「日本の未来」 一覧

120種以上の「普通の」処方薬に「自殺念慮を引き起こす副作用がある」ことがアメリカ薬剤師協会の報告で明らかに

2023/07/09    , ,

  処方薬と共に生きたジャンクライフからの曖昧な脱却 この 7、8年間くらいは、ずいぶんと「処方薬」の話を書くことが多かった気がします。 最近では「ベンゾジアゼピンの使用と断薬が、自殺念慮と ...

なぜこんなに子どもたちが熱中症で倒れるのか。それはスパイクタンパク質の最大の脳感染のターゲットが「体温調節をつかさどる」視床下部だから

CBC   30℃以下の気温の中で子どもたちが倒れていく理由 個別の案件はともかくとしても、今年は、6月くらいの、まだ気温が 30℃に届かない頃から、特に若い人たちや子どもたちの「熱中症によ ...

精神疾患の根本原因は「ミトコンドリアの機能障害」という説を知り、今の生活環境は、それをもたらすものばかりであることに愕然とする

  多くの薬が状態を悪化させる原因はここにあるのかも 先日、ベンゾジアゼピンについての記事を書かせていただきました。 [記事] ベンゾジアゼピンの使用と「断薬」が、脳損傷、自殺念慮と関連して ...

「ヒトの唾液、血漿、母乳のエクソソームにはRNAが含まれている」という2011年の論文を読んで、今後の社会を考える

2023/07/05    

1983年に初めてエクソソームの放出が確認された際の画像。rupress.org   最も大きな問題はエクソソームにあるのかなと 私が、エクソソームという名称を知ったのは、ほんの 2年前のこ ...

南米の状況は次の日本の冬を示唆している? ブラジルをはじめ多くの国で小児のウイルス性感染症の爆発により公衆衛生上の緊急事態に

ブラジルやチリではマスクが正式に再登場。CNN   今や季節も気温も、ウイルスの干渉さえ関係なくなり 日本は現在夏で、南米は、全部の国ではないですが、冬に入ろうとしています。比較的「真逆の季 ...

ベンゾジアゼピンの使用と「断薬」が、脳損傷、自殺念慮と関連していることが過去最大の調査研究で判明

2023/07/02    

ベンゾジアゼピンの影響についての過去最大の調査 抗不安薬や睡眠導入剤として非常に多く処方されているベンゾジアゼピンは、確かにある種の症状に対して強い効果、場合によっては抜群の効果があることは確かですが ...

口腔清浄剤の常在菌への影響は想像以上

その悪作用   いろいろ外出する機会が重なってしまい、更新が開いてしまいました。 前回の記事は米エポックタイムズのものをご紹介したものでしたが、今回もエポックタイムズの記事をご紹介させていた ...

ミリ波としての5G電磁波からの影響について再考する

2023/06/26    , ,

Epoch Times 影響はほとんどわかっていない (いわば無試験) 米エポックタイムズを見ていましたら、ヘルスライターのマリーナ・チャン(Marina Zhang)さんの記事が掲載されていました。 ...

アメリカでは「1億人以上が黙示録への準備を進めている」ことが全国調査で判明。日本で「ノアの方舟計画」が発表される中…

2023/06/25    , ,

  人口の3分の1が「準備を加速」中 米国のボーナスファインダー社の全国調査で、 「現在のアメリカでは、1億800万人が終末に向けて準備をしている」 ことがわかったことが報じられています。 ...

免疫低下が世界中で拡大する中、イベルメクチンは、デング熱の治療薬として有効な可能性があるだけではなく、「蚊への殺虫作用」さえあることを論文で知る

  イベルメクチンとアルテミシニンを知ることができただけでも… コロナ禍、ワクチン禍の際に、イベルメクチンに対してはいろいろと、どうだこうだと議論があったりしたものですが、私自身はお勧めした ...

実験場と化した日本 : 世界で唯一、生後6ヵ月からの赤ちゃんに「本物のBNT162b2」を接種する方針が決定した日本の果ては人生50年時代再び

2023/06/21    

ANN   ママ、僕を殺さないで 以前からワクチン関係の報道でよく脳内に湧き出るフレーズでしたが、先日の「新型コロナワクチン「すべての小児に接種推奨」日本小児科学会という報道を読んで、また頭 ...

「セバスチャンのフリーエリア」

2023/06/18    , ,

  狂気の断片から情報を 日曜ということもあり、他愛ない雑談です。 少し前に、AI 作成文書に関して以下の記事を書かせていただきました。 [記事] 半日ほどAIと対話して知ったこと  In ...

正式なコミナティはいまだに製造されていない? と思わせるファイザー社ファクトシート文書の謎。そこには名称「BNT162b2」が一度も出てこない

2023/06/17    

  ナノテクノロジーの歴史を知る 現在、アメリカ食品医薬品局 (FDA)が保持していた、ファイザーのコロナワクチン有害事象などに関する 40万ページにおよぶ機密書類が、アメリカ連邦裁判所から ...

世界の小麦の供給状況が劇的に悪化する中で、中国政府の「小麦の爆買い」が加速中。供給の影響は時間と共に地球規模になることがほぼ確実に

2023/06/15    , ,

  中国、米国、欧州等の主要小麦生産地で天候異常が拡大 昨年、以下のタイトルの記事を書かせていただいたことがありました。 [記事] 歴史上最悪の食糧危機の「最期のトリガー」を引くのは「中国」 ...

ファイザーワクチンから検出されたのは「ミドリザルのDNA」だと知り、思う観念的戦争

2023/06/12    

  免疫弱体化の問題は世界的に拡大している 中国の報道や情報は、どこから出たものであっても、その信憑性というのか具体性が判断しにくいものですが、最近出されている報道では、 「中国で、新型コロ ...

新生児向けのアストラゼネカ社製のRSウイルス抗体製剤が米国で承認勧告へ。日本でもすでに承認申請中。治験では12人の赤ちゃんが死亡

2023/06/11    

  早ければ秋にも正式に承認 一昨年から、次の新しいワクチンのターゲットが乳幼児になるのではないかという懸念はありました。そして、それは RS ウイルスを対象にしたものになるのではないかと。 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.