地球最期のニュースと資料

In Deep

「 減少 」 一覧

日本はもうじき「毎年100万人ほどが消滅する国へ」:海外でショッキングに報じられる日本の世界最速となる異常な「自然の」人口減

日本の世界最速の人口減少を報じる米国報道より ・FT   実際は相当衝撃的な自然人口減の中に生きている 4月12日に、総務省が最新の日本の人口推計を発表しまして、予測通りとはいえ、劇的な人口 ...



地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

2019年2月12日の英国インディペンデントの報道より ・independent.co.uk   地球の植物の90%は昆虫によって受粉されることにより生き継いでいる 少し前に、以下のようなタ ...

中国が「人口減」に直面していたという衝撃

中国の人口が減少に転じたことを報じるロシアのメディア ・minsknews.by   中国で起きていた「歴史的な出生数の減少」 ・AFP / WANG ZHAO ロシアのメディアを眺めていま ...



この世の昆虫の数は回復不能なレベルで減少していた : 羽を持つすべて昆虫類の生息量が過去27年間で75パーセント以上減っていたことが判明。自然界の植物の80%が「昆虫による受粉で存在している」この地球の近い未来は……

2017年10月18日の科学系メディアPHY.ORGの記事より ・More than 75 percent decrease in total flying insect biomass over 2 ...

男性の精子レベルの著しい低下がイスラエルの大学の大規模調査で確認される。論理的な観点からのみだと「西暦2060年に男性の生殖機能はこの世から消滅」する

・BBC Sponsored Link   最近、イスラエルのヘブライ大学の大規模調査で、「男性の精子数の減少が予想を超えたものである可能性」を示す結果が発表されました。 欧米ではいろいろな ...



ふと気づくと「虫がいない世界」に生きている(その原因はネオニコチノイドではなく私たちの生き方そのものだとしみじみ思うこの夏)

英国ガーディアンの記事より ・Guardian 先日、とても短い期間ですが、帰省しました。 私の実家は北海道にあります。 実家のある場所そのものは大自然云々というような場所ではないですが、少し移動すれ ...

人類絶滅ウイルス「ジカ」の正体 : ジカウイルスに感染したオスは2週間後から睾丸内部の細胞が崩壊し、性ホルモンと精子の激減により男性の生殖能力が事実上崩壊することが明らかに

2016年11月1日のオーストラリアの報道より ・news.com.au   ジカウイルスの本当の脅威かもしれない示唆が露見 ジカウイルスに関しては、以前よく記事にしていまして、「胎内の赤ち ...



北半球の海の「植物プランクトン」が劇的に減少し続けていることが NASA の調査で判明。そして、その海のプランクトンたちもまた「他との共生」で進化していた

▲ 2015年09月24日の NASA Earth Science News より。     植物は人間と「対」だから 前回の記事、 ・「植物はいかにして地球に誕生したか」 では、 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.