「 人間 」 一覧

すべての国民を対象にした自粛、制限、あるいは殺菌やマスクやソーシャルディスタンス政策というのはひたすら無意味

・SHTFplan.com   人間狩りの時代に 何だか最近の新型コロナウイルス関連の報道や話題を見ていると、事の本質が何だかわからないことになっているなあとはよく思います。 昨日などは、米 ...



2020年の生活 : コロナウイルス下の世界の光景と現実をもはや呆然と眺める

1962年にイタリアの新聞に掲載された「2020年の生活」と題されたイラスト ・summit.news   たった3ヶ月で地球全域を覆い尽くした「非日常」 冒頭の「すべての人たちが透明のポッ ...

物理学会から次々と示される「人間の意識は不滅」あるいは「意識は人間の脳細胞の中に量子情報として存在する」という概念。そして、宇宙という存在は、私たちの知覚に過ぎないこと

・Daily Galaxy   今回は、新型コロナウイルスとまったく関係のない記事ですが、新型コロナウイルスのほうは、ついに「イスラエルでも外出禁止令」が発令され、事実上の全土封鎖に踏み切っ ...



「樹木は永遠の命を持つ」 : イチョウの木には老化に関する遺伝子がなく、永遠不滅に近い生命体である可能性が国際研究チームによる解析で判明

・Science   樹木は老化では死なない 1月13日のサイエンスに、とても興味深い記事が出ていました。 寿命が長いことで知られるイチョウですが、そのイチョウの木の遺伝子と細胞構造を徹底的 ...

量子力学が明らかにした「光子が描くこの世の真実」

  宇宙も私たちも「ペア」である 12月20日に発行させていただいたメルマガのタイトルは、 恋する量子とDNA。量子力学から知る「この世界はふたりいなければ始まらない」こと というものだった ...



南米先住民族の伝統的な幻覚剤DMTが「私たちの脳の松果体の中に存在している」ことが判明。人間の神秘体験や臨死体験を作り出しているのは、これである可能性

ペルーの画家パブロ・アマリンゴ氏が天然の幻覚剤DMTによる視覚体験を描いた作品のひとつ ・Pablo Amaringo   脳の中には異次元をもたらす神経伝達物質がもともと存在する 何か「幻 ...

人々が生涯でテレビ視聴に費やす時間が7万8000時間以上であることが調査により判明。そして思う「テレビの最大の罪悪とは何か」

・freedomworks.org   テレビとスマートフォンで人生のほとんどの時間が終わる現代 最近、アメリカのブログ「エンド・オブ・ジ・アメリカンドリーム」において、 「一般的な人々は、 ...



物質的な富は私たち人間の幸福と精神的健全を破壊している

アアメリカの作家でありジャーナリストのセバスチャン・ユンガー氏 ・Sebastian Junger   アメリカのゼロヘッジ経由で、セバスチャン・ユンガーさんというアメリカのジャーナリストの ...

私たち人間の「意識」で「社会と地球と宇宙」を変える具体的な方法 Part.3

・atom structure model   10日ほど前に、以下の記事(前編・後編)で、以前のメルマガの記事の内容を編集し直してご紹介したことがありました。 私たち人間の「意識」で「社会 ...



私たち人間の「意識」で「社会と地球と宇宙」を変える具体的な方法

2019/07/20    , , , ,

・atom structure model   やや暗澹とした社会と地球の現況を変えるには そろそろメルマガを発行させていただくようになってから、1年が近づこうとしています。 まぐまぐさんか ...

地球温暖化説は終焉の方向に? : イタリア科学会がほぼ全会一致で「人為的な要因による地球温暖化という説はまったく科学的ではない」と決議し、請願書を提出

2019年7月7日のメディア記事より ・abruptearthchanges.com イタリアの著名な科学者91人が「人為的な地球温暖化説」に反対する請願書に署名 この In Deep で、10年くら ...



地球の植物は、予測されていたより「500倍の速度で絶滅し続けて」いる。そのような大量絶滅局面の中で「人間の最大の共生者としての植物」を振り返る

2019年6月11日の科学メディア「ライブサイエンス」より ・livescience.com   人類の最大の共生者である植物は今 今はいろいろな生物が絶滅していっていまして、昆虫も両生類も ...

[重要]音楽が人体に与える健康的な影響に関する画期的な実験が行われる。それにより、「音楽はヒトの血液中の赤血球を再生させる」ことが判明。しかし、その率は音楽ジャンルにより大きな差異が

432Hzと440Hzの人体への影響に「差異がない」ことも判明 2019年6月4日の米メディアの記事より ・greenmedinfo.com   今回ご紹介させていただきます内容は、私個人に ...



戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向

2019年5月20日 コロナホールによりボコボコになっているように見える太陽 ・NASA   太陽はとても不安定ですが 海外のブログで、「太陽活動と社会の関係。そして、これからの状況」につい ...

人間の嗅覚の謎がほんの少し解明される中で思う「人はそれぞれ同じ世界を違う色で見ていて、同じものに違う匂いを感じている」こと

2014年3月20日のネイチャーより ・Human nose can detect 1 trillion odours   視覚と同様に嗅覚が人により異なるメカニズムが判明しつつある 最近、 ...



米ワシントン州で「死亡した人間を肥料にして使用することを許可する」という法案が可決したことから、ふと思う肯定的な様々なこと

2019年4月26日の米国ワシントンポストより ・Washington Post   どのように生きるか。そしてその後は 最近、アメリカの報道で、「遺体を肥料にする法案が可決」というものを見 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.