[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 人類の覚醒と真実 日記

皆様が「現在の私の Google になって下さっている」というありがたい現実

投稿日:2020年6月8日 更新日:


・2020年3月10日 ロックダウン直前の米カリフォルニア州沖に出現した蜃気楼。Mila Zinkova




 

ま、このぉ(いきなり田中角栄さんかよ)。

いやいや、ナイーブな美青年が道を歩いているような感覚といいますか、まるで熟した果実が木の上で惹起するという…(何の例えにもなってないから)。

 

さて、みなさま。

 

気の狂った話はともかくとして、最近は、たとえばこちらの記事のように、10日に1度ほど、皆様方に、

「現在の In Deep の多くのページが Google さんでは検索されない」

ことについてお知らせしていまして、そのようなこともあり、リンクやクチコミなども含めまして、お気に入りの記事がありましたら、ご紹介していただければ嬉しいと存じています。

なお、Google さんの「検索順位方針の変更」があったのは、5月の上旬ですが、In Deep の表示回数がどのようになったのかは、たとえば、以下のグラフでイチモツ騒然……じゃない、一目瞭然だと思います。これは Google さん自身のデータですので、正確なものです。

半分とか、そういうレベルではないことになったことがおわかりになるかと思います。

 

ところが。

 

実際のところは、訪問されて下さっている方の数は、まあ減ったかもしれないですけれど、それほどには変わっていないのです。現在の In Deep は「直接訪問してきて下さる方が多い」ために、検索から除外されても、壊滅的なダメージというほどでもないのです。

ありがたいことだと思います。

これも、ひとえに私のナイスなダジャレのおかげかと…(ちがうから)。

 

実際のところ、現在の In Deep の多くの記事は「ダークウェブ」のように「インターネットの表面には出てこないもの」となっているのに、多くの方が今でも読んで下さる。

これはありがたいことだと思います。蟻が…(今はダジャレは考えなくていいから)。

 

最近は、検索除外の勢いも増しているようでして、一般的な話としてですが、たとえば、Google で、キーワード検索ではなく、

「タイトル全文で検索する」

とした場合、普通は、オリジナルの記事がトップに、あるいは、トップに近いところに表示されるのが普通です。

しかし、現在の In Deep では、それがなされない記事がとても多くなっています。

たとえば、最近は消毒のことなどを書かせていただくこともありまして、過剰な殺菌は「良くない」ということが私の基本的な主張ですけれど、たとえば、そのようなものも、Google さんの想定する規範から見ますと、

「社会に対して良くない思想」

だと見られるようで、たとえば、それに関してのある記事をタイトル全文で検索しますと、以下のように表示され、In Deep の記事そのものはどこまで行っても出てきません

しかし、これをご覧いただければおわかりになるかもしれないですが、いろいろな方のブログやウェブサイト、あるいはソーシャルネットで、私のその記事をリンクしていただいていたり、あるいは転載していただいていることで、私の書いた記事そのものに、そこから辿りついたり、あるいは内容を知ることができることがわかります。

つまり、いくら In Deep が検索除外されていても、記事そのものは、多くの方々の転載やリンクにより

「生きている」

のです。

 

ありがたいことだと思います。

これは、このような方々が「私の新しい Google となっている」ことを示すものなのかもしれません。私には、Google さんより強い Google さんたちがついているのだなあと思うと、肝臓を壊してしまいます(おいおい)、あ、違った、感動してしまいます。

 

私のサイトそのものに人など来なくても構わないのです。

どんな形であっても、それを知りたい方に内容が伝わるのであれば、こんなにありがたいことはありません。

ダジャレが伝わればそれでいいのです(そっちかよ)。

 

ふと、陳腐な表現ですけれど、

「人と人は助け合っている」

というような概念を思い、嬉しく感じます。

実際のところ、最近は、私自身、今の世の中について考えることも多く、「社会から姿を消しちゃおうかな」と思う日もありまして、いつまで情報を発信し続けられるのかわからない面もありますが、このように人のありがたさがわかるということを経験できているということはよかったです。

私も、そろそろ本来の姿である狸の権兵衛に戻る時がきたのかもしれないですが、それまでの間、よろしくお願いいたします。

 

定期的な御礼とお願いでした。

 

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。
Photo

In Deep は» 人気ブログランキングに登録しております。よろしければクリックなどしていただけると幸いです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2020年からの世界, 人類の覚醒と真実, 日記
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.