「 抗うつ剤 」 一覧

絶望の未来は今:CDCの調査でアメリカ人の3分の1がロックダウン中にうつ病を発症していたことが判明。あまりの患者の急増に「抗うつ剤の枯渇」も

・thechronicleherald.ca   未来は今 アメリカでの反乱において、キッカケとなったとされているのは、ジョージ・フロイドという男性が、警官から暴力を受けて亡くなったという話 ...



ロックダウンが長期化する中、アメリカ人の精神衛生状態の危機が本格化し、薬物処方量も歴史的な増加。そして今後「かつて経験したことのない自殺の大波」が来ると専門家たちが警告

・yle.fi   歴史的な薬漬けと自殺数の増加に追い込まれるロックダウン下のアメリカ 4月の初め頃、「ロックダウンや緊急事態宣言による政策により、各国のどれだけの人たちが精神的に追い込まれ ...

ヨーロッパで始まる新しいタイプの内戦 : 手榴弾抗争が続く「スウェーデンの憂鬱」に見るこれからの世界

・summit.news   「戦場化」が進むスウェーデンで 2016年から2017年頃は、アフリカや中東からヨーロッパに赴く「大量の移民」のことが、よく報じられていて、何度か記事で取りあげ ...



花粉症の薬や風邪薬、胃薬にパーキンソン病の薬、そして抗うつ剤や抗不安剤……多くの「抗コリン」一般薬が、認知症発症のリスクを著しく増加させていることが判明

2019年6月24日の米医学メディアより ・medicalxpress.com   この世に満ちている抗コリン薬と認知症発症の緊密な関係   今から 4年ほど前に、以下のようなタイ ...

これまで誰も体系的に触れられなかった聖域「抗うつ剤の離脱作用の激しさと、飛び抜けた有害性の現実」が国際的な研究によって明らかに

抗うつ剤の深刻な離脱症状の研究を取りあげた英国BBCの記事 ・Antidepressant withdrawal 'hits millions'   ベンゾジアゼピン系と抗うつ剤 昨日は体調 ...



アメリカの医薬品当局も日本の厚生労働省も共に認める「SSRI 系抗うつ剤は自殺を後押しする」という事実は今や誰もが知っている。なのになぜ処方は続いている?

2016年2月のサイエンティフィック・アメリカンより ・Scientific American SSRIで消えたNさんに捧ぐ   昨日、 ・「製薬企業は組織犯罪」だと断罪し、発表されている薬 ...

骨の強化のためのカルシウムサプリ、腰痛へのアセトアミノフェン、軽度うつ病への抗うつ剤、心臓の健康のための魚油サプリメント・・・のすべてに医学的根拠はなし

・Daily Mail   英国のデイリーメールを見ていましたら、「専門家たちが明らかにする、一般的な治療としておこなわれるが、実は効果が認められないこと」というタイトルの記事がありまして、 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.