[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

人類の未来 健康の真実

日本では数百万人が服用しているあまりにも一般的な処方薬であるベンゾジアゼピン系の薬がアメリカで殺人ドラッグになり始めている

投稿日:2019年12月9日 更新日:

米国で依存による死者が続出している抗不安剤ザナックス(日本の「ソラナックス」と同じ)

What is Xanax?




 

それは日本でもありふれた処方薬

このブログでは、たまにベンゾジアゼピン系の抗不安剤についてのことを書かせていただくことがありますが、今日のニュースの見出しで、「米ラッパー、ジュース・ワールドさん死去 21歳」(AFP 2019/12/09)というものがありました。

ジュース・ワールドさんという人は、まったく知らない人ですが、報道の中に以下の文面がありました。

ワールドさんは2018年、米紙ニューヨーク・タイムズに対し、10代にザナックス(Xanax)を大量に摂取したが、今は薬物の使用を抑えることを目指していると話していた。

「ザナックス? なんだろ」と調べて、すぐにやや戦慄しました。

このザナックスというのは、日本でも心療内科や普通の内科などでも非常に幅広く処方されている「ソラナックス」と同じものだったのです。

ソラナックスは商品名で、その薬名はアルプラゾラムといい、Wikipedia には以下のようにあります。

アルプラゾラム - Wikipedia

アルプラゾラムは、ベンゾジアゼピン系の短期間作用型抗不安薬および筋弛緩薬の一種。半減期は約14時間。

日本では商品名ソラナックス、コンスタンで知られ、後発医薬品も多数出ており、適応は、心身症における身体症状と不安・緊張・抑うつ・睡眠障害である。

連用により依存症、急激な量の減少により離脱症状を生じることがある。向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定されている。麻薬及び向精神薬取締法の第三種向精神薬である。

調べますと、今のアメリカでは、このザナックス(ソラナックス)の「濫用」が問題となっているようで、先ほどのジュース・ワールドさんの死因はわからないにしても、ヒップホップに関する他のページを見てみますと、以下のような下りがありました。英語の部分はカタカナにしています。

HIP HOP DNA の記事より

若い頃にドラッグに関する楽曲を制作していたアーティストが最近になってドラッグ批判のテーマの楽曲をリリースする例も多い。

スリー・シックス・マフィアのメンバーであるジューシー・Jも、ザナックスを批判した楽曲「Neighbor」を最近リリースしており、同楽曲の歌詞で彼は「みんなが死に続けている。ザナックスなんてファ○クだ」と訴えている。

ここにも、

> (ザナックスで)みんなが死に続けている

とあり、アメリカでは、ベンゾジアゼピン系の抗不安剤でも、こんなことになっているということを初めて知りました。

なお、ザナックスの日本版のソラナックスですが、どれほど気楽に処方されているかというと、以前、うちの奥さんが普通の内科に風邪か何かの診察を受けた時に、

「仕事のストレスなのか緊張して眠れないことがあります」

と言った時に、ソラナックスが処方されていました。

高齢者などにはもっと気楽に処方されていると思われます。

パニック障害や神経症、不安症などに対しては、非常に多く処方されているはずです。

日本で最も処方されている抗不安剤は「デパス」というベンゾジアゼピン系の薬ですが、次点あたりの位置にあるのではないでしょうか。

さきほどのラッパーの人の訃報を読んで、「ベンゾジアゼピン系での死者ってどのくらいなのだろう」と、アメリカのベンゾジアゼピン系での死者数の推移を見てみますと、以下のようになっていました。


Wikipedia

2016年で 1万684人となっていて 2002年からは、5倍くらいに増えています。

病院でごく普通に処方される抗不安剤で年間 1万人以上が亡くなっているというのは、なかなかすごいことのようにも思います。

ちなみに、日本においては、こちらのナショナルジオグラフィックの記事によりますと、

> 日本人の実に5%以上が医療機関から処方されたベンゾジアゼピン受容体作動薬を定期服用しており

とありました。

「日本人の 5パーセント」はすごいです。

少なくとも、数百万人の日本人がベンゾジアゼピン系の薬を服用しているということになります。

 

ベンゾジアゼピン系と同じ働きをするものを私たちは本来持っている

私がブログにベンゾジアゼピン系の薬について書くのは、私自身が長くベンゾジアゼピン系の抗不安剤の依存者だったからですが、二十代の初めにパニック障害となり、23歳のときに心療内科に行きました。そこで、レキソタンというベンゾジアゼピン系の抗不安剤を処方されました。強い抗不安剤です。

若い時にメンタルの調子が悪い時には「濫用気味」になっていたこともあるのですが、今回のアメリカのグラフを見まして、

「二十代で死んじゃっていた可能性もあるんだな」

と初めて知りました。

いずれにしましても、最初に処方されて以来(1987年頃だと思います)、 30年間近く、時期により量の多少はあったにしても、基本的にはずっと服用していたということがあり、「ベンゾジアゼピン系の薬のやめにくさ」は痛感しています。

私自身がこのような依存状態になっていたわけですが、この抗不安剤をやめようと思ったのは、自分のこのブログで「西洋薬は基本的に良くない」ということを知ってからのことで、5年近く前になりますかね。

しかし、数十年続いたベンゾジアゼピン系の依存からは、そう簡単に離れられるものではなく、完全にやめられたのは、2018年の終わり頃から今年にかけてのことでした。

結局、完全にやめられたのは、「腸内環境の改善」というものに興味を持ち始めてからのことなのですが、その中で、

「ある種の腸内細菌の働きは、ベンゾジアゼピン系の抗不安剤と同じメカニズムを持つ」

ことを、さまざまな文章や資料などで知ったのです。

ベンゾジアゼピン系の薬の「作用」は、基本的に「脳内の神経伝達物質である GABA というものの産生を促す」ものです。

GABA (ギャバ)は、人にリラックスをもたらす神経伝達物質で、不安障害とかパニック障害とか、あるいは、うつ病などになる人たちは、基本的に GABA の産生が弱いか「産生されない」ようなのです。

このようなメンタルの疾患や症状を持つ人たちは、 GABA と共に、セロトニンという精神の安定に関わる神経伝達物質も少ないことがわかっています。

自閉症、行動異常、あるいは不眠症などの人たちも、やはり GABA やセロトニンの分泌が少ないことがわかっています。

要するに、GABA やセロトニンの産生が正常であれば、メンタルの病気には極めてなりにくいということがいえるのです。

では、

「このGABA やセロトニンは、体内の何が作り出しているのか」

といいますと、たとえば以下は、京都府立医科大学附属病院の内藤裕二医師のコラムからです。

腸内細菌のなかで神経伝達物資であるγアミノ酸(GABA)を産生する菌があることも確認されています。

とありますように、つまり、

「精神安定に必要な神経伝達物質 GABA は、腸内細菌が作っている」

のです。

ですので、私のように、もともと腸内環境が破壊していた人がメンタルの疾患になることは、ある意味で「当然」であり、放置しておけば、将来的にさらに厳しいメンタルの状況となっていったと思われます。

というより、以下の記事でとりあげましたけれど、「ほぼすべての腸内細菌が、何らかの神経伝達物質を産生している」ようなのです。

自殺の多くは腸内環境の改善で防ぐことができる可能性

そういう意味では、この記事のタイトルである「自殺の多くは腸内環境の改善で防ぐことができる」は決して大げさともいえず、多様なメンタル疾患や症状が、腸内環境の改善で良くなる、あるいは治癒の効果があると思われます。

何らかのメンタルの問題がある場合、腸内環境の改善に取り組むことは、少なくとも無駄になることはないと思います。

 

ところで、先ほどのアメリカのグラフでもわかりますが、アメリカなどでは、ベンゾジアゼピン系の薬の濫用が深刻な社会問題となっているようで、特にザナックス(ソラナックス)に関して特集したページが多いです。

その中に、「あなたの愛する人がザナックス中毒になっていないかどうかを知るには」というページがありまして、翻訳してご紹介したいと思います。

何しろ日本では、少なくとも 500万人以上の人たちが、ベンゾジアゼピン系を処方されていて、その多くは「依存」に陥っていると思われるわけです。

周囲は「病院からの処方薬なら安全なもの」と思われるかもしれないですが、先ほどのアメリカのベンゾジアゼピン系での死亡数を見ると、下手な違法薬物より危険である側面が見えるのです。

なお、ご紹介する記事では、ザナックス(日本名ソラナックス)を挙げていますが、基本的には、すべてのベンゾジアゼピン系の抗不安剤と睡眠薬は同じだと思われます。


5 Signs Your Loved One Is Addicted To Xanax

あなたの愛する人がザナックスに溺れていないかどうかを知る5つの徴候

ザナックスは、不安障害やパニック障害の治療に処方されるベンゾジアゼピン系の中枢神経系抑制薬の一種だ。ザナックスは、処方通りに服用した場合でも、ベンゾジアゼピンに対する耐性がすぐに生じるため、中毒になる可能性が高い。

依存症となるリスクが高まるため、必要なときに治療を求め、依存症を回避できるように、ザナックス依存症の兆候を知ることが重要だ。

ザナックス中毒の兆候としては、次のものが考えられる。

・身体症状
・心理的症状
・ザナックスへの執着
・ポリドラッグの使用(2つ以上の向精神薬を組み合わせて使用​​すること)
・人的損失

ザナックス濫用の物理的な兆候

ザナックス濫用の身体的兆候は、薬物を濫用していることを示す最も重要な指標である可能性がある。

ザナックスの濫用の物理的な兆候としては、次のものがある。

・眠気
・不明瞭な話し方
・頭痛
・めまい
・口渇
・吐き気
・ふらつき
・唾液分泌の増加
・性欲減退
・便秘
・他人との協調ができない

ザナックスに依存している人が、突然この薬の服用をやめてはいけない。それをすると、重度で不快な離脱症状につながる可能性がある。ザナックス離脱の症状には、筋肉痛やこわばり、心臓のリズムの変化、震えなどがある。

ザナックス濫用の心理的兆候

ザナックスのようなベンゾジアゼピン系の薬は、誤用されるとさまざまな心理的症状を引き起こす可能性がある。

ザナックスの乱用とザナックス中毒には明確な違いがある。

特定の時間、または特定の機会にザナックスを乱用する人は、いつでも使用を停止できる可能性が高い。しかし、ザナックスへの依存症を持つ人々は、薬物から得られる精神状態を維持するために、薬物を継続して摂取する衝動を制御することができなくなる。

ザナックス中毒の人は、正常に機能するために薬が必要になる。また、ザナックスなしでは日常生活を過ごすことができないと思い込んでしまう可能性もある。

ザナックスへの中毒での他の心理的効果には以下が含まれる。

・混乱する
・突然イライラする
・饒舌になる
・双極性障害的な状態
・物事を覚えるのに苦労する
・長時間の注意が必要なタスクの回避

ザナックスは中枢神経系の脳機能を低下させることで機能するため、推奨用量を超えて服用している人は、以前よりも不活発で無関心になる可能性がある。

ザナックスへの執着

ザナックスに対して身体的に依存している人は、ザナックスに夢中になり、より多くのザナックスを摂取し、その摂取量を増やしていきやすい。この強迫観念が中毒に先行する傾向がある。

ザナックスを含むベンゾジアゼピン系の薬物は、今日のアメリカで最も処方されている抗不安剤・抗うつ剤のひとつでもある。

ザナックスに依存するようになると、自傷の可能性があるにもかかわらず、薬物を使い続ける衝動を制御できなくなる。

ザナックス中毒の治療

自分だけでザナックスの使用をやめる試みは推奨されない。ベンゾジアゼピン系の習慣を形成する性質と、重度の禁断症状により、デトックスのプロセス中にむしろザナックスに対する渇望が圧倒的に強くなる可能性がある。

ザナックス中毒の治療を受け、個人の最高のケアと安全を確保するためには、入院治療施設で行うのが最善だ。

 
>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
登録へ進む





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-人類の未来, 健康の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.