In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 日本 」 一覧

150年ぶりに「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が出現する : 前回の1866年は江戸時代が消える日本の近代史上最大の転換点の時だった

  今月の末に、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という現象というのか、そういう状態があることを知りました。 そのことを書こうとは思ったのですが、それについて調べているうちに、次第に何だか …

数字からわかる「狂気じみていた2017年」。そして、おそらくはこの狂気は今年も継続する

・Public Domain 今年 1月1日に、アメリカの人気ブログ「エコノミック・コラプス・ブログ」において、「信じるにはあまりにも狂気じみた 2017年の 44のことがら」という記事が投稿されてい …

国家滅亡を選択する日本の若者たち。そして、今はその意志に静かに従おうと思う悪しき時代を作り出した私たちの懺悔

12月24日のアメリカ「ゼロヘッジ」の記事より ・zerohedge.com 上の記事に出てくる英単語 celibacy の意味 ・weblio.jp Sponsored Link   日本 …

日本のこの100年間とは何だったのか

ルドルフ・シュタイナーが93年前に語った「人類の消滅」と「すでに消えた日本」   昨日(12月23日)、記事の更新をしなかったのですけれど、実は、ある時事について書いている途中に、ふと、かつ …

日の本の国が消えるとき : 1時間に 51人ずつ人口が減っている日本についての「存在し得ない未来」についての論文

ヨーロッパの政治統計サイトの12月5日のトップ記事より ・gefira.org Sponsored Link   現在のペースが続くと「日本の人口は300年後に300人」になり「20年後には …

「南海トラフ地震は全世界を恐慌に導く」というフィナンシャル・タイムズの記事を読み、あらためてそれが起きた9世紀と現在を比べてみると

2017年12月3日の米国のブログ記事より ・strangesounds.org 昨日、上のようなタイトルのブログ記事を見かけまして、「最近そんなことに関しての何かがあったのかな」と思い読んでみますと …

神奈川の事件で思い出す「10年間で100万人の人々が消えている日本」での不可解な行方不明事例

・mysteriousuniverse.org 人が消えてもわからない社会 神奈川県で起きた連続殺人とされているもののニュースで少し驚いたのは、遺体とされている 10人にも近い人たちがほとんどすべて十 …

台風21号はカテゴリー3レベルに。そして、アメリカの自然災害リスク評価の専門家は日本に向かうこの台風を2005年の「ハリケーン・カトリーナ」と同様に見ている

2017年10月21日の米国ブルームバーグの記事より ・bloomberg.com 台風21号 / Lanの最近の衛星画像 ・NOAA いろいろな意味で最強のルートを驀進中の台風ラン 台風21号(英語 …

日本は破綻「しない」と断言するアメリカ人の論文を読みながら

・Akio Iwanaga Photography   最近、ゼロヘッジ経由で、アメリカの投資銀行のマネージメントをしている人物が書いた「日本について」の文章を読みました。 山と積み上がった …

「神はアメリカを破壊している」

ロシアのプラウダがハリケーン後のアメリカのキリスト教について語るには   プラウダの記事より ・Pravda 日月神示 第01巻 より 仏もキリストも何も彼もはっきり助けて七六かしい御苦労の …

「パニックを起こしているかのような太陽」の過去2年間で最大級の黒点の急増。そして、海外の報道も少しパニックを起こしているような

2017年9月5日の英字報道より ・asia.nikkei.com あっという間に地球の何倍ものサイズに膨れあがった黒点群2673 ・spaceweather.com Sponsored Link & …

電磁パルス(EMP)攻撃の懸念がかつてないほど高まる中で、アメリカではFEMA主導による「全米ブラックアウト・シミュレーション演習」が進行中。日本では…

2017年8月10日のアメリカの報道より ・US Gov Launches Drill to Prepare For “Black Sky” EMP Attack    2017年 …

「20日間連続の雨の8月」という史上初の状態に突き進む中で、よく見れば日本は真っ二つに

・Anna Korkka 冒頭の写真は、書こうとしていることと全然関係のないものなんですけれど、最近、ロシアの SNS で見かけたものでして、こういう雲は、いわゆるスーパーセルという超巨大積乱雲に発達 …

ヒアリの何が恐いのか…を調べてみると、結論から書くと、子どもの致死率は「天文学的に低い」上に、歴史的な人災の本件で我々が何を言う権利があるのかと思ったり

・heritagedaily.com 人間に生息域を拡大されて憎まれる悲しきダジャレ王 最近はヒアリについての報道をたくさん目にするようになっています。 今のところ残念なのは、いまだに「ヒアリが見つか …

地球老年期の終わりを越えて : 人類史上初めてとなる壊滅的な「世界の人口統計的時限爆弾」をグラフで見てみる

・VISUAL CAPITALIST 世界のさまざまな状況や予測をグラフ化し提示してくれるサイト「ビジュアル・キャピタリスト」に、少し前、「人口統計的な時限爆弾」というタイトルの記事がありました。 こ …

中国の知識人の方の寄稿文を読んで、むしろ今の自分や日本人に寂しさを感じてしまった日に。……しかしまだ日本(の子どもの心)は終わっちゃいないと信じたい

エポックタイムズの6月11日の記事より ・Epoch Times Sponsored Link   今回はひとつの記事を翻訳してご紹介したいと思います。 それは、エポックタイムズ(大紀元)の …