地球最期のニュースと資料

In Deep

「 サイクル25 」 一覧

2019年、黒点が出現しない日の比率が太陽観測史上で最大を記録し、ついに太陽は歴史的な極小期に突入。この状態はこれから何年続くのか

2019年10月26日の太陽黒点の状況(黒点数0は222日目に) ・NASA   2019年は太陽観測史上で最も活動が弱い年に 10月26日、NASA は、 「 2019年に太陽黒点が出なか ...



米NASAが次の太陽活動周期サイクル25は「過去200年間で最も弱くなる」という予測を公式に発表。2032年頃まで続くその環境の中の地球はどうなる?

・NASA   NASAが発表した最新の太陽活動予測の予想以上の「弱さ」 太陽活動は、約 11年の周期で繰り返されていまして、現在は「サイクル24」という活動周期の最後の時期にあたります。 ...

戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向

2019年5月20日 コロナホールによりボコボコになっているように見える太陽 ・NASA   太陽はとても不安定ですが 海外のブログで、「太陽活動と社会の関係。そして、これからの状況」につい ...



宇宙線の地球への到達量がもうじき「観測史上最高値」を突破する

・NASA SCIENCE   もうじき観測史上最大の記録に ・宇宙線のイメージ図 / spaceweather   太陽活動が弱まっていく中で、地球に到達する宇宙線の量が急増して ...

歴史的に弱かった太陽活動周期サイクル24の「次の活動周期」について、NOAAやNASAの専門家集団が「非常に弱くなる」と発表。それにより地球にはどんな状態が出現するのか

2019年4月10日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather   次の太陽活動周期はどのようなものに NOAA (アメリカ海洋大気庁)や NASA の太陽研究の専門家集団によ ...



太陽黒点のない2017年から起きること

・NASA   2017年最初の1週間の「太陽黒点数」 ・NASA Sponsored Link   黒点0が定着しつつある中で 右サイドに「 2016年下半期(7-12月)のアク ...

歴史的に弱い太陽活動だったサイクル24の次の「新しい時代の新しい太陽活動」はどんな方向に? もう少しでそれは明らかに

2016年3月18日に米国アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ ・Spaceweather Gallery   先日、アラスカで上のような「鳳凰」のごときオーロラが撮影されたことが、 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.