地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりした。昨年は、新人賞というのをいただきましたが、今年も投票していただければ幸いです。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

人類の覚醒と真実 地球という場所の真実 拡大する自然災害 日本の未来

突然としてマグニチュード6級の大地震が連続するようになった2019年6月14日に起きていた惑星の整列…。山形沖地震の発生時にも起きていた惑星の整列…。そして今日も起きている惑星の整列…

投稿日:

珍しい惑星整列を伝える2019年6月14日のビジネス・インサイダーより


Business Insider




 

6月14日から続いている事象

今回取り上げることは、ややこしい話にしたくないですので、短く書かせていただこうと思います。

ただ、最初に書いておきますと、私は先日の以下の記事を自分で書くまでは、正直、「惑星配列が地球の地震に影響を与えている」というような話は、単なるオカルトだと確信していました

地震にも「惑星の配列」が関係している可能性 : 「巨大地震を誘発する地球の回転速度の低下」を引き起こしているのが「月」であることがアメリカ地球物理学連合において発表される

しかし、私は、もともと物理などの知識が乏しいために、

「物理的な現象は、必ずしも大きな物体からの影響のほうが大きいわけではない」

ということを知らなかったのですね。

物理の世界は「大きなものが勝つ」世界ではないようなのです。
たとえば、「レイリー・テイラー不安定性」というような物理現象を例にとれば、

「月のような小さな天体が、地球や、あるいは太陽に大きな影響を与えることも可能だ」

ということを初めて知ったわけです。

少なくとも太陽系の配列の中では、他の天体への影響力の大小は「質量の大小とは比例しない」ことを知り、そして、初めて、

「宇宙の惑星配列が、地球で起きる地震と気象に影響している」

ことが、科学的に解明されつつあることを知ったのでした。

そのような記事を書いた後、6月18日には、山形沖を震源とするマグニチュード 6.8 の大地震が発生し、その前日には、中国四川省で、死者 20名という惨事となった大地震が起きました。四川省の現地の状況などは以下の記事で取りあげています。

山形沖のマグニチュード6.7地震の前日に起きた中国四川省でのマグニチュード6.0の地震の死者数は20人に達し、200人以上が負傷

実は、この 6月に入って以来、世界各地でとても地震が多くなっていまして、それは、6月の初めの頃、以下の記事を書かせていただいた頃から気にはなっていました。

地球で何が起きようとしているのか? 世界規模で継続する「謎の地震波」、そして規模的にも地理的にも拡大し続けている地震と火山活動……次は?

上の記事を書いた時には、「惑星配列と地震の関係」というような概念は、考えたこともなかったですが、しかし、この記事以来、世界の地震をわりと注意深く見ていました。

まず、今月に入って、世界各地で顕著だったのは「群発地震」でした。

いろいろなところで、ごく小さな規模の群発地震が発生しまくっているのです。世界各地で、です

ただ、この群発地震の話は、丁寧に説明し始めますと、地震とあまり関係のない話となっていくかもしれないですので、別の機会に譲りたいと思います。

今回は、もう少し「大きな地震」について、つまり、マグニチュード 5以上の地震についてを取り上げます。

そのような地震が、

「 6月のある日から突然増えた」

のでした。

それは「 6月14日」からでした。

たとえば、ボルケーノ・ディスカバリーのリアルタイム地震データから、6月11日くらいからの推移を書きますと、以下のようになります。

先に書いておきますと、世界で起きる地震のうち、マグニチュード 5以上というのは、1日で多く起きても数回で、まったく起きない日も多くあります。マグニチュード 5以上が、1日に 10回以上起きるというのは、あまりあることではありません。

2019年6月11日-18日までの世界のM5以上の地震の推移

Earthquake reports and news より。顕著な部分は赤い字にしています。

6月11日

マグニチュード5以上 2回
マグニチュード6以上 0
マグニチュード7以上 0

6月12日

マグニチュード5以上 2回
マグニチュード6以上 0
マグニチュード7以上 0

6月13日

マグニチュード5以上 5回
マグニチュード6以上 0
マグニチュード7以上 0

6月14日

マグニチュード5以上 12回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0

6月15日

マグニチュード5以上 1回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 1回 (ニュージーランド近海M7.4の地震)

6月16日

マグニチュード5以上 9回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0

6月17日

マグニチュード5以上 16回 (中国四川省M5.8の地震を含む)
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0

6月18日

マグニチュード5以上 15回
マグニチュード6以上 1回 (日本・山形沖M6.8の地震)
マグニチュード7以上 0

6月11日以前も基本的には、マグニチュード 5以上の地震というのは、1日に1回とか 2回とか、あるいは 0回とか、そういう状態が続いていたのですが、

「 6月14日に突然マグニチュード 5以上の地震が 12回発生して以来、大きな地震が連日とても多い」

のです。

以前の私だったら、そのようなことに関しての理由はお手上げでしたが、「惑星配列と地震」のことが頭によぎり、「天文関係のニュースでも探してみようか」と、報道を見ていましたら、冒頭のものがあったのです。

すなわち、

「 2019年6月14日から 19日まで、木星と土星と月が、地球に対して一列に並ぶという珍しい惑星配置が起きる」

ということが報じられていたのでした。

 

そして、昨日の以下の In Deep 記事「ネイチャーに掲載された論文で「月が縮んでいる」ことが判明…」の後半でも少しふれましたが、中国四川省で大地震が発生したときには、

「 6月17-18日には、火星と水星が地球に対して整列した」

ということが起きていたのでした。

 

今なお、木星と月の整列は続いていまして、日本時間の 6月19日の午前頃には、地球からの光景は以下のような感じとなっているようです。

2019年6月19日の月と木星の位置


astrobob.areavoices.com

また、あまり関係のないことでしょうけれど、6月19日の、「土星と、土星の衛星たちの位置関係」は以下のようになっているようです。

2019年6月19日の土星とその衛星たちの配置


astrobob.areavoices.com

 

土星の衛星の配置はともかく、先ほどの 6月14日から今日までの地震の表に、地球との惑星整列を加えますと、以下のようになります。

6月14日

木星と土星と月が地球に対して整列
マグニチュード5以上 12回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0

6月15日

木星と土星と月が地球に対して整列
マグニチュード5以上 1回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 1回 (ニュージーランド近海M7.4の地震)

6月16日

木星と土星と月が地球に対して整列
マグニチュード5以上 9回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0

6月17日

木星と土星と月が地球に対して整列。加えて、火星と水星が地球に対して整列
マグニチュード5以上 16回 (中国四川省M5.8の地震を含む)
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0

6月18日

木星と土星と月が地球に対して整列。加えて、火星と水星が地球に対して整列
マグニチュード5以上 15回
マグニチュード6以上 1回 (日本・山形沖M6.8の地震)
マグニチュード7以上 0

 

この期間は、わりと珍しい惑星の整列が相次いでいた期間ではあったということのようです。

もちろん、だからどうだというようなことではないですし、これが地震の予測に役立つともあまり思えません(どこで地震が起きるか正確にはわからないはずですので)。

しかし、「地震の発生」という現象について、「惑星配列と地震という観点」から初めて見てみると、こういうこともあるのだなあと。

そのようなことをお伝えしたいと思った次第です。

なお、この 6月の世界での地震の「発生場所」には、やや異常な面がありまして、ご紹介したいと思っていますが、長いものとなりそうですので、別の機会に改めて取り上げてみたいと思っています。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-人類の覚醒と真実, 地球という場所の真実, 拡大する自然災害, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.