地球最期のニュースと資料

In Deep

「 黒点 」 一覧

太陽活動の極小期が予測より2年も早く到来。これは「次のマウンダー極小期」、あるいはミニ氷河期突入への徴候だったりするのかしないのか

9月2日の英国エクスブレスの記事より ・express.co.uk Sponsored Link この原稿は 9月4日の午後3時頃から書き始めたのですが、SNS などを見ますと、場所によって台風の影響 ...



太陽はどうなっちゃったのか? 太陽活動の極小期に入った今、それに相反するように2018年最大の数と規模の黒点が出現し続けている…

まったく極小期に向かうように見えない現在の太陽 6月20日の英国エクスプレスの報道より ・Huge sunspot opens on Sun as scientists brace for solar ...

地球が「惑星間空間衝撃波」の直撃を受ける中、太陽には今年最大級の数の黒点が突如として出現

2018年4月21日のスペースウェザーの特集記事より ・Interplanetary Shock Wave Sparks Electric Blue Auroras Sponsored Link &n ...



半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加」を見せる太陽。サイズは地球より大きく成長中。それと共に始まる今週は何が?

2018年2月10日の太陽 久しぶりに大きな黒点群が出現中 ・spaceweather.com 現在出現している黒点と地球のサイズの比較 ・GROWING SUNSPOT Sponsored Link ...

「パニックを起こしているかのような太陽」の過去2年間で最大級の黒点の急増。そして、海外の報道も少しパニックを起こしているような

2017年9月5日の英字報道より ・asia.nikkei.com あっという間に地球の何倍ものサイズに膨れあがった黒点群2673 ・spaceweather.com Sponsored Link & ...



太陽黒点が2年ぶりの「100」へ向けて異常な急成長を遂げる中で、北朝鮮が初めて「EMP攻撃」を公式に発表するなど、何となく高まってしまいつつあるアルマゲドン的気配

水爆と思われる核爆発実験実施した北朝鮮は、今日も矢継ぎ早にいろいろな徴候を見せているようです。 2017年9月4日の韓国メディアの速報 ・yonhapnews.co.kr 今回の核実験級の爆弾がソウル ...

太陽が産む暴力の瞬間 : この1年間で最大級の黒点活動の極点で起きた「前回の十数倍の規模かもしれない北朝鮮の水爆実験」の行方

9月3日午後3時30分のアメリカ地質調査所のリアルタイム地震データ ・USGS 核実験後に「今回の爆発は前回の9.8倍で歴代最強」と報じる韓国メディア ・yonhapnews.co.kr 今日の太陽黒 ...



世紀の日食事象の直前に突如活動を活発化させている太陽。そして、繰り返される「黒点の急増と暴力の相関」

8月18日 突如と増加と成長を遂げた太陽黒点のサイズ ・spaceweather.com 8月18日 活溌にプロミネンスを噴出する太陽の様子 ・Solar Prominence 今年になり、何度か記事 ...

ファティマ100周年の進行中に太陽黒点が唐突に急増した中でのテロや弾道ミサイル …… あるいは今再び思い出す「EMP兵器」

英国マンチェスター上空に輝いた二重の虹 2016年11月4日 ・Stunning double rainbow over Manchester 「いま私たちが流血の時代の下で体験していることの意味は、 ...



エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生。コロナホールも何だか凶悪化し、少し社会的に影響がありそうな気配

2017年4月1日に発生したMクラスの太陽フレア ・SIGNIFICANT SOLAR FLARE ほんの少し前に、 ・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月 ...

太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中

2017年3月29日の太陽黒点の状況 ・spaceweather.com その太陽のコロナホールの状況 ・spaceweather.com Sponsored Link   太陽の表情が急変 ...



急停止した太陽活動 : 2010年4月以来最も長い「16日間連続で黒点ゼロ」を記録した日に「太陽活動は人間社会のすべてを牛耳っている」という概念を思い出す

2017年3月6日から続いている「太陽黒点数ゼロ」の日 ・NASA / SDO 太陽活動がますます小さくなっていく中、3月19日に 2週間連続での太陽黒点0が記録されました。これは、黒点のない期間の連 ...

太陽はきっと見ている……のか、あるいはトランプ米大統領が太陽を見ているかわからない中、世界は黒点ゼロ時代の特徴である「統治」と「独裁」に向かう?

ドイツの週刊誌「シュピーゲル」 2017年2月4日号の表紙 ・spiegel.de ドイツの「シュピーゲル」は、Wikipedia によれば、 > 発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、 ...



地球は「4000年間の温暖化」を終了し、これから長い寒冷期へ。そして、「地球の気候変動の原因は太陽活動にある」という内容を持つ科学論文の数が2016年には130件以上に及び過去最高に

1850年からの黒点数と地球の気温の相関関係(気温は過去4000年で最高) ・woodfortrees.org Sponsored Link   次々と発表される世界中の科学者たちの気候変動 ...

相変わらず黒点も出現せず、今年最初の満月を迎えた中、淡々と消化されていく2017年

2017年1月5日にノルウェーで撮影された噴火のようなオーロラ ・Aurora G1 Storm The Other Night Was Amacing 今日は、いろいろとありまして、時間的に、普通に ...



太陽黒点のない2017年から起きること

・NASA   2017年最初の1週間の「太陽黒点数」 ・NASA Sponsored Link   黒点0が定着しつつある中で 右サイドに「 2016年下半期(7-12月)のアク ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.