「2018年からの世界」 一覧

赤い月と青い月 : 152年ぶりの月の現象のすぐ後にやって来た1999年以来の稀少なダブル・ブルームーンと共にユダヤ教の犠牲祭「過ぎ越し」が訪れた

3月30日の米国メディアより ・travelandleisure.com 過越祭での「山羊の犠牲の再現のセレモニー」を伝えるイスラエルの報道より ・Record Setting Crowd at Pa ...

「魂の輪廻は存在しない。地獄も存在しない」と言い放ち唯物主義指向をさらに明らかにしたローマ法王フランシスコ。そして中国の宇宙ステーションの落下位置の続報

ローマ法王の言葉を報じる米CBSニュース ・CBS News   フランシスコ法王が、バチカンでの会合で、「地獄はない」と述べ、さらには「魂は死後に消滅する」として、カトリックが長く標榜して ...

カタルーニャの赤い虹… 真っ黒の太陽… 糖質制限の恐怖… カナダのコレラ… 地球に落ちてくる空の宮殿…。2018年の春のスナップ

3月26日 ライトアップされた東京・中目黒の夜桜 ・twitter@kazue_akita 今日(3月28日)は、急遽、夕刻から外出することになりまして、記事を書く時間があまりなくなってしまいました。 ...

NOAA(アメリカ海洋大気庁)の全地球気温図での「奇妙なデータの欠落」を修復してみてわかる「陸地の寒冷化の進行」と「海水温度のさらなる異常」

米国「アメリカ海洋大気庁」(以下、NOAA)は、毎月、その前月の地球の気温や気象に関する多くのデータを提供してくれています。 それは地球の気象の状況を知る上でとても役に立ち、利用できることに感謝させて ...

キング牧師の「私には夢がある」から55年後のワシントン行進の未来は? あるいは「直近の未来全般」は? それを太陽活動から見てみると意外にも…

過去数十年の社会の変革と経済の状況を現在2018年と比較してみる ・NASA Sponsored Link   小学校の卒業式の祝辞に登場したキング牧師から思ったこと 数日前、子どもの小学校 ...

太陽活動と人類の革命と戦争の歴史

・Christianity   今回は、下の前記事の続きです。 太陽活動と人類の革命と戦争の歴史を振り返る(序章) In Deep この記事では、ポーランドにあるポジャギエロニア大学の教授が ...

眠りにつく太陽 : 「黒点のない日数が黒点のある日数を10年ぶりに逆転した年」となった2018年3月

その同じ時には今年最大のコロナホールも出現   直近10日間ほどの太陽の状況 ・NASA, NOAA ・NICT 先ほど、太陽についてのインフォメーションに気がつきまして、何度もふれさせてい ...

無数のオーメンに守られたトランプ大統領支配下のアメリカは、米軍が正式公表した「正体不明の高速飛行物体を追跡する戦闘機スーパーホーネット」のビデオについての騒ぎの渦中

2018年3月11日の米国ゼロヘッジより ・zerohedge.com ・米戦闘機F/A-18スーパーホーネットの赤外線センサーが捕捉した 羽も尾翼もない「回転しながら高速飛行する」物体 今、アメリカ ...

予測をはるかに上回り激増している宇宙線と放射線 : その人類への影響は何か。気象、天候、人間の健康、地震や噴火……そして生命の進化にも関係する? 

2018年3月6日のスペースウェザーの記事 ・THE WORSENING COSMIC RAY SITUATION 地球の成層圏の放射線量の過去2年間の推移 ・spaceweather.com Spo ...

世界88の火山が噴火しようとしている中で、日本の霧島連山・新燃岳は「ダブル火口の爆発的噴火」を起こし、富士山では「スラッシュ雪崩」が発生中

火口が真っ赤な様子がわかる福岡放送の新燃岳噴火の報道より ・UMK 、Twitter Sponsored Link   これから環太平洋火山帯そして日本の火山活動はどうなる? 今年始まったも ...

福島で見つかった「原子炉の水中で繁茂し続ける多数の生き物たち」:そして思い出す数々の「放射能での生物や遺伝子の損傷が見出されない科学的研究論文」

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

「ミニ氷河期へようこそ」:気象学者たちが「狂気じみている」と表現する超絶な寒波に包まれたヨーロッパの光景は、この先の世界の光景でもあるのか、ないのか

2月28日のヨーロッパ各地の気温。ほぼすべて氷点下 ・pogodaonline.ru 2月27日にロンドンに悪天候をもたらした巨大な雲 ・businessinsider.com Sponsored L ...

「東京が北朝鮮からの核攻撃で壊滅的な被害を被る可能性が高まった」というアメリカの外交専門誌の記事を中国とロシアの大手メディアが報道し続ける世の中で

私たちが知らない「北朝鮮が東京を攻撃する理由」とは 2018年2月26日のロシア・リアノーボスチ通信の報道より ・ria.ru 2018年2月27日の中国の報道より ・sina.com.cn Spon ...

私たちはまた気温と天候のカオスを見ている:分断した極渦と偏向する大気の流れが北極から北半球に起こしている「異常事態」の現実

・In Deep 2018年2月の「数日」で起きた北極上空のすさまじい気温の変化 ・CPD-JMA Sponsored Link   国際的イベントの裏で起きていた「異常」 この1週間かそこ ...

地球の上空に現れたあまりにも不可解な長さ1万メートル超の「空のライン」。それは自然現象なのかそうではないのか。あるいは、どちらにしても、それは「これからの世界の何かの示唆」なのか

今回はちょっと珍しい光景をご紹介したいと思います。 それが何かとか、何を意味しているのかとか、そういうことはさておき、私にとっても大変に珍しい光景です。それは下の写真です。 2018年2月22日に人工 ...

33度線上のマリア…と共に

数日前から胃腸系の調子がおかしかったのですが、何だかさらにおかしくなりまして、おかしくておかしくて仕方ありません(何なんだよ)。今日に至っては、何も食べられずにずっと休んでいまして、基本的に本日は記事 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.