「 スパイクタンパク質 」 一覧

臨床で使われたものと現在実際に使われているコロナワクチンは「異なるもの」だと知る中で始まってしまった「ワクチンmRNAのゲノム改変を探究する旅」

  臨床試験で使われたワクチンと現在使用されているワクチンは異なる かつての粋な文人なんかは、早朝ほの暗い書斎で歴史ある漢詩などに目を通す、なんてこともあったかもしれないですが、私も早朝に目 ...



ワクチンによる不妊と流産をめぐるシンシチンとヒト絨毛性ゴナドトロピン探究の旅は続く

妊娠のメカニズム 意図したわけではないのですが、連続して、コロナワクチンの妊娠あるいは生殖機能そのものへの影響と関係する記事を書かせていただいていました。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRN ...

ファイザー変異種の中で : インドで承認されたコロナ治療と「コロナの長期後遺症の発現を防ぐ」栄養補助食品の成分は「ごく普通の日本の食事成分ばかり」

史上最強のスパイクタンパク産生物質に対応するために ここのところは、「日常生活の中に取り入れたいスパイクタンパク質感染症対策」について考えることが多いです。 最近は、デルタ変異種だ何とか変異種だという ...



自然のコロナスパイクタンパク質にも、そしてワクチン由来のスパイクタンパク質にも漂うHIVの気配

avert.org   今日「タンポポの抽出成分が、スパイクタンパク質を効率的にブロックする」という内容の論文を知りました。以下の記事で論文などをご紹介しています。 ドイツの研究で「タンポポ ...

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 2章 09-11節 わたしが前に手紙を書いたのも、あなたがたが万事について従順であるかどうかを試すためでした。 あなたがたが何かのことで赦す相手は、わたしも赦します ...



「これはワクチンではなく遺伝子治療でもなく、単なるスパイクタンパク質送達システムでしかない」と、21世紀版ガス室を前に改めて思う

  十数億人に送達された「毒」 たまに、海外のコロナワクチンに批判的な記事などを見ていますと、「これはワクチンではなく、遺伝子治療だ」というフレーズと接することがあります。 しかし、「治療」 ...

ALSとmRNAワクチンの関係。そしてやはり女性の生殖機能が徹底的な攻撃のターゲットになっていることを論文で確認する

ALSの要因遺伝子とmRNAワクチンの関係 今日(6月7日)、ニュースを見ていましたら以下のようなニュースがありました。これ自体がどうだということではないです。 ALSの進行に関わる遺伝子を特定 東北 ...



接種者からの「脱落」や「排出」による伝播は起きるのか起きないのか

  環境に放たれるものたち 少し前の以下の記事を書きましてから、「排出」とか「脱落」あるいは、「拡散」ということに興味を持ち、調べたりしています。 「自己拡散型ワクチン」技術の存在を知り、そ ...

mRNAコロナワクチンの開発者が「私たちは間違いを犯しました。あれは単に毒素です」とメディアに語る。研究者たちがそれを知ったのは「日本から流出した」ファイザー社の動物試験極秘文書より

※ タイトルにあります「ファイザー社の極秘動物試験文書」とは、前回の記事「コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起こす可能性のあるメカニズムを持っている」…」の後半でご紹介 ...



コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起こす可能性のあるメカニズムを持っている」ことを知る。米CDC報告では、コロナワクチン副作用報告の80%は女性

  アメリカの女性たちの掲示板書き込みから 以前も少しふれたことがあるかもしれないですが、たまにアメリカの投稿掲示板、レディットの「コロナワクチン接種後」という板をたまに見ます。 さまざまな ...

コロナのスパイクタンパク質が「人間に長期的な遺伝子発現の変化をもたらす」可能性が米国の研究で突き止められる。…とすると体内にスパイクタンパク質を生成するワクチンの影響は…

OffGuardian   スパイクタンパク質「単体」こそが長期の後遺症の原因である可能性が強くなる 昨日、以下の記事を書かせていただきました。 人類の大量死につながる可能性を否定できない ...



アストラゼネカ社のワクチンが血栓を引き起こすメカニズムをドイツの科学者たちが解明。そして、ファイザー社のワクチンも昨年12月に米国の医師協会が血栓のリスクについての警告を発表していたことが判明

ft.com   コロナワクチンによる血液障害発生のメカニズム 世界のワクチン接種回数が、 9億5000万回に達したことが示されていますが、その中で、英アストラゼネカ社のコロナワクチン等で「 ...

医師と科学者たちが欧州医薬品局に提出した「遺伝子ワクチンの承認停止要請の請願書」の内容に見る「本当の危険性」。その書簡の全文

Opinion Forum Globally   欧州医薬品庁に提出されたワクチンの危険性を警告する書簡 欧州医薬品庁 全世界で、コロナワクチンの接種が猛ピッチで続いています。 3月12日ま ...



血管に注入された新型コロナのスパイクタンパク質は、脳のバリア「血液脳関門」を簡単に通過し脳全体に広がることを知った日に、100年前のシュタイナーの「アーリマンに関する会議」の議事録を読めました

Brain image via shutterstock   「アーリマンがやってくる」(1919年) 考えてみれば、自分の人生っていうのは、災い転じてフクロウとなる(鳥になっちゃうのかよ) ...

新型コロナの変異株がますます増加していることをネイチャーの論文で知る。そのうち少なくとも10種の変異株には「既存の抗体が効かない」模様。こうなると免疫もワクチンも何も関係なくなり…

・indiatimes.com   複数の変異株で既知の抗体への耐性が確認される 最近ふと見た医学記事で、「ますます新型コロナウイルスの変異種が増加している」ということを知り、そこに科学誌ネ ...



国際的な研究により、新型コロナウイルスは「332種類のヒトタンパク質」を利用してヒト細胞と結合できる驚異的な感染能力を持つことが見出される。治療薬開発は厳しい局面に

・Thailand Medical News   次々と明らかになる驚異的な能力 以前、新型コロナウイルスについて、通常のウイルスとは異なり、このウイルスは「複数のヒトの細胞内の受容体を使っ ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.