地球最期のニュースと資料

In Deep

「 原因 」 一覧

[衝撃] ミツバチは花の蜜や花粉を食べているのではない。彼らは食糧としての微生物がいなければ生きていけない「肉食」であることが判明。そのことから、ハチの大量死が「殺菌剤」と関係する可能性が浮上

2019年8月23日の米サイエンティフィック・アメリカンより ・Scientific American   人間と同様に、ミツバチもまた「微生物に生かされている」という事実 最近、ミツバチの ...



花粉症の薬や風邪薬、胃薬にパーキンソン病の薬、そして抗うつ剤や抗不安剤……多くの「抗コリン」一般薬が、認知症発症のリスクを著しく増加させていることが判明

2019年6月24日の米医学メディアより ・medicalxpress.com   この世に満ちている抗コリン薬と認知症発症の緊密な関係   今から 4年ほど前に、以下のようなタイ ...

流産の原因は女性にではなく「男性にあった」 : 再発性の流産は「精子のDNAの欠陥」から起きている可能性が高いことが英国の科学者たちの研究で判明

2019/01/06    , , , , , ,

ロンドン大學の発表を報じる2019年1月4日の医学メディアより ・medicalxpress.com   アメリカの医学メディアを見ていましたら、「流産は男性の精子に原因がある可能性が高い」 ...



カルシウムサプリメントは「たとえ少量の摂取でも」脳の病変やアルツハイマー型の認知症を引き起こす可能性が極めて高くなることが判明

10月01日のアメリカ医学系メディアの記事より ・greenmedinfo.com 脳の病変との関係以前に、カルシウムは心臓血管の疾患と強い関係があることがわかっていた 最近、私の親しい方が「認知症の ...

南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す

科学誌ネイチャーに掲載された論文の内容を紹介する米国科学メディア ・sciencedaily.com Sponsored Link   今回ご紹介する科学誌ネイチャーに掲載された論文は、ごく ...



川や湖の水が「突然消滅する」事象はなぜこんなに増加を? : メキシコでまたも「湖の水が轟音と共にシンクホールに飲み込まれる」出来事が発生。これで最近の世界で何回目のことになるのか…

湖が消滅したことを伝える8月24日のメキシコの報道より ・vanguardia.com.mx In Deep メルマガの第1号が、本日 8月24日の正午に配信されました。 タイトルは『今この時代に脳と ...

自閉症の子どもが生まれる決定的な要因が米バージニア大学の研究者により特定される。それは「母親の腸内細菌環境」。その予防法も初期段階ながら提起される

米国バージニア大学のニュースリリースより ・University of Virginia   母親の腸内環境が、生まれてくる子どもの健康状態を左右していた 今回は、アメリカのバージニア大学が ...



「過度に清潔な環境が子どもの白血病のほとんど(99%)を作り出している」ことが判明 : 私たちはそろそろこの「過剰殺菌社会は異常」だと気づかないと、子どもたちが誰も助からなくなる

英国テレグラフの報道より ・Ultra-clean homes could trigger childhood leukaemia, major review suggests Sponsored L ...

アルツハイマー病が「伝染病のように血液感染する」可能性の示唆? : 英国の大学が研究で「ベータアミロイドは血液を通して全身そして他者に広がっていく」ことを突き止める

2017年10月31日の英国の報道より ・dailymail.co.uk アルツハイマー病の原因物質と仮定されるベータアミロイド ・NHK Sponsored Link   ベータアミロイド ...



またも中国の空に今度は「黒い城」のような巨大な浮遊都市が出現。陸地の上位蜃気楼……ブルービーム計画……パラレルユニヴァース……。どの理由にしても、今のこの世は難解で

2017年6月6日の中国の報道より ・epochtimes.com Sponsored Link   基本的に海上にしか出現しない上位蜃気楼が、なぜ「陸地」にこんなに出始めたのか 中国広東省 ...

謎の脱水症状で安静中…の中、改めて、なぜこんなに熱中症発生が増えているのかを考えてみるけれど、わからないままです

・Water Green 昨日(7月31日)は、何度も外に出る用事があり、結構慌ただしい日だったのですけれど、午後過ぎから急に体調がおかしくなりました。 動悸、頻脈、吐き気、ふらつき、倦怠感。 パニッ ...



不妊女性たちの半数から検出される「謎のウイルス」。そして、そこから見出されるかもしれない治療法

2016年7月8日の英国ザ・タイムズより ・The Times   加速度的に不妊が増加し続ける中で 今回ご紹介するのは、「新しく発見された不妊の原因となっている可能性」についてのものです。 ...

世界中で「湖や川の水が突如として大規模に消える事例」が続出している理由。そして、この地質活動の異変は太陽黒点ゼロ時代にさらに拡大するか

今月のはじめ、南米チリで「湖の水が一晩で消滅した」という出来事が報じられていたことを、 ・南米チリで広大な湖の水が一晩で消滅! 南米の地底で、あるいは環太平洋火山帯の地底で何が起きているのか  201 ...



シベリアのクレーターは「半径100キロメートルに響く爆発音と天空の巨大な光」を伴う凄まじいエネルギー現象から発生していたことが判明。そして、それらの穴は今も拡大し続けている

それがロシアや永久凍土地域への今後の大きな懸念材料となる可能性も   シベリアのタイミル半島に形成されたクレーター(同一のもの)の2013年と2015年の状況 ・Siberian Times ...

「私は素晴らしい世界に生まれて、その世界に生きている」

模索していた「革命的自立生活」の最終段階の概念「苦痛の除去」の方法論と出会ったことについて   ・Great Lakes Gazette 唐突なタイトルかもしれないですが、今の私たちがどのよ ...



噴出する「地震を起こすものの正体」: 月、重力、太陽活動、宇宙線、惑星直列

2016年4月21日の英国エクスプレスより ・Express   ほんの1週間ほどの間に、マグニチュード6以上の地震が世界中で毎日のように起こる状態が続いています(正確には 4月22日までの ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.