「 武漢 」 一覧

本当は武漢で何が起きているのか

・3月19日 北京、天津に続いて燃え上がる山東省青島老山区。 Jennifer Zeng   3月20日 NHK の報道「新型コロナウイルス 武漢含む湖北省 “2日連続感染ゼロ”」より 新型 ...



中国発の終末感 : 習近平主席賞賛本の発売と共に「武漢での新型コロナウイルスの新たな感染者がゼロ」になった話を聞いて、90%以上の死因が「過労死」のデータを改めて眺める

・3月18日、突然の異常な強風に見舞われ終末的な光景となった北京。NTD   北京は終末モードの中 昨日 3月18日、中国の北京、天津などで、突然ものすごい突風が吹き荒れ、中国各地のネットユ ...

「新型コロナウイルス」という名称は、2018年に武漢ウイルス研究所で命名されていた。その新しいコロナウイルスは中国の「ブタ」に出現した

・中国国営放送   2018年の新型コロナウイルス 新型コロナウイルスが中国の武漢で発生したとされ、そして世界的な流行になっていった際から、ウイルスの出所についてはいろいろな主張が出続けてき ...



80年前に開催が予定されていた1940年東京オリンピックも「武漢」の影響で中止に追い込まれていた現実を知り、自分がまるでシナリオかマンデラエフェクトの連続のような世界に生きている実感がさらに強まる

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

大規模な飢餓の発生を懸念する武漢の人たち。しかし、新型コロナや過去最悪のイナゴ被害、中国での鶏の大虐殺などは、世界すべてに「想像できないような飢餓の時が迫っている」ことを示す

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...



武漢ウイルスを予測した小説の変更は考えていたのと《逆》だという衝撃の事実を知る。そして現在流行しているウイルスの漏洩源が武漢疾病予防センターである可能性を中国の科学者が発表(その後行方不明に)

ディーン・クーンツ『闇の眼』 1981年の初版オリジナルより ・dacheng1120   私たちは訳のわからないカオスの中に生きている 今日、久々に「ゾッとする感覚」に、ちょっち襲われまし ...

武漢新型コロナウイルス対策全権を委任された中国人民解放軍チェン・ウェイ少将のインタビュー全文

・チェン・ウェイ少将(中央)と研究スタッフ。eastmoney.com 感染症戦争の最前線で戦う女性科学者はウイルスに勝てるか 先日、以下の記事を書きました。3人の女性についての記事です。 人民解放軍 ...



人民解放軍の生物化学兵器部門最高責任者の少将が武漢ウイルス研究所の新しい責任者に。そのことを調べるうちに浮かび上がる「優秀すぎた3人の中国人女性たち」

・ntdtv.com   あまりにも意外だった武漢ウイルス研究所を巡る状況 ちょっと今日少し驚きましてですね・・・。 えーと、新型コロナウイルスについては、まあ「陰謀論的」といわれればそれま ...

周博士の異常な愛情 または私はいかにして心配するのを止めてSTINGを愛するようになったか

・nature   ウイルスに対応する細胞の驚くべき対応メカニズムを知った日 2月2日の中国グローバルタイムズは、武漢の新型コロナウイルスが、「コウモリが媒介するコロナウイルスと 96%一致 ...



新型コロナウイルスに「HIV (エイズウイルス)」のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。さらに「感染しても免疫を獲得できない示唆」を中国当局が示し、事態は新たな局面に

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

新型コロナウイルスは、まるで1918年のスペインかぜと同じように「普通なら最も感染症に強い青年層と中年層を重症化させている」異常な感染症かもしれない

・Sandeep Shenoy   医学誌ランセットで見た奇妙な感染の年齢分布 新型ウイルスの感染者は、ほとんど指数関数的に増加していまして、歯止めが効かなくなっているように思えます。今日 ...



次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...



新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった。そこで沸き起こる「兵器化された病原体が流出したのではないか」という懸念

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.