ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

7月12日にメルマガマスクがもたらす「子どものガン」。そして将来の飢餓が子どもたちにもたらすものを発行させていただきました。

2022年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 人類の覚醒と真実 悪魔の輪郭

異端が排除される狂気の時代に、カナダの新しいT4作戦による大量死を眺め見て、さてそれをどう感じるか(何も感じなかったりして)

投稿日:




 

最近、アメリカの金融専門家であるチャールズ・ヒュー・スミスさんという方のブログ記事を読みまして、「ああ、なんかそうだなあ」と思いました。

普通はこう感じるのが普通かなあと。

今回の本題とはまったく関係ない話ですが、まず、そのヒュー・スミスさんの記事をご紹介します。


大いなる狂気が大地を席巻している

A Great Madness Sweeps the Land
charleshughsmith.blogspot.com 2022/12/18

狂気そのものを目の当たりにする者には、ただ 1つの逃げ道しかない。地に落ち、世間の注目から消え去り、自立し、迫り来る嵐を隅々まで乗り切ることだ。

大いなる狂気が大地を席巻している。

貪欲、信憑性、信念、不平等、大げさ、無謀、詐欺、腐敗、傲慢、プライド、行き過ぎ、独善、そして、自分の意見の正しさへの傲慢な自信に際限がなくなっている。

極端さの愚かさが合理性を疲れさせているとしても、極端さはますます極端になるだけになっている。

架空の罪が、無実の人たちに有罪判決を下すためにどこからともなく呼び起こされ、最もひどい詐欺と腐敗の罪を犯した人物たちが救世主として称賛されている。

国民たちの気分は悪化し、苦々しく重い。独善、憤り、権利、恨み…が、国民精神を貧しくしてきた。これらの行き過ぎによって破産し、残っているわずかな宝はささいな復讐の陰謀に浪費される。

常に盲目であることが楽観主義として歓迎され、テクノロジーの偽りの神々への信頼が神聖化され、テクノクラートの神権政治に懐疑的な人々は取り返しのつかない異教徒として十字架にはりつけられる。

魔女狩りと見世物裁判は日常茶飯事であり、提唱された路線に耐えられない者たちは執拗に粛清され、カルトの失敗をひそかに恐れるもろい真の信者たちは健全な懐疑論を大罪として非難する。

異端者たちの姿が、集団ヒステリーに巻き込まれた人々の隙間に見える。

有毒な傲慢、独善、憤慨、権利、恨み、のこの窒息する雰囲気の中で、 謙虚さを持つ者は敗者であり、慎重さを持つ者は敗者であり、注意深い者は敗者であり、懐疑的に調べる者たちは敗者に属する。

原因と結果から完全に解き放たれ、限りない拡大という輝かしい未来の必然性に自信を持っている人々は、将来の栄光の証拠として過去の栄光にしがみついている。

彼らが深淵につまずくとき、彼らの最後の叫びは、自信だけでは十分ではないという驚きだろう。

狂気の正体を知る者たちは、ただひとつの逃げ道を持っている。

それは、地上に降り、世間の注目から消え去り、自立し、原因と結果、懐疑的な調査、謙虚さ、慎重さ、倹約の隅々で来るべき嵐を乗り切る。

まだ、そうなることのできる時間はある。


 

ここまでです。

いやあ、いい文章だなと思いましたけれど、この中の「逃げ道を持つ方法」としてある中の、

> 世間の注目から消え去り…

というのは、本当は以前はもっと厳格に行いたかったんですよね。

この In 何とかっていうブログが「誰が、どのような人が書いているのか」を「完全にわからなく」したかった

でも、以前いろいろと出版させていただいたり、メルマガなどを出させていただいたりするにあたり、「オカ」という名前はどうしても出てきてしまいます。

「もっと地下に潜りたかったなあ」

というのが本音ですが、それでも、ブログでもメルマガでも、自分でも思いもしないようなさまざまなことを知ったり書いたりできることもあるのは事実で、それが、オカという名前のせいなのか(そりゃないわ)、ともかく、これまでとても充実していたことは事実です。

 

今生きていて感じることとしては、チャールズ・ヒュー・スミスさんが書かれているのと同じような部分も多いです。

 

> 大いなる狂気が大地を席巻している。貪欲、信憑性、信念、不平等、大げさ、無謀、詐欺、腐敗、傲慢…

> …架空の罪が、無実の人たちに有罪判決を下すためにどこからともなく呼び起こされ…

> …常に盲目であることが楽観主義として歓迎され、テクノロジーの偽りの神々への信頼が神聖化され、テクノクラートの神権政治に懐疑的な人々は取り返しのつかない異教徒として十字架にはりつけられる。

> …魔女狩りと見世物裁判は日常茶飯事であり、提唱された路線に耐えられない者たちは執拗に粛清され…

 

そして気づけば、

異端者たちの姿が、集団ヒステリーに巻き込まれた人々の隙間に見える。

の「異端者」になっていたりします。

私自身、「そんな異端もいたんかい」と言われるような異端だったかもしれないですが、それでもなお「異端と言ったんかい?」と返すような(まだ続けるか)……そんな私で私はありたい(なんなんだよ)。

さて、今回のテーマは「拡大する安楽死幇助」ですッ 。

 

カナダでは死亡総数の3.3%が安楽死によるものにまで発展

少し前に英デイリーメールが、カナダで安楽死制度がさらに拡大していることを報じていました。

これまでは、いわゆる末期的な疾患の人などに対してのものが中心でしたが、今のカナダでは、すでにそういう基準はなくなっていて、そして、今度は「重症軽症を問わず、すべての精神疾患患者に安楽死適用を拡大する」ことが決められつつあるようです。

以下に記事があります。

リベラルなカナダのキリングフィールド:衝撃的な数字は、末期症状ではない人々を含む数千人が、世界で最もオープンな自殺幇助システムの下で命を絶つことを選択していることを明らかにしている
Killing fields of liberal Canada: Shocking figures reveal thousands including those who aren't terminally ill are choosing to end their lives under the world's most open assisted suicide system as fears emerge scheme could be rolled out to children
dailymail.co.uk 2022/12/17

 

このカナダの安楽死幇助法は、MAiD (Medical Assistance in Dying)と呼ばれるもので、2016年に開始された後、拡大しています。

今では、どの程度になったのかということが、デイリーメールに記されています。

 

(英デイリーメールより)

> 世界で最も寛容な政府の自殺幇助プログラムを利用するカナダ人の数が増加し、昨年だけで 10,000 人以上になったばかりだ。

> この数字は、死亡したカナダ人の総数の 3.3%に相当し、前年から 32.4%増加した

> 実際、カナダの安楽死法は非常に寛大であり、病状が末期である必要はない

> カナダ政府は、その MAiD を精神障害者、さらには潜在的に子供にまで拡大しようとしており、ケベック医科大学は重病または障害のある新生児の安楽死を合法化するよう求めている。 dailymail.co.uk

 

これは結局何がおこなわれているかというと、ナチスの T4作戦と同じことになってきていると。犠牲者の人数も、あと数年で T4作戦と並ぶか超えると見られます。

「 T4作戦 (Aktion T4)」というのは、精神障害者、身体障害者、てんかん、奇形、遺伝病、アルコール依存症の人たちなどを含めて、合法的に一掃することを実行したもので、1939年から始まりました。

以下の昨年の記事で一部書いています。

 

[記事] マスク…統制…娯楽の剥奪…。弱い者から集中的に社会から削除するパンデミック政策のメカニズム
 In Deep 2021年5月19日

 

そこで翻訳した記事から抜粋しますと、以下のようなものでした。

「優生学」の歴史

ナチスドイツは、当時世界中で人気のあったイデオロギーである優生学の疑似科学の影響もあり、人種の純粋さに取りつかれていた。

ヒトラーが 1933年に権力を握った直後、ナチスは不妊と安楽死プログラムを通じて、当時のドイツにとって望ましくないと考えられる人たちを一掃し始めた

これらの恐ろしく非人道的なプログラムの犠牲者には、精神障害者、身体障害者、てんかん、奇形、遺伝病、アルコール依存症などが含まれていた。

安楽死プログラムは、ティーアガルテン通り4 (ベルリンの調整事務所の住所)のコードネームである「 T4作戦」として知られていた。

その最初の犠牲者は乳児と幼児たちだった。しかし、すぐに年長の子どもたちとティーンエイジャーが含まれ始めた。

1939年以降、障害者のための病院や家は、乳幼児の組織的な殺害を開始した

誰が生きるか死ぬかを決めたのは医師だったが、それを行ったのは当時のドイツでは通常女性であった看護師たちであり、それらの命令を実行したのは何人かの男性看護師たちだった。

子どもたちは、致死的な注射、飢餓、または曝露による低体温症、場合によっては医学的実験、身体的虐待のいずれかによって殺された

多くの看護師たちはこの種の大量虐殺への参加を拒否し、多くの看護師が参加しなかった。しかし、拒否した人は罰せられることはなく、単に別の病院や病棟に移された。つまり、これらの施設で子どもたち、その後は大人たちを殺した看護師たちは彼ら自身の自由意志でそうしていた

別の処刑方法は、子どもたちにピクニックに行くことを伝えることだった。

ピクニックランチが提供され、看護師がバスに乗るのを手伝ってくれる。しかし、子どもたちはそれが「移動式ガス室に改造された密閉バス」であることを知らない。排気ガスパイプは内部に噴出するように設定されていた。

バスが走り、排気ガスがバス内を満たし、病院に戻るまでに子どもたちは全員死亡していた。 globalresearch.ca

これは記事の途中からですが、作者のこの記事の主張は「マスク義務に反対する」ものでした。

マスク着用義務から、優生学にまで思いが進んだものです。

私もまあ、マスクや社会的距離などが言われ始めた頃、「これは殺戮だ」という似たような感覚はありましたので、当時ご紹介した次第でした。

一連のパンデミック政策が、穏やかな粛正であったことは、今となって少しずつ明白になってきているのではないでしょうか。

毎日毎日、著名人がそれほどの高齢ではなく亡くなっていることが報じられ続けています。毎日毎日です

 

それはともかく、粛正であることが明確化している「基準の甘い安楽死」について、現在どれほどの国でどれほどの規定で広がっているかを、ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏のザ・ディフェンダーが記事にしていました。

今回はそれをご紹介して締めさせていただきます。




 


安楽死。それは子供たちの間でさえ増加している - 死への需要の傾向を駆り立てているものは何なのか

Euthanasia, Even Among Children, Is on the Rise — What’s Driving the Trend to Market Death?
childrenshealthdefense.org 2022/12/16

安楽死および自殺幇助の世界的な傾向の高まりは、特に子供や若者の間で、新しい法律の相次ぐ背後にある本当の動機についての懸念を高める

「医師による自殺幇助」、「自殺幇助」、「死亡幇助」、および安楽死は、それぞれわずかに異なる法的意味合いを持っているが、これらはすべて、死を早めるための医療介入を指し、主な違いは「最終的な致命的な行為を実行する人」についてを示す。

昨年、カナダの死亡者の 3.3%が MAiD (安楽死幇助法)の下で発生し、 2020年に比べて 32.4%の増加を表し、カナダのすべての州で 18歳から 45歳の年齢層において「前年比で着実に増加」している。

オンタリオ州で MAID を利用した最初の 100人のうち、5%以上 が 35 ~ 54歳の若年成人だった。

安楽死が認められているオランダとベルギーでは、60歳未満が安楽死の 12.5%(オランダ)と 15% (ベルギー)を占める。

MAiD の資格を若者に拡大することは、早ければ 2023年に実現する可能性があり、これは、「カナダの子供たちが車を運転できる年齢になる前に、医師が彼らの命を絶つことに同意することが許可される可能性がある」ことを意味する。

カナダの医師であるチャールズ・ホッフェ氏は、こう皮肉を込めて述べた。「人口を減らすために、政府がしようとしているように見えるこれらの努力は驚くべきものです」

 

最年少を含め、増加傾向

安楽死または医師による自殺幇助の合法化は、世界的に増加傾向にあり、「止められないように見える勢い」を示している。

人類の歴史の大部分を通じて「禁止され、道徳的に非難された」慣行を支持する国がますます増えているだけでなく、それを許可しているすべての国または地域は、カナダと同じように年々増加している。

特に若者の死期を早めることに関して言えば、カナダだけが特別ということではない。

ベルギーは、2014年にすべての年齢の子供に対する薬物注射を合法化した最初の国となり、 12年前に成人および解放された未成年者に対する合法的な安楽死(明示的に「医療」と定義)の基礎を築いた。

デイリーメールによると、2016年と 2017年にベルギーのこの過激な法律により、30歳未満のうちの 3人の子供と 19人の若者が安楽死に導かれた。ベルギーは、2019年に別の子供の安楽死を報告した。

また、子供の安楽死の先駆けとなっているのはオランダで、2002年の法律で成人の安楽死が確立されただけでなく、2007年には適格条件の範囲が拡大され、12歳以上の子供の安楽死が許可された。

16歳からは安楽死に保護者の同意は不要だ。

最初の 10年間で、12歳の 1人を含む 5人のオランダの若者が死亡した。

また、オランダの医師は、指定されたプロトコルに従う限り、訴追を恐れることなく、生後 1年以内に特定の赤ちゃんを安楽死させることもできる。

2022年後半、ケベック医科大学のメンバーは、カナダ議会にこのオランダと似た提案を行い、「重度の奇形または非常に深刻で重度の症候群」を持つ赤ちゃんは自殺幇助の候補になることを示唆した。

生命倫理学者や、多くのカナダの医師たちはこれに反対し、これは「親、医師、個人的、社会的、経済的偏見の余地が多すぎる」と指摘した。

2020年後半、オランダ保健福祉スポーツ省は、1歳から 12歳までの子供に「積極的な終末」を適用するための措置を講じ始めた。

オランダのエルンスト・カイパース保健相は、2022年 6月の国会議員へのブリーフィングで、12歳未満の安楽死のケースを更新した。

一方、2022年 5月、コロンビアは安楽死を合法化し、医学的自殺幇助を支持した最初のラテンアメリカの国となった。コロンビアの法律は 6歳の子供から適用される。

自殺幇助(安楽死ではない)が 70年にわたって合法化されているスイスは、すべての年齢層の慣行を正常化する上で影響力のある役割を果たしており、死を喜んで提供するため、洗練されたデザイナーが家具を備えたクリニックで有利な自殺ツアーが、海外の自殺希望者たちを引き付けている。

2014年の調査によると、スイスの自殺幇助の 5人に 1人は 65歳未満の成人であり、18歳の若者も含まれていた。

1年前、スイスは、人々が自殺するための派手な新しい方法を合法化した。これは機器の内部を窒素で満たし、10分以内に死亡する幇助機器だ。

 

なぜ死なのか?

2017年、オランダのキリスト教 SGP 政党の党首であるキース・ファン・デル・スターイ氏は、ウォールストリート ジャーナルで、彼の国の「安楽死文化」について懸念を表明し、他の著名人たちも状況が「悪化している可能性がある」ことに同意した。手に負えなくなっていると彼らは言う。

その年、オランダの政治家たちは、「完全に健康な人々の安楽死」を合法化するオプションについて議論し、「自分の人生が完全であると判断した75歳以上の人は誰でも安楽死を受けることができる」ようにした。

2015 年、ベルギーの医師は、「静かで安定した家庭で」育ったにも関わらず、生涯にわたる「死の願い」を自分自身に確信させた健康な 24歳の女性を安楽死させることに同意した。

オランダでは 2011年から 2014年の間に、医師が精神障害のみを理由に 110人を安楽死させた。

カナダ、オランダなどでは、自殺幇助の候補者のランクには、若者や精神障害者だけでなく、ホームレス、貧しい人々、身体障害者、慢性的な痛みを持つ人々など、他の疎外されたグループも含まれるようになる可能性が高いと示唆する人たちもいる。

あるいは「政府が社会にふさわしくないと感じている反対者」でさえ、そこに含まれる可能性がある。

批判的な人々は、医学的幇助死は、人間の尊厳を守る代わりに、「弱者を殺す方法のように思われ」、自殺幇助が利用できるようになったことで「絶望を誘発し、精神医学的および社会的サービスの改善に対する圧力を取り除く」と主張している。

 

あからさまなこと…そして隠されたこと

米国では、医師による自殺幇助は 10の州と首都で合法化されており、半分は過去 5年間で合法化されたものだ。2009年から 2021年まで、バーモント州、カリフォルニア州、コロラド州、コロンビア特別区、ハワイ州、メイン州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州で合法化された。

パンデミックに拍車をかけられたリモートヘルスケアへの傾向を反映して、バーモント州知事は今年、「死に至る援助」のルートとして遠隔医療を許可する法律に署名した。この法案は、患者が処方箋を得るために通常必要とされる「2回の対面相談と、48時間の待機期間」を放棄することを可能にし、また医療提供者と薬剤師に完全な法的免除を与える。

名目上、他人の死を幇助した者には最大 14年の禁錮刑を約束している英国では、信頼できる現場報告は、秘密の安楽死の使用を「医療プロトコル」として説明しており、保健長官の報告を含む破滅的な証拠がある。

英国は、2020年 3月に死刑執行薬ミダゾラムの 2年分を前例のない規模で取得した。

英国市民は、2020年4月以降、英国の介護施設で 136,000人以上の高齢者が死亡したことを「ミダゾラム殺人事件」と呼んでいるが、少なくとも 2008 年以来「英国政府と、その機関は安楽死が完全に合法であるかのように行動してきた」ことも指摘されている。

ある作家は、医学的幇助自殺がどのように「進歩的」で「リベラル」な価値観として愛されるようになったかを説明し、「社会がリベラルなままであっても、文明的ではなくなったらどうなるだろうか?」と尋ねている。

安楽死を支持する文化的条件付けが強まるにつれ、世界中の市民は、生ではなく死を静かに、そして公然と祝うという政府の動機を早急に問う必要がある。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2022年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 人類の覚醒と真実, 悪魔の輪郭
-, ,

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.