「 スパイクタンパク質 」 一覧

これから長く続くスパイクタンパク質戦争の中で

  主要な問題は長期の影響へと メジャーなニュースでも、最近は、比較的冷静な記事を見かけることがあります。 Yahoo! ニュースを見ていましたら、「コロナワクチン 増え続ける副反応疑い死」 ...



肝臓と脾臓で「逆転写の嵐」が起きているとして、壊れてしまった免疫と遺伝子を持つ現在の人類が行き着く先は?

2022/04/28    

  病気の時代に 何だかこう、病気の時代というか、病的な時代というのか、病気の報道を見ることがとても多くなりました。今日などは、米コロラド州で「感染力の強い未知の病気により馬67頭が亡くなる ...

パンデミックが始まって以来、世界中で「女子の思春期早発症」が劇的に増加しているという報告に思い出す「スパイクタンパク質がもたらす時限爆弾」の概念

  女児の思春期早発症が劇的に増加している理由の推定 アメリカの医学メディアで、少し気になる記事を見ました。 「パンデミック以来、性成長が異常に早まった小さな女の子たちが世界中で劇的に増えて ...



スパイクタンパク質の「毒性のメカニズム」が判明。それは、細胞膜を貫通する穴を形成する毒素であり、また、このワクチンは「エクソソームの放出を誘導」していた

Conquest, War, Famine, and Death   スパイクタンパク質は「膜孔形成毒素」 自然感染でも、mRNA ワクチン曝露で形成されるものにしても「スパイクタンパク質自 ...

ワクチンスパイクタンパク質は、細胞核に入り 「人間が生存するために必要な DNA 修復機能を阻害する」ことを改めて。もたらされるのは早期の老化(大人でも子どもでも)

損傷したDNAの修復機能が最大90%阻害されると寿命は… 少し前に、スウェーデンの大学の科学者たちが、 「ワクチン mRNA が接種後最短 6時間で逆転写し、DNA に組み込まれる」 ことを見出した研 ...



コロナあるいはスパイクタンパク質が、ヒト精子の形成に不可欠であるタンパク質「SPAN-X」に干渉し、男性の生殖能力に極端な低下をもたらす可能性があることが最新の分析技術により判明

  新たな段階に、もう入っている 今回の本題とは関係ありませんが、日本の研究者たちによって 2月15日に発表された論文で、 「オミクロン亜種の病原性は低くない」 ことを示すものが発表され、地 ...

コロナあるいはスパイクタンパク質への曝露が直接的な原因の「甲状腺の異常」が欧米で急激に拡大しており、65歳以上の4人に1人に甲状腺の問題があることに専門家たちが懸念を表明

  長期の後遺症の要素が新たに露見 前回の以下の記事で少しふれましたが、欧米で「甲状腺の問題」が急速に拡大しています。 (記事) オミクロン後の「世界の終わりの始まり」を回避するには…。歴史 ...



今後… : 世界中の研究で、コロナ感染で入院した患者は退院後「数ヶ月後あるいは翌年までに死亡するリスクが大幅に高い」ことが判明。その原因がスパイクタンパク質だとしたら

コロナあるいはスパイクタンパク質の「中長期の死への影響」が明らかに 今日の米国ブルームバーグの報道で、 「コロナで入院して退院した人たちの数ヶ月後までの死亡率の高さ」 に関する最近の複数の研究が取り上 ...

薬剤過剰反応の報道が相次ぐ中、ヒトヘルペスウイルス6型が影響を及ぼす可能性のある「すべての病気」を調べた2022年のお正月

pikist.com 薬剤過敏症の原因を知り 昨年の秋くらいから、具体的にどなたかはともかく、有名人の方などの「アナフィラキシー反応による搬送」などの報道をたまに見ます。 それらの多くは、いわゆる普通 ...



ドイツの調査で、基礎疾患のない5歳から17歳の子どもたちの新型コロナでの死亡数は「完全なゼロ」であることが判明。一方、ワクチンによる子どもたちの被害は

何もしなければ子どもはコロナで誰も死ぬことはなかったのに アメリカやオーストリアなどを含めて、多くの国々で「 11歳以下への mRNAワクチン接種」が始まっています。 日本でも、子どもたちへの接種を検 ...

結局スパイクタンパク質を用いる治療・予防薬は開発中の国産を含めて「すべて」良くないのかもしれないと、中国での後遺症らきしものの報道を見て思う

  中国で実際に起きていることはわからないながらも 今日、日本の報道というか記事で、以下のようなタイトルのものを見ました。書かれたのは、中央大学 政策文化総合研究所客員研究員の北村 豊さんと ...



オミクロンってのは本当に自然の変異の産物なのか? …と思わせる「別の遺伝子の断片が挿入している」ことを判明させた国際的研究の解析結果

  コロナの変異歴で初めて起きた「遺伝子の挿入」変異 オミクロン株というものが最初に世界各国で「派手に喧伝」された時には、正直「またなんかやろうとしてんのかよ」的な穿った見方をしていました。 ...

選択圧が生み出したと思われる過去最大の変異を遂げたコロナ「オミクロン株」。予備調査で感染率500倍説も

  あり得ないスパイクタンパクの変異の数 昨日は、世界中で株価が劇的に下がったりしていまして「なんかあったのかなあ」とは思っていましたが、その理由とされるひとつが、後に WHO によって「オ ...



免疫を失うメカニズムがまたひとつ : スウェーデンの研究が、スパイクタンパク質は V(D)J組換えと呼ばれる「獲得免疫の根本システムを阻害」することを示す。自然感染、ワクチン共に

  さらに見つかるスパイクタンパク質の潜在的影響 自然のコロナ感染にしても、あるいは、一部の人たちだけにしても、ワクチン接種後に大幅に免疫応答が下がる傾向があることは知られています。 また、 ...

ヒトヘルペスウイルス再活性化の嵐で日本の将来的な社会像が見えにくくなる中、スーパーフード「松」について

2021/09/09    , ,

  影響は無限大へと いやいや、前回までの以下の三本の記事を書いた後、何だか精神的に疲れてしまいまして、今回はこれらの話をメインにするのはいったんやめておきます。 コロナの長期後遺症の原因が ...



永遠のワクチン接種の発言を聞きながら、スパイクタンパク質は神経疾患や精神疾患と強く関係する「MAO」に結合するという新しい研究論文から思う、やはりやや暗い未来

モノアミン酸化酵素(MAO) MAOは神経伝達物質の不活性化に必要不可欠な役割を果たすため、MAOの機能異常は多数の精神疾患と神経疾患の原因となっていると考えられている。 (Wikipedia) &n ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.