「 太陽 」 一覧

「地球は数十年続くミニ氷河期に突入した」可能性が高いとNASAの科学者たちが発表。現在の状況下では飢餓がとても心配な情勢に

5月12日の米フォーブスより ・forbes.com   2030年を待たずに地球はミニ氷河期に突入したかもしれない 「地球はミニ氷河期に近づいている」ということを初めて知り、それを記事にし ...



「外出禁止が新型コロナウイルスの感染と重症化のリスクを増大させている」: 太陽光により体内に生成されるビタミンDが感染症予防に劇的に有効であることが発表される

・アイルランド TILDA が発表したレポートより。TILDA   外出禁止がもたらす健康上の危機 厳格な外出禁止措置や、移動の制限などをおこなっているフランスやイタリア、あるいはアメリカの ...

2020年1月6日に地球周辺の宇宙磁場が「突然180度撹乱され」そして大地に電流が流れた。地球周辺の宇宙で一体何が起きている? そして地震との関係は?

・ACE 地球周辺の宇宙も騒がしい 2020年になって以来、地球上の社会的なことなども騒がしいのですれど、宇宙のほうも、どうも騒がしいのです。 いろいろなことが起きているのですが、最も注目したのは、1 ...



西暦536年からの十数年間「地球から太陽の光が消え暗黒の世界となった」。無数の人々の命を奪ったこの現象の原因は海底火山の噴火である可能性が高まる

トンガ沖の海底火山の2009年の噴火 ・In Deep   西暦536年から十数年続いた地獄の季節の原因は 2012年頃、英国のジャーナリストであるデヴィッド・キースという人が記した『西暦5 ...

もっと太陽の光を浴びましょう : カナダの研究で「太陽の紫外線は腸内細菌環境に極めて良い状態を与える」ことが判明。難病の治療にも応用できる可能性

・Public Domain 紫外線と腸内細菌の関係が判明 腸内細菌環境と健康に関しては、いろいろ記事にさせていたただくことが多いですが、先日、カナダの超名門であるブリティッシュコロンビア大学の研究で ...



2019年、黒点が出現しない日の比率が太陽観測史上で最大を記録し、ついに太陽は歴史的な極小期に突入。この状態はこれから何年続くのか

2019年10月26日の太陽黒点の状況(黒点数0は222日目に) ・NASA   2019年は太陽観測史上で最も活動が弱い年に 10月26日、NASA は、 「 2019年に太陽黒点が出なか ...

地球温暖化の捏造の方法論。そして過去5億年のデータが語る地球の気温の真実をここに

・Global Warming Fraud Exposed In Pictures   真実のための科学とは 最近、アメリカで話題となっているブログ記事に「図で見る地球温暖化詐欺」というもの ...



太陽に飛び込み「自決した」彗星 : 久しぶりのその光景を見る中で思い出す「宇宙の生命生産と拡散のメカニズムの原則」を悟った日のこと

2019年8月16日の米NBCニュースより ・NBC News 彗星は太陽に突っ込んで自決する理由 アメリカの NBC ニュースで、冒頭の「太陽に飛び込んで自滅した彗星」が話題となっていました。 以下 ...

死んだように弱い太陽活動の中でも黒いコロナホールが太陽嵐を作り続けている。そしてそれは地球を直撃する

2019年7月27日の英国エクスブレスの記事より ・Solar storm is predicted for next week - and could cause chaos   2019 ...



気候変動は「人為的な要因のものではない」ことを神戸大学の科学者が「証明」。地球の気候に影響を与えているものは「宇宙線と雲」であることを78万年前の地磁気逆転時のデータから突き止める

2019年7月12日の米国「ゼロヘッジ」より ・zerohedge.com   各国から相次いで発表される「気候変動」についての研究 この1ヵ月ほど、相次いで、 「地球の気象を支配しているの ...

地球温暖化説は終焉の方向に? : イタリア科学会がほぼ全会一致で「人為的な要因による地球温暖化という説はまったく科学的ではない」と決議し、請願書を提出

2019年7月7日のメディア記事より ・abruptearthchanges.com イタリアの著名な科学者91人が「人為的な地球温暖化説」に反対する請願書に署名 この In Deep で、10年くら ...



米NASAが次の太陽活動周期サイクル25は「過去200年間で最も弱くなる」という予測を公式に発表。2032年頃まで続くその環境の中の地球はどうなる?

・NASA   NASAが発表した最新の太陽活動予測の予想以上の「弱さ」 太陽活動は、約 11年の周期で繰り返されていまして、現在は「サイクル24」という活動周期の最後の時期にあたります。 ...

[衝撃] 太陽は地球を含む太陽系の惑星に支配されていた : ドイツの科学機関が、《太陽活動が金星 - 地球 - 木星の惑星直列にコントロールされている》ことを科学的に裏付ける

太陽系ではすべての惑星と恒星が共生しているかもしれない 2019年6月4日の科学メディア「ニューサイエンティスト」より ・The planets might control the sun's act ...



発生要因不明の「惑星間空間衝撃波」が地球を直撃していた。そして、この現象が「宇宙線を生成していた」ことが独自調査により判明。同じ日に起きたペルーの大地震との関係は?

2019年5月27日 惑星間空間衝撃波が発生した時のデータ ・NASA   惑星間空間衝撃波とは何か 5月27日に、 「地球が《惑星間空間衝撃波》の直撃を受けていた」 ことが、NASAなどの ...

戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向

2019年5月20日 コロナホールによりボコボコになっているように見える太陽 ・NASA   太陽はとても不安定ですが 海外のブログで、「太陽活動と社会の関係。そして、これからの状況」につい ...



歴史的に弱かった太陽活動周期サイクル24の「次の活動周期」について、NOAAやNASAの専門家集団が「非常に弱くなる」と発表。それにより地球にはどんな状態が出現するのか

2019年4月10日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather   次の太陽活動周期はどのようなものに NOAA (アメリカ海洋大気庁)や NASA の太陽研究の専門家集団によ ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.