In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 磁場 」 一覧

太陽と人間と地球の間に存在する永遠のシンクロ : 最近の研究でわかった「すべての人類の心臓のリズムが地球規模で同期している」ことと共に、「太陽と地球と全人類は常に磁場を介して同期している」こと

太陽フレア発生時の「人間の自律神経のリズムと地球の地磁気活動の周波数」のシンクロを示した図 ・MDPI ちょっとここのところ、立て続けにいろいろなことが起き続けていたせいで、ちょっとした「報道疲れ」と …

イルカたちの死と太陽 — 3月末の「数日間」で世界各地で連続したイルカの大量死は現在の異常な太陽活動と関係があるのか

南アフリカでの30頭以上のイルカの大量死についての報道 ・heraldlive.co.za   この1週間くらいの間、「地球は太陽活動の影響での磁場の嵐に見舞われている」ことについて、少し前 …

太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中

2017年3月29日の太陽黒点の状況 ・spaceweather.com その太陽のコロナホールの状況 ・spaceweather.com Sponsored Link   太陽の表情が急変 …

太陽も地球も空も何より人間が「浮躁」している今大事なことは、精神のスローダウンかと思います(特に自分)

宮城県柴田郡の上空に出現した「X」の形の飛行機雲(2016/07/25) ・ウェザーニュース   冒頭のように、今日は、宮城県で「空にX」が出現したりしていますが、私自身は今日も含めて、何だ …

沈黙に向かう太陽に突如出現した巨大コロナホールを見て、磁気嵐と地震の関係を少しだけ調べてみました。その結果は……

2016年7月5日に太陽に出現した長さ70万キロメートルのコロナホール ・Spaceweather   太陽はどんどん沈黙の時期に向かっていて、太陽黒点は 6月23日からずっと「0」のままで …

世界で再び始まった「鳥の大量死」の連続から思い至ったこと。それは、「現在の異常な動物の大量死は自分たちの現在と未来を見ている」に過ぎないということ

アメリカ合衆国の「国鳥」ハクトウワシ「13羽」がメリーランド州で謎の集団死 ・13 Bald Eagles Died in Mysterious Incident   また鳥が落ち始める日 …

おそらく人間を含めた「全生物」は磁場により生きている:ハトや蝶が持つ光受容体がヒトにも存在していること。そして、そのハトや蝶が「全滅」に向かっていること

・Beautiful Pigeon、buymagnets 人間もハトと同様の「磁場を見る目」を持っている 連休中は、近所はどこもかしこもポールシフトの話題ばかりですが(どんなところに住んでんだよ)、少 …

アトランティスと地元の人々が呼ぶスペインのエス・ベルデ島に現れた海の渦から思い出す「実はこの数年の地球は渦に満ち溢れている」こと

10月20日にスペインのエス・ベルデ島沿岸に出現した渦 ▲ 2015年10月24日のスペイン UH Noticias より。 2010年5月25日配信のウェブボット ALTAレポートより ・ 「渦巻き …