地球最期のニュースと資料

In Deep

「拡大する自然災害」 一覧

「異なる火山が地下で接続している」ことが、初めて科学的調査で見出される。その最初の発見の現場となったのは、桜島と新燃岳の範囲を含む九州の姶良カルデラと霧島連峰…

もしかすると、地下には「巨大な火山のマグマ・コネクション」が存在するかもしれない 7月14日の科学系メディアPHYS.ORGの記事より ・phys.org Sponsored Link   ...



荒れに荒れる気象の中、日本にスーパー台風「マリア」がやって来る。また、あのドクロ顔と共に

7月7日の英国エクスプレスの報道より ・express.co.uk Sponsored Link   今、日本は台風とは関係ない「通常の悪天候」の中で大変な自然災害の渦中にあります。 これを ...

全世界が洪水のような状態の中、日本の事態の行方が気になり、今日は更新をお休みします

2018/07/06    , , , ,

・今天下大雨 Sponsored Link   日本の広範囲で大雨が続いていて、被害も発生し始めています。 しかし、そこに対して「本番はこれから」という可能性さえ示されてもいます。 この1ヶ ...



「生オスプレイを初めて見た日」……を経験したのですが、それとは関係なく、聖書で神の声だと記される落雷に「空が支配されている終末のような時代」に思いを馳せた最近の光景を

6月28日 ウクライナのクルィヴィーイ・リーフ地区の空に広がる落雷 ・Instagram Sponsored Link   少し前に、以下のような妙なタイトルの記事を書きました。 「あーもう ...

318年前にマグニチュード9クラスの超巨大地震が発生した北米のカスケード沈み込み帯で2日間で数百回に及ぶ振動が発生中。「スロー地震」が起きている可能性が浮上

北米のカスケード沈み込み帯上で継続する「振動」を伝える報道(振動はその後500回規模に) ・More than 150 tremors hit Vancouver Island in last 24 ...



突如として世界中で地震が増加して2日目となる日に、これから地球はどのようになるかをシュタイナーの言葉「頂点は日本」を引用して、あくまでも抽象的に説明させていただきますと

6月17日(大阪M6.1の地震の前日)の世界の地震の発生状況の一部 ・6/17/2018 -- Earthquakes progress across planet in 1 days time Sp ...

まるで全世界が洪水の中のようだ : フェニックス神の聖地であるレバノンの黙示録的な洪水で想いを強くする「この世の行方」

タイトルに「彼は怒っている」という言葉が入る6月13日のレバノンの洪水の報道 ・kataeb.org バールベック - Wikipedia バールベックとは、レバノンの東部、ベイルートの北東約85km ...



キラウエア火山の磁場が「地球の磁場と逆」を向いていることが判明! : ハワイのこの噴火は単なる噴火ではなく、地球の磁極の反転の予兆とも関係しているのでは……と、ふと思い

英国の「キラウエア火山の磁場が逆転している」ことについての報道 ・Kilauea’s magnetic field goes OPPOSITE direction – sending compasse ...

「ハワイとグアテマラは序章に過ぎない」 : 2011年の東北の大震災を正確に当てていた金融の世界で知られる驚くべき地震と火山噴火のサイクル理論が示す「2018年から2020年は怒濤の自然災害の時代」に (後半)

過去のデータと「17年の倍数サイクル」が示す「日本の地震と火山噴火の頂点」のひとつは2019年から2020年になると予測される ・Volcanoes and Earthquakes Sponsored ...



「ハワイとグアテマラは序章に過ぎない」 : 2011年の東北の大震災を正確に当てていた金融の世界で知られる驚くべき地震と火山噴火のサイクル理論が示す「2018年から2020年は怒濤の自然災害の時代」に (前半)

金融の世界のサイクル分析が「2010年から2011年の巨大地震と火山噴火」を正確に予測していたことが明らかに。そして、同じ予測論から2018年〜2020年は地震と噴火のかつてない激しい時期になる可能性 ...

通常ほぼ噴出しない米国イエローストーンの世界最大の間欠泉スチームボート・ガイザーが「今年はすでに半年で8回の噴出」を起こしている…。過去に一度も観測されたことのない、この事態に対しての適切な説明はない

6月7日の米国CNNの記事より ・World's tallest geyser keeps erupting, and scientists aren't sure why Sponsored Lin ...



「カテゴリー5ではもはや足りない」スーパーストームの時代に生きている : 世界中の気象専門家が台風やハリケーンの強さの基準にカテゴリー6を加えることを提言

6月2日のアメリカの気象メディアより ・insideclimatenews.org Sponsored Link   今回は、日本を含むアジアや、北米などを含めて、台風やハリケーンのシーズン ...

火山と人類の共存が崩壊する時代に : 記録のある過去500年で最悪の被害を出している中米グアテマラのフエゴ火山がもたらした光景が、これから世界中で加速すると思われる理由

6月3日 火山雷を放出しながら噴火するグアテマラのフエゴ火山 ・vk.com フエゴ火山の火砕流が通過した後の村 ・David de Zabedrosky Sponsored Link   ...



温暖化も寒冷化もなく世界各地の気温はムチャクチャな渦中。メキシコでは44℃の中で信号機が溶け、極東シベリアでは37℃の超熱波。一方で、ロシア西部と南米チリでは寒波の記録を更新中

観測史上最高の熱波を報じるメキシコの報道より ・milenio.com 南米チリの首都サンティアゴは氷点下の気温と氷に包まれている ・twitter.com Sponsored Link   ...

中東オマーンのこの世の終わり的な洪水を見て、瞬間的に「黙示録が今始まった」と自覚するに私を至らせた今の世界の中で

In Deep の記事で、冒頭から動画を載せるということはほとんどないのですが、動画以外にこの状況を説明しようがなくて、最初に2つの動画を並べてご紹介させていただきます。 5月25日から27日頃まで中 ...



巨大地震の前兆の正体がさらに明らかに : 2011年3月11日の東北の巨大地震の前に過去最大の日本列島周辺の《重力異常》が起きていたことをNASAの人工衛星が検知していた

科学誌ネイチャーに掲載された論文を紹介した米国の記事より ・temblor.net 最近は、世界中で噴火も多いですが、世界でも日本においても中規模程度の地震が続いています。そういう中で、巨大地震の懸念 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.