In Deep

地球最期のニュースと資料

*

スイス・欧州原子核研究機構(CERN)のLHCが過去最大の爆発的稼働を記録している現在、その隣で発生している異常な群発地震の記事の予告であります

   

やや慌ただしい日となっていまして、書きたい内容があり。その記事を書いてはいたのですが、完成には時間が少し足りませんでした。

ですので、その「予告」といってはアレですが、何を書いていたのかということだけ記しておたきいと思います。それぞれのリンク先なども提示していますので、興味のある方や、緊急性があるものではないでしょうけれど、記事で取りあげたいと思われる方などはご利用下されば幸いです。

それで、今、何が起きているかというと、まず、スイスで、ちょっと考えられない感じの下のような群発地震が起きています。

スイスのシャトー・デーで7月1日と2日の「2日間だけ」で発生した地震の一部

seismo.ethz.ch

この 7月1日からの地震の数は「 70回以上」に及んでいます。

どれも小さな地震ですが、小さな地震とはいえ、スイスは地震そのものがとても少ない場所で、このようなマグニチュード1クラスの地震であろうと、一日に何十回も起きるなんてことはないのです。さらに、この地震の中には「 マグニチュード 4.3」という、スイスの地震としては、 100年に1度クラスのものも含まれます。

こういうようなことになっているのですが、まあ、これだけなら、スイスの地域的な問題というだけのことですが、この地震には「オマケ」となる話があります。

それは、

このシャトー・デーという場所が、CERN (欧州原子核研究機構)の、すぐ隣(数十キロ)

ということと、その CERN が、数日前、

LHC (大型ハドロン衝突型加速器)が、「前例のない規模」の歴史的な粒子の観測を樹立した

と発表していたことが時期的にクロスしているのでした。

2017年6月30日のCERNのニュースリリース

CERN

この記録というのも、また、ものすごいもので、「通常の1年間で測定される粒子の8倍を、最近の数週間だけで達成した」のだそうで、どうやら、現在、LHC は「爆発的な稼働」をしているようなのです。

CERNとシャトー・デーの場所
・Google Map

 

・・・というようにですね。

・LHC が、かつてない粒子数を記録

している時に、

・その隣あたりで、かつてない群発地震が記録

されているという「偶然」が、とても興味深いものに見えたのです。

次の記事で、CERN のニュースリリースの翻訳を含めて、このことをもう少し詳しくお伝えできたらと思いますが、LHC と群発地震が関係ないものだとしても、起きていることは、「どちらも異常」ですので、それぞれ個別のものとしても興味深いものだと思われます。

明日、地球がまだあれば、早めに記事を更新したいと思います(そういうのを書くのはやめろって)。



 - 人類の未来, 悪魔の輪郭, 未来の地球 , , , , , ,