「 日本 」 一覧

なぜ日本のコロナの死者は過去3ヶ月間、一貫して増え続けている? ファイザーに自国民900万人を人身御供したイスラエルはともかくとしても

Why do Japanese people wear Masks? 日本の死者数の急激な増加の理由は? 今回は、何かテーマがあるわけではないのですが、私は毎日、気になる国の新型コロナウイルスの感染確 ...



成層圏の気温が突然上昇する現象により北極の大気循環が崩壊。これにより2月にかけて北半球に超低温がもたらされる可能性が。そして低気温とウイルスの関係…

55年ぶりの低温 -19.6℃を記録した1月7日の中国の首都北京 business-standard.com   北極の大気の循環がまたも崩壊 日本の日本海側や北陸などが記録的な降雪が続いて ...

ミニ氷河期化に伴ってやってきている東アジアのコロナ地獄。何をどうしたところで感染拡大は絶対に避けられない中、今後、日本はどちらへ向かう?

12月15日の北海道岩見沢市 iam_ayumi48   北極からやってきた超絶寒気がもたらす日韓同時感染者急増 昨日(12月16日)、私の奥さまの携帯に、北海道の岩見沢市に住む私の妹さんか ...



日本の感染拡大の本番はこれからであることが確定的である中、2020年の終わりはサバイバルモードの入口に

LA Times   いよいよ「節目の気温」のときに 以前、以下の記事で、「従来のコロナウイルスは気温が下がると感染が爆発的に拡大する」という米金融機関の調査レポートをご紹介したことがありま ...

「日本の外務大臣が、在日外国人に参政権を与え、英語を第二の公用語にすると声明」と海外で報じられた日に改めて思う日本のコロナ対策の「命への想像力の欠如」

Just a sunset in Japan somewhere タイトルにしましたのは、以下の英語メディアの記事でして、日本の政治のことは、ふだんはほとんど取り上げることもないのですけれど、この中に ...



日本でもこんなに自死が増えてしまって…

2020/11/10    , ,

・Deep Red   誰でもある程度はそうだと思うのですが、私も双極性障害というような状態は多少繰り返す人生ではあります。 双極性障害という言葉を使わなくても、多くの人は、意味なく落ち込ん ...

コロナ検査の全国民強制施行計画であるイギリスの「ムーンショット作戦」。そして、人間と機械を融合させようとする日本のムーンショット計画。そこから浮かぶ「獣の数字」

・Independent   英国民6665万人すべての検査を1週間で イギリスのボリス・ジョンソン首相が、最近、 「 1日 1000万人のコロナ検査を行うオペレーション計画」 を発表し、英 ...



ビジネスアルマゲドンが始まった… : アメリカでは時間の経過と共に永続的な事業閉鎖が加速していることが明らかに。そして、日本を含む各国も集団自死的な経済の方向へと

・増加する「GOING OUT OF BUSINESS (廃業)」のメッセージ。タイ・バンコク。Chiangrai Times   拡大する無慈悲 最近ずっと思っていたことに「ポストにチラシ ...

ニューヨークからすべてのレストランが消える日… : 同時多発テロの直後にレストランをオープンして繁盛店にしたオーナーからの「閉店の挨拶」に思うこれから

・閉店したニューヨークの人気レストラン「マーメイド・イン」。 Restaurant Business なぜそんなに人を苦しめたがるのか 少し以前に、ニューヨークのマンハッタンが「廃墟じみてきている」と ...



神を黙らせる時代が始まった : 日本そして全世界での祭事の停止の意味

・富士山   「神々と死者を黙らせるには」 先日、以下のような報道を見ました。朝日新聞の報道です。 京都の「大文字」、勝手に点灯 いたずら? 憤る関係者 京都の夏の伝統行事「京都五山送り火」 ...

世界の子どもたち600万人の命が栄養失調とロックダウンの後遺症で危ういと医学誌ランセットが警告する中、しかし、私たちはいつになったら人道を行える普通の生活に戻ることができるのか

・summit.news   来年はさらに悪くなる 以前、日本で緊急事態宣言(実質的なロックダウン)が開始されめた際に、4月頃の時点で「将来的に取り返しのつかないことになる」と感じていました ...



史上最大規模の惑星直列…連続の緊急地震速報…史上最弱の太陽活動…。これらは2020年の巨大地震の発生と関係するだろうか?

・山梨県の新倉浅間神社と富士山 Japan Monthly Web Magazine   多くの地震に関するデータが収束に向かう2020年 私の住む関東では、5月4日と 5月5日の 2日間連 ...

ハイパーインフレーション…預金封鎖…。ロックダウンパニック後には、どちらが先にやってくる?

1994年に 3億%のハイパーインフレに見舞われたユーゴスラビアの「5000億」ディナール紙幣 ・CNBC   ロックダウン・パニックの影響は、日本国民全員に 何というかこう、先日出されまし ...



炸裂する債務爆弾…消えていく食糧…。その中で進んでいくパンデミック後の新しい社会をどう楽しむか

日本の美術家 元田久治さんによる作品「廃墟と化したアメ横」 (2005) ・Japanese photographer Hisaharu Motada envisions a post-apocaly ...

変異が続く新型コロナの危機は「数年は終わらない」という意見の中で、1年前の2019年の春、日本で咲き乱れた「竹の花」、そしてノートルダム大聖堂、バッタに覆われたイスラエルの過ぎ越しを思い出す

・2020年4月1日 イスラエル・ベニヤミンの空。Gedaliah Blum   竹の花が咲き乱れてから1年後の日本 1年ほど前のことを考えていましたら、 「そういえば、去年の 4月は日本で ...



驚きより笑いを誘った中国統計局の景気指標。しかし中国の現実の数値や状態から見える「都市封鎖や移動制限政策は、たとえ短期間でもその国に恐ろしい未来を招く」という現実。それは避けるべきでは

・2019年11月、デモで「神は中国共産党を滅ぼす」と掲げる香港中文大学の学生たち。NTD   驚異的すぎる回復力 中国で、新型コロナウイルスの感染が拡大中だった 2月の終わりに以下のような ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.