地球最期のニュースと資料

In Deep

「 太陽 」 一覧

もっと太陽の光を浴びましょう : カナダの研究で「太陽の紫外線は腸内細菌環境に極めて良い状態を与える」ことが判明。難病の治療にも応用できる可能性

・Public Domain 紫外線と腸内細菌の関係が判明 腸内細菌環境と健康に関しては、いろいろ記事にさせていたただくことが多いですが、先日、カナダの超名門であるブリティッシュコロンビア大学の研究で ...



2019年、黒点が出現しない日の比率が太陽観測史上で最大を記録し、ついに太陽は歴史的な極小期に突入。この状態はこれから何年続くのか

2019年10月26日の太陽黒点の状況(黒点数0は222日目に) ・NASA   2019年は太陽観測史上で最も活動が弱い年に 10月26日、NASA は、 「 2019年に太陽黒点が出なか ...

地球温暖化の捏造の方法論。そして過去5億年のデータが語る地球の気温の真実をここに

・Global Warming Fraud Exposed In Pictures   真実のための科学とは 最近、アメリカで話題となっているブログ記事に「図で見る地球温暖化詐欺」というもの ...



太陽に飛び込み「自決した」彗星 : 久しぶりのその光景を見る中で思い出す「宇宙の生命生産と拡散のメカニズムの原則」を悟った日のこと

2019年8月16日の米NBCニュースより ・NBC News 彗星は太陽に突っ込んで自決する理由 アメリカの NBC ニュースで、冒頭の「太陽に飛び込んで自滅した彗星」が話題となっていました。 以下 ...

死んだように弱い太陽活動の中でも黒いコロナホールが太陽嵐を作り続けている。そしてそれは地球を直撃する

2019年7月27日の英国エクスブレスの記事より ・Solar storm is predicted for next week - and could cause chaos   2019 ...



気候変動は「人為的な要因のものではない」ことを神戸大学の科学者が「証明」。地球の気候に影響を与えているものは「宇宙線と雲」であることを78万年前の地磁気逆転時のデータから突き止める

2019年7月12日の米国「ゼロヘッジ」より ・zerohedge.com   各国から相次いで発表される「気候変動」についての研究 この1ヵ月ほど、相次いで、 「地球の気象を支配しているの ...

地球温暖化説は終焉の方向に? : イタリア科学会がほぼ全会一致で「人為的な要因による地球温暖化という説はまったく科学的ではない」と決議し、請願書を提出

2019年7月7日のメディア記事より ・abruptearthchanges.com イタリアの著名な科学者91人が「人為的な地球温暖化説」に反対する請願書に署名 この In Deep で、10年くら ...



米NASAが次の太陽活動周期サイクル25は「過去200年間で最も弱くなる」という予測を公式に発表。2032年頃まで続くその環境の中の地球はどうなる?

・NASA   NASAが発表した最新の太陽活動予測の予想以上の「弱さ」 太陽活動は、約 11年の周期で繰り返されていまして、現在は「サイクル24」という活動周期の最後の時期にあたります。 ...

[衝撃] 太陽は地球を含む太陽系の惑星に支配されていた : ドイツの科学機関が、《太陽活動が金星 - 地球 - 木星の惑星直列にコントロールされている》ことを科学的に裏付ける

太陽系ではすべての惑星と恒星が共生しているかもしれない 2019年6月4日の科学メディア「ニューサイエンティスト」より ・The planets might control the sun's act ...



発生要因不明の「惑星間空間衝撃波」が地球を直撃していた。そして、この現象が「宇宙線を生成していた」ことが独自調査により判明。同じ日に起きたペルーの大地震との関係は?

2019年5月27日 惑星間空間衝撃波が発生した時のデータ ・NASA   惑星間空間衝撃波とは何か 5月27日に、 「地球が《惑星間空間衝撃波》の直撃を受けていた」 ことが、NASAなどの ...

戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向

2019年5月20日 コロナホールによりボコボコになっているように見える太陽 ・NASA   太陽はとても不安定ですが 海外のブログで、「太陽活動と社会の関係。そして、これからの状況」につい ...



歴史的に弱かった太陽活動周期サイクル24の「次の活動周期」について、NOAAやNASAの専門家集団が「非常に弱くなる」と発表。それにより地球にはどんな状態が出現するのか

2019年4月10日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather   次の太陽活動周期はどのようなものに NOAA (アメリカ海洋大気庁)や NASA の太陽研究の専門家集団によ ...

「世界がバラバラに壊れる年に」

・caseyresearch.com 究極的な変化の年となる可能性のある2019年 前回は、以下のような・・・まあ今すぐどうこうではないかもしれないにしても、今の状況はかなり、 「過去の太陽活動サイク ...



太陽活動と経済金融の過去のデータから、今あえて強く記させていただく「大暴落と大恐慌へのカウントダウンが完全に始まっている」こと

アメリカの「生産指数」と「太陽黒点数」の推移の完全な連動性 ・Solar and Economic Relationships   驚くべき太陽と経済の相関の真実を改めて 私が、ブログを書き ...

「落雷は人類を保護する存在だった」 : 雷は地球上にシューマン共鳴の周波数を作りだし、その超低周波電磁界は生体の細胞の保護と修復の役割を持つことをイスラエルの科学者たちが発見

2019年3月3日のイスラエルの報道より ・Israeli study finds lightning may have protective traits   シューマン共鳴は細胞を保護し ...



現在の太陽は「過去41年間で最も暗い状態」であることが判明。そして、今後もますます暗くなっていくと予測されます

2019年3月1日の米メディアの記事より ・Amid the dimmest Sun since 1978 – a month without sunspots   歴史的に弱い活動の太陽で ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.