地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりした。昨年は、新人賞というのをいただきましたが、今年も投票していただければ幸いです。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

2016年からの世界 地球という場所の真実

世界の光景:「黙示録的な今日の一枚」 in 2016年9月

投稿日:

2016年9月20日にトルコのナジリに出現した壮絶な雲

nazilli-clouds-0920Community wall photos

 

今回は、右サイドで毎日更新している「黙示録的な世界の光景」の 2016年9月に取り上げたものから印象的なものをフルサイズでご紹介します。

それにしても、先日の、

アメリカの北緯37度線を巡るエイリアンの実相。そして「北緯33度線上の唯一の火山」が日本にあるという意味
 2016/10/08

という記事では、緯度の「 37 度」という新たな概念が出てきたりして、どうも次第に「緯度神経症」的な展開ともなっていますが、しかし、ことあるごとに、「この光景はどこ?」と調べる習慣のようなものができていて、たとえば、冒頭の凄まじい雲が出たトルコのナジリ(ナジッリ)の場所などはジャスト北緯 37 度上だったりします。

ナジリの場所
najiri-map-37・Google Map

ちなみに、このナジリの凄まじい雲は、おそらく、乳房雲と呼ばれる形状の雲と積乱雲的なものとが組み合わさったのだと思いますが、「どれだけこの世の終わり的なんだよ」というような気にもなる雲でした。

別の場所から撮影された写真では下のような感じで、9月20日のトルコは、地域によって「どこから見てもキノコ雲だらけ」だったようです。

najiri-mashroom-cloudsCommunity wall photos

 

何だか、日に日に、見方によっては「ああ、終末的だなあ」と、しみじみ思える光景も増えてまいりました。

もちろん、そうは思わずに、単に圧倒的な自然の光景だというように冷静にとらえるというのも素敵な見方だと思います。

今年9月にサイドで小さくご紹介しましたそんな光景の中から特に印象的なものをご紹介させていただきます。

Sponsored Link



 


世界の光景:「黙示録的な今日の一枚」 in 2016年9月

[前回] 世界の光景:「黙示録的な今日の一枚」 in 2016年8月

バレンシアの超強力な落雷(スペイン 9月24日)

valencia-0923DavidMancebo

 

 

ワシントンに上った真っ赤な月(米国 9月17日)

red-moon-dcJim Knapp Photograph

 

 

インディアンショアーズの反薄明光線(米国フロリダ州 9月16日)

anti-crepuscular-floridavk.com

(注)反薄明光線は、雲と太陽光によってもたらされる光学現象です(Wikipedia)。現象自体ものすごく珍しいというものではないですが、このフロリダ州ほどの「派手な」ものは、そう見られるものではなさそうです。

 

 

ヒューストンの反薄明光線(米国テキサス州 9月15日)

dark-ray-0915Spaceweather

(注)これも、上のフロリダ州のものと原理的には同じ光学現象ということになるらしいですが、何となく違和感のあるものではあります。

 

 

夕焼けの中のオレンジの竜巻(米国フロリダ州 9月30日)

florida-orange-0920vk.com

 

 

リンジャニ火山の噴火(インドネシア 9月28日)

rinjani-eruption-2016avk.com

[関連記事] インドネシアのリンジャニ山が近年最強の噴火:観光客300人以上が消息不明 (地球の記録 2016/10/01)

 

 

イギリスで観測された巨大な火球(9月23日)

uk-fb-0923UKMON

 

 

デンマークに現れたリング状の奇妙なシェイプの雲

denmark-strange-cloudsvk

 

 

メキシコシティの壮大な落雷(9月19日)

mexico-city-lightningvk

 

 

超強力な山への落雷(トルコ・ビレジク 9月13日)

turkey-powerful-onevk

 

そして、ラストは、9月1日頃に撮影されたベネズエラのマラカイボ湖上空の「雲」の写真です。

 

マラカイボ湖の上空に出現した雲(ベネズエラ 9月1日)

maracaibo-ufo-09vk.com

単なる雲なんですが、このフォーメーションは、H・G・ウェルズの SF 小説を映画化した 1953年の『宇宙戦争』とそっくりなんですよ。

映画『宇宙戦争』(1953年)

war-of-worlds・The War of the Worlds

 

全然関係ない話ですが、2005年に、スティーブン・スピルバーグ監督が、この『宇宙戦争』をリメイクしていますが、こちらのほうには、

「宇宙人が地球に持ち込んだ赤い植物で地球の大地が覆われる」

という絶望的なシーンがあります。

映画『宇宙戦争』(2005年)より。赤い植物と人間の血液で赤く染まった地球

w-o-ws-02・War of the Worlds

 

この光景の「ショック感」は、なかなかのものだったんですが、それから10年近くも経った後年に「地球の植物が緑である理由」というものを、

植物が「緑色」であり続ける理由がわかった!…
 2015/07/06

という記事などで、まあ一種漠然と書いたりしていたことがあります。

その時に、「地球の大地が真っ赤に染まることへのショック感というのは、《人間だから》あることなのかもなあ」と思いました。

そして、1953年の宇宙戦争みたいな UFO は最近のベネズエラに出てきましたけれど、2005年の宇宙戦争みたいに「赤で大地が覆われる」光景が出現するのは勘弁してほしいですね。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-2016年からの世界, 地球という場所の真実
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.