「日本の未来」 一覧

数百万の「無菌室」が導く崩壊 : 「微生物との共生を拒否した日本人」たちが創り出す未来の社会は

・Sunset over Takashima   今朝から、どうも胃とか腸とか、あるいは全身的に強い違和感や吐き気みたいなものを感じていまして、毎日飲み過ぎではあるので、「胃が荒れたかな」と ...

思案中のままの一日。そして行方不明の事例で思い出してしまう今の旧約聖書的な世相

ハンガリーで撮影された高層大気の発光現象(赤は稀少) 2016年12月2日 ・RED AIRGLOW OVER EUROPE この写真は本文とは関係ないです。「赤色」の大気光は相当珍しい現象ですので。 ...

「連鎖する地震」の渦中の環太平洋火山帯で、アメリカだけに起きない地震。そして、ますます関東大震災の年と似てきた雰囲気もないではない日本

・USGS 今日(11月22日)、福島沖でマグニチュード 7.3の地震がありました。 そして、ふと、この1か月間ほどを振り返りますと、この間だけで、地震と関係した記事を5本くらい書いていたことに気づき ...

「噴火すれば最悪1億人が死亡と想定」 : 九州南方にある鬼界カルデラの活動の徴候の報道から再び「破局噴火の時代」をおもう

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

何となく世界各地がざわつくスーパームーンの最中、日本は奇妙な地震の空白時間に突入

地震による地滑りで取り残された牛の親子 11月14日 ニュージーランド・カイコウラ ・vk.com いろいろ世の中はうまくいかないことも多くあるようで、少し前に下のようなニュースがありました。 ニュー ...

福岡のシンクホール事象からも思い浮かばずにはいられない、シュタイナーが 110 年前に述べた「頂点は日本」という概念

2016年11月8日午前 九州・福岡市(北緯33度35分)     九州が示しているのかもしれないとさえ思える今後の「全世界」の行方 今年の九州は、熊本での地震に始まり、阿蘇山の噴 ...

ハロウィンの日の日本の空を染め上げた「青い光」を放つ火球はいわゆる火球としての火球だったのかどうだったのかと思ったり

・Nippon TV   今日の1日は、少し前の記事「時間の変容というより無制御な時間の中での母親の意味やCHRONIACなどについての雑談」というものの冒頭に書きましたような状態と同じ「何 ...

時間の変容というより無制御な時間の中での母親の意味やCHRONIACなどについての雑談

宇宙のスマイル(ハッブル宇宙望遠鏡 2015/02/09) ・NASA   今に始まったことではないですが、もうずっと、時間が日々とても早く過ぎていきまして、まあトシのせいという理由が強いの ...

鳥取の地震と「使者からいただいた33度線的偶然」から、関東大震災のあった1923年の「日本列島の地震と噴火」の状況と現在を比較するに至る

・OASIS   本日(10月21日)、記事を書いていた途中で鳥取県でマグニチュード 6.6の地震が起きました。 そこから個人的な偶然に気づきまして、内容がまったく科学的でも何でもないことで ...

ヒトは幼少期のストレスで《染色体の生命の回数券》テロメアが短くなることで老化が加速し、寿命が短くなることが判明

米国科学アカデミー紀要に発表された論文についての記事より ・earth-chronicles.com 「老化」とか、あるいは「細胞の死滅」というのは、体の中のさまざまなものが関与しているようなのですけ ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.