮影 ...



アメリカで「太陽の光を遮断して気温を下げる」というジオエンジニアリング実験が本当に開始されようとしている。地球への影響は未知数

2018年12月5日のアメリカの科学メディアの報道より ・popularmechanics.com   昨日(12月14日)、最新のメルマガを発行させていただきました。タイトルは「太陽が人間 ...

「半分、黒い。」 : 磁気を噴出するコロナホールが太陽の大部分を占める異常な状態が「定着」し、人類が太陽からどんな影響を受けるのかがもはや分からない

太陽観測衛星から撮影された12月6日の太陽。ほとんど半分黒いのです ・NASA / SDO   太陽が「本格的におかしい」と多くの人が感じ始めていたことを記事にしたのは、今年 5月の以下の記 ...



イギリス気象庁が「巨大な太陽嵐による大規模なブラックアウト」を警告。……しかし、なぜ今の時期に? (もはや太陽はほぼ活動していないのに)

11月20日の米国FOXニュースより ・foxnews.com   「イギリスの気象当局が、太陽からの磁気嵐による壊滅的な被害に対しての警告を発した」というニュースが欧州やアメリカで報道され ...

太陽に出現した2018年最大級となる巨大なコロナホールを見ながら、「太陽の異常の定着」が進行していることをつくづく感じる今

10月6日の太陽表面に出現したコロナホール ・NASA / SDO   自然に破壊され続ける「象徴」 個人的な話で恐縮ですが、私、一昨日くらいから私的な事情で移動をしていました。 明日あたり ...



太陽観測施設「アメリカ国立太陽観測所」が、理由不明のまま突然の謎の閉鎖に。同時に周辺地域にFBIから「退避命令」も発令。それに対して広がる様々な憶測

アメリカ国立太陽観測所の「謎の閉鎖」について報じる9月11日の報道 ・ABC7 KVIA Sponsored Link   何が起きているのか想像さえできないFBI絡みのミステリアス事象 さ ...

太陽と地震 : 強力な磁気嵐が「地球の地質に強い電気を流す」ことを初めて知った時に思ったことは…

2018/08/29    , , , , ,

8月25-26日の強い磁気嵐の中で観測された「地中の電流の量」の変化 ・ELECTRICITY FLOWS THROUGH THE SOIL OF NORWAY   あまりにも地震が連続して ...



太陽はどうなっちゃったのか? 太陽活動の極小期に入った今、それに相反するように2018年最大の数と規模の黒点が出現し続けている…

まったく極小期に向かうように見えない現在の太陽 6月20日の英国エクスプレスの報道より ・Huge sunspot opens on Sun as scientists brace for solar ...

その後唐突に黒点数が急増する太陽。その太陽と宇宙線の関係は奇妙なままで…。そんな中で、あちこちで起きる不思議ないくつかのこと

5月21日 ノルウェー・オスロ空港の航空機内から撮影された「X」 ・spaceweather.com 5月23日 ベルギー・スコーテン上空に出現した「渦」 ・Weerstation Zoersel & ...



またしても太陽に向かう「太陽より巨大な正体不明の光」がNASAの衛星に撮影されているのですが、さてこれもまた何かわからない

2018年5月21日 午前08時00分のNASAの太陽観測機SOHOの映像より ・helioviewer.org Sponsored Link   最近、太陽系とか、太陽の周辺などの以下のよ ...

あまりにも大きな「太陽系の変化」に唖然とし……。もうすぐ「月には大気が形成され」、「太陽の縁からは1000%増加したプラズマ光がやってくる」中で、私たちはどうなるのか?

2018/05/21    , , , , ,

それは惑星Xあるいはニビルと呼ばれる曖昧な存在と関係するものなのか? 5月21日のロシアの報道メディアより ・earth-chronicles.ru 現在の天文学で考えられている「惑星X」の影響の可能 ...



「何か」が地球に向かっている? : まもなく、私たちの地球に「発生源不明の超膨大なエネルギー体」が近づくかもしれない。それは数日前に太陽を通過

5月16日のロシアのメディアより ・u-f.ru ロシアのメディアに掲載されていたNASAの太陽観測衛星SOHOの画像 ・NASA 、earth-chronicles.ru 今日ですね、ロシアのニュー ...

「太陽と宇宙線の関係」が観測史上初めて「崩壊」したかもしれない。そして今、太陽に勃発し続けているきわめて異常な事態とは

2018年5月10日の米メディア「ザ・ウォッチャー」の記事より ・Solar modulation of galactic cosmic ray flux on the wane? Something ...



太陽系がとてもカオス : 木星の衛星イオは無数の火山の爆発で灼熱地獄の状態、冥王星は実はとてもカラフルなことがわかり、そして先日の太陽からの惑星間衝撃波の原因は「いまだ不明」

NASAの無人探査機ジュノーが撮影した木星の衛星イオの様子 ・NASA, EarthSky Sponsored Link   木星もその衛星も荒れくるっている今 地球は今いろいろ「変な感じ」 ...

地球が「惑星間空間衝撃波」の直撃を受ける中、太陽には今年最大級の数の黒点が突如として出現

2018年4月21日のスペースウェザーの特集記事より ・Interplanetary Shock Wave Sparks Electric Blue Auroras Sponsored Link &n ...



キング牧師の「私には夢がある」から55年後のワシントン行進の未来は? あるいは「直近の未来全般」は? それを太陽活動から見てみると意外にも…

過去数十年の社会の変革と経済の状況を現在2018年と比較してみる ・NASA Sponsored Link   小学校の卒業式の祝辞に登場したキング牧師から思ったこと 数日前、子どもの小学校 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.