[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

人類の未来 人類の覚醒と真実

「体内の微生物は新たに定義された人間の臓器そのもの」だというマイクロバイオームという概念と出会いましたけれど、時間切れで明日に続きます

投稿日:2016年1月25日 更新日:

「微生物と人間は完全に共生している」ことを知ったのですが

エポックタイムズで、下のような、「あなたのマイクロバイオームに食べさせる」というような、パッと見、何だかよくわからないフレーズにあたりました。

feed-your-microbiomeThe Next Food Fad Is Coming: Feed Your Microbiome

 

内容的にはどちらかというと、ビジネス的な話なのですが、何となく興味がありそうな気がしましたので、翻訳しながら、「マイクロバイオーム」という言葉を調べていましたら、

「ああ、人体の科学はこんなにも進んでいたんだ」

と感嘆しまして、こういうことを今まで知らなかったんだなあと、いろいろとさらに調べていましたら、時間切れとなってしまいました。

上の記事の翻訳や、関係する過去記事などを含めまして、明日ご紹介しようと思いますが、要するに、このマイクロバイオームというものについての見識は、

「人間の体内(主に腸内)の微生物(細菌、古細菌、真菌、原生生物、ウイルス)は新しく定義された人間の臓器と見なすのが妥当」

ということなのですね。

これは「人間と微生物が体内で完全に共生している」という意味でもあります。

どうやら、体内の微生物たちと私たち人間は一体だという科学的見識が今にして根ざそうとしているようです。

これは、最近のメディアから抜粋させていだきますと、以下のようなものです。
太字はこちらによるものです。

人体は「マイクロバイオーム」を内蔵する生態系、腸内フローラ、腸内細菌叢の世界

 well 2015/12/22

世界的に有名な英国の総合科学雑誌ネイチャー誌が、このたび、人の腸内に住む微生物群、マイクロバイオームに関する話題を取り上げる特集を2015年2月25日に組んでいる。(中略)

研究グループは、マイクロバイオームの大部分は腸内に棲み付くが、微生物群は単なる「居候」ではないと説明している。「食べ物の消化」「抗炎症物質の産生」「敵味方を見分けるための免疫システムの教育」など、人間の健康と生存に重要な機能を数多く担う存在になっている。

医学や栄養学の世界の考え方が大きく変わりつつある。人間は単独で生きていく生き物ではなく、互いに協調・競合する微生物を内部に秘めた複雑な生態系だと考えられるようになりつつある。

というようにですね、

> 人間は単独で生きていく生き物ではなく、互いに協調・競合する微生物を内部に秘めた複雑な生態系

だということが、ようやくわかり始めたと。

こういう観点から見てみますと、たとえば、体内の細菌を殺す「抗生物質」という薬剤が(その歴史的な功績は大いに認めつつも)根本的には、これらの「互いに協調・競合する微生物」を死滅させるものだったという意味で反省するべき点は多いのではないかとも思う次第です。

最近は、「バクテリアが人類に勝利した日 (2015/12/07)」などというような抗生物質耐性菌について書くこともありましたけれど、これらは「登場するべくして登場したのかもしれないな」という気もします。「人類は、これ以降は、抗生物質に頼らない生き方をせよ」と。

どのみち、遅かれ早かれ、「すべての抗生物質」が効かなくなることは明白になりつつあります。それはそんなに遠い日ではないと思います。

その時に、人類は、抗生物質のない医学の中での模索をしながら、再び体内の微生物と調和をとれる「普通の生活」に戻ることができるのかもしれないというようなことも思います。

まあ、そんなわけで、今日は翻訳絡みの記事は書き上げられませんでしたが、明日早めにアップしたいと思います。

ところで、今、日本では、関東より西などを中心に、寒波や大雪で大変なことになっていますが、東アジアはわりとどこも同じで、

北極からの「極渦」の到来により東アジア各地で数十年来の寒波と大雪 : 台湾では50人以上が凍死
 地球の記録 2016/01/25

という記事に、台湾、韓国、中国などのことを記したのですけれど、最も印象的だったのは、「マカオ」のニュースでした。

Sponsored Link



 

象徴的な年の初めの月に

どんなものかといいますと、下のそれぞれの報道で、今年 1月20日と、1月25日のマカオの報道からです。

「過去63年で最も暖かかった2015年」という内容の1月20日のマカオ・デイリー・タイムズより

macau-2015-warmMacau Daily Times

 

「過去67年で最も寒かった1月24日」という内容の2016年1月25日のマカオ新聞より

macau-2016-coldマカオ新聞

 

1月20日に、

「去年は何と過去63年で最も暑かったのです!」

と報じられた4日後の 1月25日には、

「昨日は過去65年で最も寒くて、マカオで初めてあられも降りました (>_<)」

という報道が流れるという両極端は、今後を示唆していそうな感じではあります。

台湾では 60人近くの方が、凍死を含めて、寒さが原因で死亡しているようですが、どんなことに関しても、今年は「こちらの方向だけ」とか、「あちらの方向だけ」というのはなさそうです。

それでは、明日、続きというか、ビジネスを含めて、マイクロバイオームについてを書くことになると思います。

【追記】この翌日に書いた記事は、

微生物、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体であるかもしれないことを確認させてくれる「人間と細菌たちの共存=マイクロバイオーム」の概念

となります。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-人類の未来, 人類の覚醒と真実
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.