2019年からの世界 拡大する自然災害 日本の未来

オカ某氏、自分が住む場所の真上をスーパー台風19号の中心が通過していくことが濃厚となり、カテゴリー3の直撃という生まれて初めての経験にややアセり中

投稿日:

下の衛星写真の台風19号の顔を見ていてですね、「・・・その顔は笑ってるだろ」と台風に思わず呟いた今日は 10月10日であります。

2019年10月10日の台風19号の衛星写真

Fox News, Joint Typhoon Warning Center




スーパー台風の中心が

先日、こちらの In Deepの

「観測史上で最も異常な急発達をした暴風雨」のひとつといえる超モンスター台風ハギビス(台風19号)が異様な姿と共に、日本にやってくる

という記事で、日本に向かっている台風19号(英名:ハギビス)が、異様な速度で急速に発達したやや異常な台風だったということにふれたのですけれど、その後、このハギビスの衛星写真をまとめて地球の記録の記事にしているうちに、

「結局、進路はどうなってるのだろう?」

と思いまして、いくつかの進路予想などを見ていまして、「これはこれは」と思わず呟いたのでありました。何と、この最強クラスの台風19号は、私の住んでいる場所を中心点として進行してくることがわかったのです。

以下が台風19号の進路予想で、黄色の線が台風の進路の予想円の中心線です。そして、私オカが暮らしている場所も星印でマーキングしてあります。

台風19号の進路予想

ウェザーニュース

もう少し拡大しますとですね、下のようになります。

もちろん、予想円は変化していくとはいえ、他のいろいろな予想を見ても、おおむねこのような進路となるようです。関東のこのあたりを、こんな勢力の強い台風がダイレクトに通過していくのは、かつてあったのでしょうかね。

この予想ルートを見ますと、静岡、神奈川、東京、埼玉、茨城という人口の非常に多い場所を通過していくわけで、台風のサイズもかなり大きいですので、東京などは、全域が暴風圏に入るのではないでしょうか。あと、台風被害の影響が残る千葉県も、全域が強風の圏内に入ることになりそうです。

「うーん・・・」

と考えていましたが、これはもう今日から準備したほうがいいなということで、本日は、準備中心ということにさせていただこうと思います。

何しろ、わたくし、植物やメダカの養育場などを含めて、いろいろとベランダに置かせていただいているのですね。全部を屋内に入れることは不可能そうですので、いろいろ安定策などを考えなければと。

それに、いろいろと準備しておくものも必要そうですし。

予想ルートのままで直撃してきた場合、先ほど挙げました静岡、神奈川、東京、埼玉、茨城などのどこかでは(すぐ復旧するにしても)必ず停電が起きるはずですので、その用意も多少しておきたいです。

どのくらいの勢力で突っ込んでくるかというのは、その時になってみないとわからないですけれど、気象庁は、日本に上陸する際には、950ヘクトパスカルなどの、非常に強いレベルを維持している可能性があると想定していました。海外の気象機関でも、最大でカテゴリー3ほどで日本に接近・上陸する予測が多く見られます。

アメリカの予測

Accu Weather

若い人だけではなく、最近は多くの人たちが、「とても」という形容を「めっちゃ」というように言うようになりました。つまり「とても美味しい」ではなく、「めっちゃ美味しい」というように使いますが、台風19号は「めっちゃ強い」ままやってくるようです。

もっとも、台風というものは、海の上にあってこそ勢力を維持できるものであり、上陸後は急速に勢力が衰えるのが普通ですので、そう長く暴風は続かない・・・といいなとは思いますが、カテゴリー3の直撃なんて人生で初めてのことですので、あまり想像はできないです。

それに、やはり今年は、暴風雨での被害が世界中でひどくて、その記憶が強いこともあります。

台風やハリケーン、インドではモンスーンなどの被害が年々ひどくなっていて、だから、台風ひとつでも気にはなるのですね。

日本でも、千葉の台風被害は、今も多くが原状復帰していないと伝えられていますし、ハリケーン・ドリアンの直撃により建物やインフラが跡形もなく消え去ったバハマ諸島のいくつかの島などは、今どうなっているのだろうとか、いろいろ思います。

9月13日 ハリケーン・ドリアン通過後のアバコ島。家はほぼすべて倒壊か浸水

earthreview.net

そういえば、昨日 10月9日は、関東では地震もあったのでした。私の住むところでも、やや揺れました。わりと珍しい「震源が東京23区」の地震でしたが、報道によれば、東京都23区を震源とする震度 3以上の地震が発生したのは、2016年6月30日以来、3年ぶりなのだそうです。

なお、今回の台風19号の英語名ハギビスというのは、本当に覚えにくい名前ですが、調べてみますと、フィリピンのタガログ語が語源のようです。英語にしますと、「 swift passing 」と表示されまして、これは「素早い通過」という意味のようです。

この名前のように、あっという間に過ぎ去ってほしいところではあります。

そんなわけで、明日から早くも雨が降り出すようですので、今日のうちに土曜日の準備をしておきたいと思いまして、このあたりまでとさせていただきます。

影響を受けそうな地域にお住まいの方々も、ご無事でお過ごしされますように。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

5

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...

8

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

9

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

10

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

-2019年からの世界, 拡大する自然災害, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.