「未来の地球」 一覧

2018年「世界同時多発シンクホール」 : インドネシア、中国、イタリア、そして米国……この2月に突如として始まった世界中での「大規模な地盤の崩壊の連鎖」に思うこと

2月7日のインドネシアのシンクホールの報道より。この後、シンクホールの数はさらに増加 ・Tribun Jogja Sponsored Link   世界各地で連鎖するかのように同時期に発生し ...

米国と欧州各地に「100メートル級の津波」をもたらす可能性のある場所で……:大西洋のカナリア諸島やアゾレス諸島でかつてない群発地震が始まった異変の意味

アゾレス諸島では一晩に300回を越える群発地震が継続中 この2月に大西洋各地で突如として始まった火山島の群発地震について報じるブログ ・strangesounds.org 群発地震が始まったラ・パルマ ...

「地球の磁場が反転しつつあることへの懸念」で世界は結構な騒動の渦中に

2018年1月31日の米ナショナルジオグラフィックより ・No, We're Not All Doomed by Earth's Magnetic Field Flip Sponsored Link ...

環太平洋火山帯の目覚めの予兆 : 1月22日から25日の4日間に全世界で「13の火山が噴火」し、マグニチュード5以上の地震が23回起きていた

2018年1月22日から25日までの主要な地震と火山の噴火 ・Google MyMap 2018年1月25日 地元住民7万人が避難中のフィリピン・マヨン山の噴火の様子 ・news.mb.com.ph ...

地球内部から「次々と噴き出してくる熱」は何を意味しているのか

極地の氷が次々と不明の熱源によって溶かされる中で「地球が寒冷化したとしても海面は上昇していく」未来   2018年1月22日の米ニューズウィークの報道より ・newsweek.com 201 ...

「歴史上初めて1ヶ月間1度も太陽が出なかったロシアの12月」や、「アメリカの《新しい安息地》にマグニチュード2.0の地震を発生させた火球」が示唆するかもしれない2018年

2018年1月17日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru 2018年1月16日のアメリカの報道より ・nbc15.com Sponsored Link   その一年の計はどこに 最近 ...

気候が各地で激しすぎで……。やはりこれは近現代で人類が初めて経験する未知の気象の領域に入っているのかもしれないとも改めて思ったり

2018年1月6日 アメリカのワシントン山が「世界で2番目に寒い場所」となったことを報告する観測所のツイート ・MWObservatory かつてないような異常な熱波に見舞われているオーストラリアにつ ...

太陽の異常は極限に : 異常な短期間でサイクル24が終焉していたことが、ロシア科学アカデミーの「太陽はすでに活動極小期に到達した」という発表で明らかに

12月18日のロシアの国営通信社「タス」の報道より ・tass.ru NASAが「2007年」に発表した太陽活動サイクル24の黒点数の予測 ・NASA ロシアの最高学術機関であるロシア科学アカデミーが ...

太陽活動はさらに沈静化し、世界中でミニ氷河期的状況の拡大が進む中で、「太陽の変動が地球の気候に与える影響について」のアメリカ国家レベルの大会議の記録を読む

12月16日 前例のない降雪量(3m)に埋もれるドイツ・ブロッケン ・Keraunos‏ 12月15日 韓国最大の河川が異常に早く凍結したことを報じるニュース ・KBS NEWS Sponsored ...

太陽が暗くなってきている

・NASA 思えば、あと2週間ほどで今年も終わるということに今日気づきまして、何というあっという間の1年だったのだろうと驚きます。 今回の記事は、今にして初めて知ったことについて簡単にご紹介させていた ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.