地球最期のニュースと資料

In Deep

「拡大する自然災害」 一覧

地球が「暴風雨だらけ」の異様な状況に : 大西洋に5つ、大平洋に2つの合計7つの台風、ハリケーン、暴風雨が同時に地球上に存在している9月11日

大西洋上に「5つの暴風雨」が同時に発生していることを報じる9月11日の米メディア ・gizmodo.com Sponsored Link   大平洋も大西洋も暴風雨だらけという稀な状態の中で ...



「地震発生確率という《神話》」 : 政府地震本部の「北海道地震との関係が考えられる断層帯の今後30年間の地震発生確率が0パーセント」だった予測を見て思う21世紀の地震

2018年に政府地震本部が発表した「北海道石狩断層の今後30年の地震発生予測(0%)」 ・地震本部 リリース資料 Sponsored Link   地震関係の話題が続いてしまって恐縮なのです ...

南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す

科学誌ネイチャーに掲載された論文の内容を紹介する米国科学メディア ・sciencedaily.com Sponsored Link   今回ご紹介する科学誌ネイチャーに掲載された論文は、ごく ...



北海道地震 : 環太平洋火山帯の大地震の連続の中で、ほぼ初めてプレート上「ではない場所」で発生した「おそらく史上初めての場所」での特異な地震を見て

2018年9月6日の北海道 M6.7 地震の震度分布 ・地震情報 ふだんは、このような時間(今は 9月6日の午前です)に記事を投稿することはないのですが、朝起きましたら、北海道で大きな地震が発生してお ...

カテゴリー6とも言えそうな2018年において世界最強の暴風雨となったスーパータイフーン「台風21号 / チェービー」の行方

2018年最強の暴風雨が日本に向かっていることを報じる米ワシントンポスト ・Category 5 Super Typhoon Jebi is the planet’s strongest storm ...



大気層「中間圏」がかつてない奇妙な状態になっていることがNASAの衛星データにより判明。そこは「電離層の電子を刺激する場所」であることから個人的に思うことは

スペースウェザーの特集記事より ・A Mystery in the Mesosphere   高層大気の「状態の変化」が結果的にもたらすものは? スペースウェザーの特集記事で、地球の大気圏の ...

太陽と地震 : 強力な磁気嵐が「地球の地質に強い電気を流す」ことを初めて知った時に思ったことは…

2018/08/29    , , , , ,

8月25-26日の強い磁気嵐の中で観測された「地中の電流の量」の変化 ・ELECTRICITY FLOWS THROUGH THE SOIL OF NORWAY   あまりにも地震が連続して ...



川や湖の水が「突然消滅する」事象はなぜこんなに増加を? : メキシコでまたも「湖の水が轟音と共にシンクホールに飲み込まれる」出来事が発生。これで最近の世界で何回目のことになるのか…

湖が消滅したことを伝える8月24日のメキシコの報道より ・vanguardia.com.mx In Deep メルマガの第1号が、本日 8月24日の正午に配信されました。 タイトルは『今この時代に脳と ...

いよいよ地球が「地震の時期」に入る前兆? 環太平洋火山帯で「24時間で53回の大地震」が連続。そして、日本の硫黄島では過去5年で最大の地震が発生すると共に群発地震化している

8月20日の米国ブログの記事より ・Economic Collapse   昨年の 11月に以下の記事で、「地球の回転(自転)が速度低下を起こしており、これにより 2018年後半からは大規模 ...



前例のない熱波と山火事により緑豊かなヨーロッパの大地から「緑が消えた」。その焼け焦げた砂漠のような光景は世界的な食糧危機サイクルの到来を示唆する?

ドイツ人宇宙飛行士がISSから投稿した「全土が茶色に変わってしまった」ポルトガルの光景 ・Alexander Gerst   ヨーロッパでの熱波と乾燥が、各地に前例のない規模と範囲の山火事を ...

日本にシロナガスクジラが打ち上げられた頃の地球の海はどこも死んだ様相……であることは事実だけれど、それでも海は自力で復活することをメキシコ湾の「デッドゾーンの急激な縮小」により知らされる

8月5日の同じ日に日本とニュージーランドで起きたクジラの座礁 ・cnet.com、 livedoor.com   一見すると死に続けている海で 8月5日に、鎌倉の海岸にクジラが打ち上げられ、 ...



世界中で顕著になり続ける「気象のカオス」が示すものは、未来の地球に向かっての大きな変化なのか、それとも単に一過性のことなのか

7月27日 山火事の中に廃墟として浮かび上がるカリフォルニア州レディングの町 ・esquire.com 8月3日 真夏のサウジアラビア・アスィール州で前例のない雹嵐により光景が「真っ白」に ・In S ...

かつてマグニチュード9の巨大地震を発生させたアメリカ西海岸のカスケード沈み込み帯で「マントルが上昇している」ことが米オレゴン大学の調査により判明

アメリカの科学系メディアの7月25日の記事より ・SciTechDaily   318年前にマグニチュード9クラスの地震を発生させた場所での「異常」 1ヶ月半くらい前に、アメリカの「カスケー ...



世界中で「赤い月」が観測されていた時、アメリカでは非常事態宣言の下に「赤い太陽」が出ていた…。地球は今、人類史で初めての「全地球規模の森林火災」の時を迎えている

皆既月食とたわむれるギリシャ神話のアポロン神(7月27日 アテネ) ・extra.ie 世界の山火事の現状を伝える7月28日のアメリカの報道より ・huffingtonpost.com Sponsor ...

まるで聖書の世界のように災害だらけの世界…… : 日本の豪雨災害の後から世界で発生し続ける史上最悪級の「火」と「水」の厄災の様相

森林火災で赤く染まる太陽の前を飛ぶ旅客機 / 7月15日 米カリフォルニア州ファーガソン ・NBC News   西日本に甚大な被害をもたらした豪雨から 2週間以上になろうとしています。被害 ...



予測不能な空のもとに住んでいる

2018/07/22    , , , ,

7月11日 スペイン・サラゴサ市に出現した驚くべきマイクロバーストの光景 ・facebook   世界中で気象と気温が混沌としていて、日本の暑さも大変ですが、メキシコでは異例の47℃を記録し ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.