「 スパイクタンパク質 」 一覧

今後… : 世界中の研究で、コロナ感染で入院した患者は退院後「数ヶ月後あるいは翌年までに死亡するリスクが大幅に高い」ことが判明。その原因がスパイクタンパク質だとしたら

コロナあるいはスパイクタンパク質の「中長期の死への影響」が明らかに 今日の米国ブルームバーグの報道で、 「コロナで入院して退院した人たちの数ヶ月後までの死亡率の高さ」 に関する最近の複数の研究が取り上 ...



薬剤過剰反応の報道が相次ぐ中、ヒトヘルペスウイルス6型が影響を及ぼす可能性のある「すべての病気」を調べた2022年のお正月

pikist.com 薬剤過敏症の原因を知り 昨年の秋くらいから、具体的にどなたかはともかく、有名人の方などの「アナフィラキシー反応による搬送」などの報道をたまに見ます。 それらの多くは、いわゆる普通 ...

ドイツの調査で、基礎疾患のない5歳から17歳の子どもたちの新型コロナでの死亡数は「完全なゼロ」であることが判明。一方、ワクチンによる子どもたちの被害は

何もしなければ子どもはコロナで誰も死ぬことはなかったのに アメリカやオーストリアなどを含めて、多くの国々で「 11歳以下への mRNAワクチン接種」が始まっています。 日本でも、子どもたちへの接種を検 ...



結局スパイクタンパク質を用いる治療・予防薬は開発中の国産を含めて「すべて」良くないのかもしれないと、中国での後遺症らきしものの報道を見て思う

  中国で実際に起きていることはわからないながらも 今日、日本の報道というか記事で、以下のようなタイトルのものを見ました。書かれたのは、中央大学 政策文化総合研究所客員研究員の北村 豊さんと ...

オミクロンってのは本当に自然の変異の産物なのか? …と思わせる「別の遺伝子の断片が挿入している」ことを判明させた国際的研究の解析結果

  コロナの変異歴で初めて起きた「遺伝子の挿入」変異 オミクロン株というものが最初に世界各国で「派手に喧伝」された時には、正直「またなんかやろうとしてんのかよ」的な穿った見方をしていました。 ...



選択圧が生み出したと思われる過去最大の変異を遂げたコロナ「オミクロン株」。予備調査で感染率500倍説も

  あり得ないスパイクタンパクの変異の数 昨日は、世界中で株価が劇的に下がったりしていまして「なんかあったのかなあ」とは思っていましたが、その理由とされるひとつが、後に WHO によって「オ ...

免疫を失うメカニズムがまたひとつ : スウェーデンの研究が、スパイクタンパク質は V(D)J組換えと呼ばれる「獲得免疫の根本システムを阻害」することを示す。自然感染、ワクチン共に

  さらに見つかるスパイクタンパク質の潜在的影響 自然のコロナ感染にしても、あるいは、一部の人たちだけにしても、ワクチン接種後に大幅に免疫応答が下がる傾向があることは知られています。 また、 ...



ヒトヘルペスウイルス再活性化の嵐で日本の将来的な社会像が見えにくくなる中、スーパーフード「松」について

2021/09/09    , ,

  影響は無限大へと いやいや、前回までの以下の三本の記事を書いた後、何だか精神的に疲れてしまいまして、今回はこれらの話をメインにするのはいったんやめておきます。 コロナの長期後遺症の原因が ...

永遠のワクチン接種の発言を聞きながら、スパイクタンパク質は神経疾患や精神疾患と強く関係する「MAO」に結合するという新しい研究論文から思う、やはりやや暗い未来

モノアミン酸化酵素(MAO) MAOは神経伝達物質の不活性化に必要不可欠な役割を果たすため、MAOの機能異常は多数の精神疾患と神経疾患の原因となっていると考えられている。 (Wikipedia) &n ...



妊娠されている方々が知ったほうがいいと強く思ういくつかのこと

  最後の扉が開きはじめて 今日、以下のニュースを見かけ、「ああ、ついに来たかこれ」と思いながら眺めていました。 最近なんか落ち込むニュースが多く、これもまたそのひとつですね。 日産婦「妊婦 ...

臨床で使われたものと現在実際に使われているコロナワクチンは「異なるもの」だと知る中で始まってしまった「ワクチンmRNAのゲノム改変を探究する旅」

  臨床試験で使われたワクチンと現在使用されているワクチンは異なる かつての粋な文人なんかは、早朝ほの暗い書斎で歴史ある漢詩などに目を通す、なんてこともあったかもしれないですが、私も早朝に目 ...



ワクチンによる不妊と流産をめぐるシンシチンとヒト絨毛性ゴナドトロピン探究の旅は続く

妊娠のメカニズム 意図したわけではないのですが、連続して、コロナワクチンの妊娠あるいは生殖機能そのものへの影響と関係する記事を書かせていただいていました。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRN ...

ファイザー変異種の中で : インドで承認されたコロナ治療と「コロナの長期後遺症の発現を防ぐ」栄養補助食品の成分は「ごく普通の日本の食事成分ばかり」

史上最強のスパイクタンパク産生物質に対応するために ここのところは、「日常生活の中に取り入れたいスパイクタンパク質感染症対策」について考えることが多いです。 最近は、デルタ変異種だ何とか変異種だという ...



自然のコロナスパイクタンパク質にも、そしてワクチン由来のスパイクタンパク質にも漂うHIVの気配

avert.org   今日「タンポポの抽出成分が、スパイクタンパク質を効率的にブロックする」という内容の論文を知りました。以下の記事で論文などをご紹介しています。 ドイツの研究で「タンポポ ...

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 2章 09-11節 わたしが前に手紙を書いたのも、あなたがたが万事について従順であるかどうかを試すためでした。 あなたがたが何かのことで赦す相手は、わたしも赦します ...



接種者からの「脱落」や「排出」による伝播は起きるのか起きないのか

  環境に放たれるものたち 少し前の以下の記事を書きましてから、「排出」とか「脱落」あるいは、「拡散」ということに興味を持ち、調べたりしています。 「自己拡散型ワクチン」技術の存在を知り、そ ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.