「2018年からの世界」 一覧

これから環太平洋火山帯はどうなる? : 近年最大級のモンスター噴火を起こしたシナブン山の黙示録的光景を見て思い起こす「地球の隅々」まで起きている地質的異変たち

2018年2月19日 近年最大級の噴火を起こしたインドネシア・シナブン山 ・vk.com ・vk.com 昨日、インドネシアのシナブン山で、少なくとも近年では最大級といえる噴火が発生しました。噴煙の高 ...

地球の気流がさらに崩壊中 : 北極上空の大気「極渦」が真っ二つに分断して北半球上空を進行中という異常事態が発生。日本への影響は不明

ジェット気流の崩壊(2016年)、準2年周期振動の崩壊(2015年)に続き、地球を寒冷化に導いている極渦もカオスの仲間入り   2018年2月15日の米国ウェザーチャンネルより ・weath ...

2018年「世界同時多発シンクホール」 : インドネシア、中国、イタリア、そして米国……この2月に突如として始まった世界中での「大規模な地盤の崩壊の連鎖」に思うこと

2月7日のインドネシアのシンクホールの報道より。この後、シンクホールの数はさらに増加 ・Tribun Jogja Sponsored Link   世界各地で連鎖するかのように同時期に発生し ...

米国と欧州各地に「100メートル級の津波」をもたらす可能性のある場所で……:大西洋のカナリア諸島やアゾレス諸島でかつてない群発地震が始まった異変の意味

アゾレス諸島では一晩に300回を越える群発地震が継続中 この2月に大西洋各地で突如として始まった火山島の群発地震について報じるブログ ・strangesounds.org 群発地震が始まったラ・パルマ ...

頭の中の終末模様を彩る事象や概念……それは鳥や占領や北緯33度、あるいは世界共通仮想通貨フェニックス

2018年2月4日 「鳥」に占領された米テキサス州ヒューストンのガソリンスタンド ・Christine Dobbyn ・Christine Dobbyn   終末的週末を過ぎ 冒頭の写真は、 ...

半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加」を見せる太陽。サイズは地球より大きく成長中。それと共に始まる今週は何が?

2018年2月10日の太陽 久しぶりに大きな黒点群が出現中 ・spaceweather.com 現在出現している黒点と地球のサイズの比較 ・GROWING SUNSPOT   やや猛っている ...

「地球の磁場が反転しつつあることへの懸念」で世界は結構な騒動の渦中に

2018年1月31日の米ナショナルジオグラフィックより ・No, We're Not All Doomed by Earth's Magnetic Field Flip Sponsored Link ...

怒濤のような1日に横目で眺めていた世界を流れていった今日の光景

2018年2月4日 エーゲ海に面するギリシャ・ミコノス島に出現したキノコ雲 ・Maravillosa e Imponente Nube Cumulonimbus vista sobre la Isla ...

人生で最も好きな娯楽映画が、この世で最も厳しい現実的な未来を描き出している瞬間を生きている — 核の終末に心酔するストレンジラブ博士の54年目の幻影

2018年2月3日の米国のメディア記事より ・theantimedia.org 2018年2月3日の米国ニューズウィークの記事 ・newsweek.com Sponsored Link   ...

トカラ列島にある「宝島」という日本の島。流出した原油とコンデンセートに最初に襲われたのはその宝という名のつく美しく小さな島だった

鹿児島県トカラ列島「宝島」の場所 ・Google Map, 日本の島へ行こう 普段の宝島の海と海岸の風景 ・ecoff.org 2018年1月31日 宝島に住む方からのSNSへの投稿で明らかになった現 ...

スーパー・ブルー・ブラッドムーンと共に始動するかもしれない「666」と「血の月の示唆」

2月2日のアメリカの株式市場の急落を報じる記事より ・marketwatch.com 1月31日 アメリカでは152年ぶりとなったスーパー・ブルー・ブラッドムーン ・earthreview.net 新 ...

もうじき日本の海が死ぬ : 「史上最悪の原油流出」が日本の海域を直撃する予測が英国海洋センターより発令。3ヶ月以内に九州から東北までの全海域が汚染される可能性

そして、拡大が続く「日本周辺のデッドゾーン化」もさらに加速することが確実に ロイターの記事を引用した1月28日の米国ゼロヘッジより ・Asia Is About To Be Hit By The “W ...

「フェニックス」で総括されていきそうな2018年。その1月のいくつかの光景を懐かしみ、「これから」の示唆を思う

2018年1月24日 アイスランド上空に出現した「フェニックス」 ・Red Climatica Mundial 1988年のエコノミスト誌の表紙。その「仮想」通貨につけられた名称はフェニックス ・Th ...

環太平洋火山帯の目覚めの予兆 : 1月22日から25日の4日間に全世界で「13の火山が噴火」し、マグニチュード5以上の地震が23回起きていた

2018年1月22日から25日までの主要な地震と火山の噴火 ・Google MyMap 2018年1月25日 地元住民7万人が避難中のフィリピン・マヨン山の噴火の様子 ・news.mb.com.ph ...

地球内部から「次々と噴き出してくる熱」は何を意味しているのか

極地の氷が次々と不明の熱源によって溶かされる中で「地球が寒冷化したとしても海面は上昇していく」未来   2018年1月22日の米ニューズウィークの報道より ・newsweek.com 201 ...

3000年ぶりの本白根山の噴火、あるいは5000年ぶりの御嶽山の噴火を貫く「日本の神話」と国之常立神。では次は?

  今日、群馬県にある本白根山という火山が噴火しました。 あまり聞いたことがないなと思っていたら、それは、この火山が「現代人類史の中では噴火したことがない火山」だったためでした。 3000年 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.