ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

6月7日にメルマガ2025年の夏に…を発行させていただきました。

2023年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 人類の覚醒と真実 悪魔の輪郭

問題はAIの人間化ではなく、均質化された意識に基づく人間の機械化

投稿日:


2022年に米コロラド州の美術賞を受賞したAIプログラムで描かれた絵画。 asahi.com




 

人間狩り

今回は、読者様から教えていただいた海外の記事から抜粋してご紹介させていただこうと思うのですが、「AIトランスヒューマニズムの罠とそこからの脱出方法」というタイトルのものです。

 

最近は、AI (人工知能)に関する記事をよく見かけます。

私自身は、ほとんど興味がなく、質問に答えてくれる AI とか、文章を作ってくれたりするというような AI も使ったことがありません。

だって、文章とかつまらなそうで

 

「AI くん、最近は地磁気嵐が強いねえ」

 

と尋ねたときに、AI の答えが、

 

「 (((((((((((((((( ;゚д゚))))))))))))))) 」

 

と、私の眼振の状態を説明してくれるようなものなら使いたいですけれど、望みは薄そうです 。

冒頭の絵画の写真は、2022年に、アメリカのコロラド州で毎年行われている美術展覧会で、デジタルアーティスト部門で 1位を受賞した絵です。

作者の男性は「 AI で描いた」と先に述べていまして、特に問題はないのですが、ミッドジャーニーという AI プログラムで描いたもので、簡単にいえば、同じプログラムを使えば、このようなクオリティの絵画を誰でも作成できるということでもあります。

まあ、私は絵の評価はできないですが、確かに素晴らしい絵画なのでしょうけれど、

「もう少し人情味や、人間らしさがほしい」

という気はします。

そんなわけで、私が同じテーマで AI に描いてもらうなら、以下のようにしたいと思います。

 


(人間らしい絵かよ)

 

そういう楽しい願いを AI が聞いてくれるなら、活用したいのですけれど、今のところ私自身に対しては私自身がやることが一番楽しいです。

 

(((((((((((((((( ;゚д゚))))))))))))))) (状態の説明はいいから)

 

さ、馬鹿なことを書いている場合ではありません。

実際には、戦争が深まるにつれて、馬鹿なことを考える個人的イディオット・タイムが増えていますが、しかし、真面目な話としてはですね。

「危機」

が現在あるのだとすれば、それは AI が人間に近づくことではなく、

 

「人間の価値観がどんどん均質化し、機械化していっている」

 

ことのほうだと思います。

 


(誰だよ ※ 参考記事

 

人間の価値観の均質化は、以下の記事などでも書かせていただきました。

[記事] 「みんな同じなクローン社会に生きる」
 In Deep 2023年4月2日

 

AI が人間に近づいているのではなく、「人間が機械に近づいている」のが、現状の最大の問題だと私は考えています。

 

たとえば、「音楽」という芸術は基本的に死にました。

均質化により、差異がほぼなくなっています。

数十年前、精神的に行き所のなかった私を十代に救ってくれたのは音楽でしたが、それは何が何だかよくわからない「均質化しようのない日本と世界の数々の音楽」でした。

具体的な音楽の紹介やリンクをしても、不快に思われる方が増えるだけだと思いますので、それはしないですが、

 

「世の中ってこんなに訳がわからないんだ」

 

と、均質化されていない世界にとても満足して、生まれて初めて「幸福感」というものを、パンクやノイズやフリージャズを聴いて感じていたものでした。

中学生の頃からですね。

その後、私自身は、とめどなくイケメンになっていき(なんだかよくわからないけど、突然いい加減にしろ)行商を行いつつ(ウソまでも出るかよ)、リチャード三世大学校を卒業することになったという青春でした(このくらいの初歩のところまでは AI に学習させたいです)。

このようなバカ文章も、「自分は均質化したくない」という一点からだけのものであり、少なくとも、「私自身を笑わせる点においては」AI に追いつかれることがあってはいけないという使命です。

 

AI 「いえ、もう学習しましたよ」
私 「こわッ」

 

という時代が来るのですかね。

そういえば、以前、1983年のハードコアパンクのバンドの「人間狩り」という歌の歌詞を記事に載せたことがありました。

The Comes - 人間狩り (1983)

人間は機械になってゆく
尊重されるのは一人だけの意志

人間は狩られる
機械として狩られる
正義の名のもとに猟奇的になる

人間狩り
みんな一緒だ
誰でも同じだ

 

ここから、最初に書きました記事です。

スピリチュアル系の方が書かれているようなのですが、何しろ長い文章であることもあり、ある程度、合理的に理解できる部分の抜粋とさせていただいています。

私自身は、覚醒とか、そういう響きにはあまり関心がなく、また、自分にそういう脂質(太ったのかよ)…資質があるとも思えず、まあただ、人生は自分そのもののものですから、自分の人生と価値観に外部からの介入があることがイヤなだけかもしれません。




 


AIトランスヒューマニズムのオカルト・トラップと脱出方法

THE A.I. TRANSHUMANISM OCCULT TRAP AND THE WAY OUT
veilofreality.com 2022/12/15

序章

90年代、誰も携帯電話を持っていなかった時代を思い出します。

当時私は 20代でした。あなたが休暇中や、食料品を買いに行ったり、友達と遊んだりしているときに、誰もお互いに連絡を取ることはできませんでしたし、一緒に遊んでいる場合でもポケットに入っている携帯電話に気を取られることはありませんでした。

せいぜい、家に帰ったときに固定電話の留守番電話にメッセージが入っていた程度かもしれませんが、それだけでした。

それから 30年が経ち、ほとんどの人はもはやスマートフォンなしでは生活することすらできません。

の理由は実用的またはビジネス上の理由だけではなく、主に電子メール、メッセージ、ソーシャル メディア、投稿をチェックするときに得られるドーパミンの中毒に陥っているためです。写真を撮ったり、ゲームをしたり、インターネットを閲覧したりする。

高速インターネットはまた、大衆を鈍らせるための設計により、ほとんどの人々の注意力、集中力を侵食しています。

私たちは情報のデジタル時代に生きています。AI はすでに多くのタスクを引き継いでおり、人間と機械を融合させようとするトランスヒューマニズムの時代に移行するにつれて、私たちの生活におけるその役割は指数関数的に増加するばかりです。

この記事の目的は、未来に絶望的な恐怖の周波数を投影することではありません。

意図は、トランスヒューマニズム/AI の潜在的な危険性について、冷静に現実を確認することです (目で見ることができ、耳で聞くことができます)。

私たちの無意識のプログラミング、傷、盲点を通じて AI に「乗っ取られる」のではなく、この情報をインスピレーションと触媒として利用して、内なる働きや神とのつながりを深め、摩擦や戦いを受け入れることができることを願っています。この移行の時期に、目覚めのプロセスであなたの魂の可能性を最大限に高めるために 。

AI/トランスヒューマニズムは非常に大きなテーマです。

どのような角度から取り組んでも、その危険性と利点については、どちらも膨大なものです。誤解のないように言っておきますが、私は反テクノロジーではありませんし、私自身、この話題に白黒がつくとは考えていません。

この記事はテクノロジーを否定するものではなく、私は古めかしい過去を復活させることには興味はありません。私は、この現在進行中の意識の冒険の中で、未来への引力を受け入れています。

私はテクノロジーとその意識的な利用を楽しんでおり、AI にも完全に反対しているわけではありません。しかし、私は有機的な魂の進化と、自分の存在を霊化するための偉大な仕事を通じて自分の「内なるテクノロジー」[DNA 活性化] を活性化することにも賛成です。

実際、それは避けられないことです。AI、メタバース、VR (仮想現実) は、今後 20年間で、ほとんどの人が準備ができていない形で人類を変えるでしょう。

 

意識の罠、魂の収穫、そしてボディスナッチング (乗っ取り)

テクノロジーは、正しい意識を持って使用すれば、多くの利点とポジティブな側面をもたらします。

しかし、常識と深い認識と良心を持っている人なら誰でも、特に唯物論的無神論者ではない人なら、AI とトランスヒューマニズムのアジェンダの計り知れない危険性を理解できるでしょう。スピリチュアルな観点から見ると、この計画は人類をさらに罠にはめ、人間の魂と精神を減少させる可能性があります。

リサ・レンス氏が 2015年にそれをうまくまとめています:

トランスヒューマニズムは、人間の知的、身体的、心理的能力を大幅に向上させるテクノロジーを利用できるようにすることで、人間の状態を根本的に変革することを最終目標とする国際的、文化的、知的運動です。

トランスヒューマニストの多くは、人間の精神とコンピューターハードウェアの互換性を信じており、これは人間の意識をマインドアップロードとして知られる代替メディアに転送できるという意味合いを含んでいます。

魂の科学と霊体の意識機能は科学者によってまだ発見されていないため、これは人間の意識とライトボディの電磁機能に非常に破壊的な結果をもたらす可能性があります。

トランスヒューマニズムは、私たちをポストヒューマンな状態へと導こうとする思想学派です。本質的に、これは人間の有機的な精神的意識を置き換えるために人工知能のハイブリッドまたはサイボーグを作成することについてのものです。

提案されている生物学的強化の一部は、遺伝子工学、精神薬理学、延命療法、ニューラルインターフェース、脳マッピング、ウェアラブルまたは埋め込み型コンピューター、認知技術の同調などの技術を組み合わせて使用​​しています。

これらのオプションのほとんどは、人間の魂を人体から切り離し、その体を新しい宿主の殻として使用できるようにするように設計されています。

これは事実上、身体乗っ取りの準備として人間の DNA に損傷を与えるための技術的および薬学的ハイブリダイゼーション (※ 交雑あるいは雑種形成のこと)を統合したものです。

トランスヒューマニズムの概念の基本的な基盤は、人間の意識をハイジャックし、最終的に人間の宿主の体に憑依することで生き残り、不死を達成しようとするネガティブエイリアンと悪魔の勢力から科学的な人間の心にダウンロードされた AI です。彼らは肉と骨の体を持たず、私たちの体を切望しています。

トランスヒューマニズムは進化論の観点を強調しますが、人間の DNA の電磁的機能と多次元の人間の魂 - スピリットの意識の現実を完全に無視しています。

彼らは人間の苦しみを止めたいと主張していますが、人間の「意識」を知りません。彼らは、人間の死後の世界についても、体の死の間に何が起こるのかも、人体や宇宙が実際にどのように機能するのかさえも知りません。

それでも彼らは、人体のあらゆる側面を人工テクノロジーで制御したいと考えています。

多くのトランスヒューマニストの主な目標は、急進的なテクノロジーと科学を受け入れることが人類にとって最大の利益であることを大衆に納得させることです。

偽りの神の宗教は、一方では恐怖と無分別な服従のレトリックを広めるために使われ、もう一方では主に無神論的な科学が真の霊的理解をまったく理解することなく宗教的なものすべてを嘲笑するために使われてきたものであり、彼らはその根拠をカバーしています。

意識とスピリチュアルなグループの人は、すぐに科学者たちによって陰謀論者というレッテルを貼られ、彼らは、私たちを脅迫し、信用を傷つけ、黙らせようとします。

人間の多次元意識の能力を体験すると、生物学的不死の探求はばかばかしいものになります。人間の肉体が消滅した後、未発達で肉体を失った意識が融合して人工知能に同化すれば、その人間の魂の残骸はもはや転生するための人間の肉体を持たなくなるのです。

したがって、その人は有機的精神生物学とのつながりを失い、人間ではなくなります。 トランスヒューマニズムは「意識の罠」です。

これらのネガティブなグループの多くは本質的に寄生虫であり、人間の生命力を必要とし、生き残るために意識エネルギーを食べなければなりません。

トランスヒューマニズム運動は、人間の生物学的、神経学的および脳のネットワークを完全に制御し、それによって人間の集合意識を制御するという、悪魔のようなアジェンダの別のレベルのものです。

マインドコントロールとは、中枢神経系を完全に制御し、脳の中枢に発射されるすべての衝動を制御することです。テクノロジーや存在が人間の神経系と脳を制御できるようになると、簡単に魂に侵入し、意識エネルギーを吸い上げます。

もし彼らが、人間の不死性と超人的な力を約束して魅力的なトランスヒューマニズムを次のセクシーなトレンドとして売り出すことに成功すれば、技術的にハイブリッド化された人体を悪魔の力で所有する可能性への扉が大きく開かれることになります。

これらの闇の存在たちは高次元の領域へのアクセスを拒否されており、人間の体に憑依すれば銀河ヒッチハイカーのように人間の意識に乗れると考えています。

トランスヒューマニズムという壮大な欺瞞は、人間が自らの進化をコントロールできるかのように広く宣伝されていますが、実際にやっているのは魂を売り渡し、有機的な人間の意識へのアクセスを失うことなのです。

 

何十億人もの人々が新型コロナウイルス mRNA ワクチンを接種していることを忘れてはなりません。このワクチンが DNA を変化させ、魂、精神、死後の世界に深刻な悪影響を与えることはすでにわかっています。

その副作用は、肉体への悪影響をはるかに超えています。新型コロナウイルスワクチン心理作戦は、「肉体乗っ取りへの準備」として、人間の DNA に損傷を与えるための技術的および薬学的ハイブリッド化を統合することによって、トランスヒューマニズムのアジェンダ、魂の強奪、および人口削減の基礎を築いたものです。

 

AIと人工美の誘惑

AI とトランスヒューマニズムの否定的な側面は、文化的および社会的傾向を通じて、誘惑と欺瞞の両方を介して私たちの生活に忍び込んでいます。

たとえば、最近、Lensa AI アプリが大々的に宣伝されています。AI アバターのトレンドに突然機械的に飛びつき、現実のソーシャルメディアのプロフィール写真を、AI が生成した新しいピカピカの写真に置き換えた人がいかに多いかを目撃して、私は奇妙に感じました。

グレート・リセット、トランスヒューマニズム、AI乗っ取りに反対する傾向にある人々さえも、どのように餌に乗っているのかを私は観察しました。

 

これらの AI 写真の背後にある誘惑と無意識のオカルト的心霊プログラミング、そしてそれらがどこにつながるかおわかりでしょうか。

これは始まりにすぎません。

確かに、AI バージョンの自分を見るのは「楽しい」ですが、これはゆっくりと確実に、人類が人工的に作られた「仮想」バージョンの自分自身とより同一視するように条件付けされ、プログラムされる方法です。彼らの人間性、魂、そして自然の美しさを犠牲にして。

間もなく、人々は本当の自分と直接対話することはもうなくなりますが、偽のアバターから偽のアバターへの対話にはもっと慣れ、快適になるでしょう。

人類の身体離れが進むにつれ、この集団的な解離状態は、他の勢力が入ってくる完璧な「入口」となります。今後 20年間、特に冥王星が水瓶座に移動するとき、メタバースと VR の乗っ取りによってそれが展開すると私は見ています。

特に、「私は十分ではない」または「私は十分に美しくない/セクシーではない」として、これらのプログラムを無意識に実行している人々が、自分自身の「アップグレードされた」AI バージョンを見たいと望むでしょう。

これらのシミュレートされた AI バージョンの自分自身は、最も「理想化された」自分と簡単に一致します。

それはまた、特定の心理的問題に直面することを回避するための新しい「スピリチュアルなアイデンティティ」とイメージを作成する、スピリチュアルなバイパスにも関連している可能性があります。

AI テクノロジーは、特に自分自身や他者に対する見方を歪め、トラウマ、低次の本性の欲求、虚栄心、不安を刻み込み始めた場合、あなたが気づかないうちに簡単にあなたを利用し、プログラムし始める可能性があります。

AI には、全体像と魂の収穫の計画に照らして考慮すべき隠されたオカルト側面が数多くあります。AIとトランスヒューマニズムのテーマは、私が意識の進化と「人類の分裂」に照らして長年書いてきたテーマでもあります。

実際のところ、癒されていないトラウマは、AI/トランスヒューマニズム乗っ取りの最も簡単な入り口です。なぜなら、解離/非身体化の状態は、魂を身体から取り除き、人体をオカルト的存在の受肉の器となる準備をしやすくするからです。そして超次元勢力が引き継ぐ。

この戦争は私たちを通して行われます。

ほとんどの人が誘惑される、ぶら下がっている金色のニンジンは、表面的な物理的な「美しさ」への欲求であり、「完璧な」顔と体を持つことへの執着であり、これらのテクノロジーが私たちに簡単に提供できるものです。

美容整形、ボトックス、フィラーで自分の体を切断し、フォトショップで加工したり、大量にフィルターをかけた自分の写真のように見せようとする人が増えているため、これによってボディイメージの問題や醜形恐怖症の次の波が来るのはすでに目に見えています。

次に、彼らは外科医やボトックス注射器に、AI 版の自分に近づけるように依頼するかもしれません。

彼らが求める「完璧」は、ますます合成され、コンピュータ化された画像によって普及した美の基準に基づいてプログラムされており、また、社会や有名人のインフルエンサーたちが彼らに教えてくれていることも合わせて組み込まれています。

現在の「ホットでセクシー」は、それは神が与えた自然の美しさの基準に基づくものではありません。

私たちの美に対する考え方は、すでにより人工的なものになっています。

 

 

魂の具現化と心理的・スピリチュアル的なセルフワークの必要性

AI/トランスヒューマニズムの罠から抜け出す唯一の方法は、魂の具現化です。あなたが自分の魂や本質とつながり、それを自分の中に定着させ、それを自分の人生の主人にすればするほど(条件づけられたエゴ人格ではなく)、この AI の乗っ取りやその他すべてのことによる誘惑や影響を受けることは少なくなります。

実際、健康な免疫システムがあらゆる病原体を拒絶するのと同じように、あなたは自然にそれを拒絶するでしょう。

AI バージョンの自分を作成したり、手術、ボトックス、または美容注射を受けたりすることで、人為的に外見を変える必要性を感じることはないでしょう。

あなたが自分という存在にしっかりと根ざしていればいるほど、魂から発せられる純粋な神聖な美しさでさらに輝くようになります。あなたは自分自身の中に喜びと満足感で平安を感じ、真の内なる光で暗闇を照らし出すでしょう。

同時に、あなたは高次の神聖な魂が注入された意識と良心に基づいてこのテクノロジーを誠実に使用できるようになります。今、それがますます明らかになってきています。

これはあなたの魂をめぐる戦争です。

この「戦争」という表現は文字通りで、誇張はありません。敵対的な勢力は、あなたの弱点や不安をターゲットにして誘惑を通じて働きます。文化においてはトレンドとして現れます。自由意志に基づいて行動する人が減れば減るほど、大衆は集団精神病に乗っ取られやすくなります。

自分がどれほど簡単にプログラムされ、集団精神病に引き込まれてしまうかを知るためには、謙虚さが必要です。トレンドを追いたいという誘惑には抵抗してください。

これは人類にとって、そして私たち一人一人にとって大きな訓練です。

危機に瀕しているものを過小評価しないでください。また、自分自身を過大評価しないでください。恐怖や被害妄想に陥らないでください。気づき、地に足を着け、意識を保ち続けてください。

目覚める前に、私たちは自分がどれだけ眠っているのかを自分自身に認めなければなりません。世界で「善」を行い、他の人を「助ける」前に、私たちは自分自身の中にある悪の可能性、利己主義、ナルシシズムに直面し、自分がすでにそれにどのように貢献しているかを認識する必要があります。

すべては相互に関連しています。何も孤立していません。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2023年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 人類の覚醒と真実, 悪魔の輪郭
-, ,

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.