地球最期のニュースと資料

In Deep

「 日本 」 一覧

人々が生涯でテレビ視聴に費やす時間が7万8000時間以上であることが調査により判明。そして思う「テレビの最大の罪悪とは何か」

・freedomworks.org   テレビとスマートフォンで人生のほとんどの時間が終わる現代 最近、アメリカのブログ「エンド・オブ・ジ・アメリカンドリーム」において、 「一般的な人々は、 ...



オカ某氏、自分が住む場所の真上をスーパー台風19号の中心が通過していくことが濃厚となり、カテゴリー3の直撃という生まれて初めての経験にややアセり中

下の衛星写真の台風19号の顔を見ていてですね、「・・・その顔は笑ってるだろ」と台風に思わず呟いた今日は 10月10日であります。 2019年10月10日の台風19号の衛星写真 ・Fox News, J ...

失われる100年に突入する日本 : 「日本は30年後に消滅する」という言葉を聞いても、まるで違和感がない日本の過激な人口統計の行方

2019/09/22    , , , ,

米メディア「ナショナル・インタレスト」の記事より ・The National Interest   4000万人が日本人が「消滅」するこれから数十年の日本で ・washingtonpost. ...



[衝撃]最初期のアメリカ先住民が縄文時代の日本人だった可能性が浮上 : 米アイダホ州で発掘された1万6000年前の石器が語る古代人の大陸移動の真実

2019年8月30日の科学誌サイエンスより ・science.sciencemag.org   人類の大陸移動についての従来の説が覆される可能性も 何だか最近は驚くべきニュースが次々と入って ...

聖書では「死者が終末のさばきを待つ場所」とされる「ソウル / シェオル」から放たれるもの

1994年 将来のイスラエルと「世界の終末」の脅威はどこからもたらされるかを述べるイスラエルの宗教指導者ナチマーニー師 ・Rabbi Levi Saadia end times prophecy Na ...



またも「食糧の黙示録」的状況が : 農作物に対しての最大級の大害虫ツマジロクサヨトウが信じられない速度で、中国、そして日本を含むアジア10カ国に急拡大中

2019年8月13日の米ゼロヘッジより ・zerohedge.com   アジアの史上最悪の害虫による農作物被害が近づいている 今年は、世界の食糧事情にいろいろな「危険信号」がともっているこ ...

2019年も含めた「9で終わる西暦の年」は激動の年になりやすい?

・Meteo Balkans   2019年も半分以上を過ぎ いろいろな写真や風景を、SNS やサイトなどで、日々見たりするのですけれど、今年 2019年の、特に空の光景には、「空から何かが ...



日本ではヒトとマウス、米国ではヒトとヒツジ、中国ではヒトとサル…。臓器移植という大義名分の中で次々とつくられる「動物と人間の異質同体キメラ」

ヒトとサルの交配種の作成を伝えるスペインの報道より ・elpais.com ヒトとネズミを交配させた「臓器」の言及の承認を伝える日本の報道より ネズミ体内で人の臓器 文科省、東大のiPS研究了承 日本 ...

「アメリカでは毎48時間ごとに500人が医療ミスで死亡している」という天体物理学者による投稿が物議を醸す中、計算し直してみたら「48時間で1300人以上」だった件について

2019年8月6日の米国科学メディアより ・sciencealert.com   最近のアメリカでは連日のように乱射事件で人命が奪われていますが、そのような中、8月4日、アメリカの著名な天体 ...



ジョンス・ホプキンズ病院やメイヨー・クリニックなどアメリカの最高位クラスの医療施設で「レイキ」が正式な治療プログラムとして次々導入され続けていることを知る

2019年8月1日の米メディアの記事より ・collective-evolution.com 西欧でレイキを採用している医療施設は800にのぼる みなさまは「レイキ」という言葉をご存じでしょうか。 こ ...

北緯33度線上の四国沖の地震から思い出す1700前の日本の領域で発生した「南海トラフどころではない広範囲での超巨大地震」のこと

日本時間2019年7月28日16時20分までの24時間に発生したM3以上の地震 ・Earthquake report world-wide for Sunday, 28 Jul 2019 異常震域の地 ...



「飢餓の時代の到来」を調べているうちに突き当たった「農業の未来像と共に浮かび上がる食糧アルマゲドン」という概念

2019年7月15日の英国ガーディアンの報道より ・World hunger on the rise as 820m at risk, UN report finds   飢餓の時代が近い ...

地震の時代の「頂点」が近づいている? 今、地球では「通常の3倍の数の地震」が発生し続けている

2019年7月15日の米国メディアの記事 ・The Number Of Global Earthquakes Is 3 Times Above Normal   世界の地震の回数がさらに極大 ...



アメリカで多くの大学生が「ツナを常食することで高レベルの水銀に曝露している」ことが判明。大型のマグロの水銀含有量は予想以上に高い模様。なら、マグロの一大消費国である日本は…

カリフォルニア大学サンタクルーズ校の研究を紹介した科学メディアの記事より ・ineffableisland.com   最近は、「この食べ物のリスクはどうだ、あの食べ物には何が含まれている」 ...

アメリカでのトウモロコシと大豆の歴史的な収穫不足が決定的に。納豆、豆腐、油揚げ…日本の国民食の根幹の大豆はそのほとんどがアメリカからやってきていて…

アメリカ農業の危機を報じるブルームバーグの記事より ・It’s Not Just Corn, U.S. Farmers May Forgo Near-Record Soy Acres 2017年の日本 ...



日本の海が死に続けている理由は、デッドゾーンが過去最大となりつつある米メキシコ湾と同じなのかそうではないのか

2018年のサイエンスに掲載された世界のデッドゾーン(死の海域)の分布 ・Declining oxygen in the global ocean and coastal waters   ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.