「 終末 」 一覧

中国南部で続く史上最悪の大洪水の中、数億人に影響を与える可能性のある「三峡ダムの決壊」は起きてしまうのか?

・6月23日。史上最悪の洪水に見舞われている重慶市。NTD   近代史上最大の災害になると言われる懸案が浮上 中国南部で観測史上最大レベルの豪雨が続いていまして、中国語の報道によりますと、中 ...



2020年6月21日に「世界は終わる」? : まるで終末のような社会の混乱の中でのマヤカレンダーの数値の再計算で示された終わりの日についての騒動

・Newsweek   再び話題となるマヤカレンダー 2010年頃から「マヤ文明」というものに注目が集まったときがありました。マヤ文明は、文字体系を持たない文明でしたが、しかし、優れた「暦」 ...

戦争の噂に満ちた世界、そして民は民に、国は国に敵対して立ち上がっている今、朝鮮半島発の終末の観念と、ラダックからの混乱を再び見ている

・Maracaibo, Venezuela April 23, 2017 新約聖書『マタイによる福音書』 24章 06-14節 戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない ...



虹ばかり見える時代がやってきた中、世界は「新しい死の時代」に突き進んでいるのかもしれません

2020年6月1日 インドネシアのナビレで撮影された「雲」 ・Kristian Sobuber   虹の時代に ふと気づけば、今年もすでに 6月に入っていましたが、年のはじめから新型コロナウ ...

アルマゲドン戦争の影 : 「イランがイスラエルの飲料水に化学物質を放ち、市民多数を毒殺するためのサイバー攻撃を敢行」との報道。そして、イスラエルによるヨルダンの強制併合が7月1日に迫る

・christianity.com   イスラエルが導くかもしれないアルマゲドン 世界的に混沌としてきていまして、アメリカでも緩急の差はあるでしょうけれど、前回ご紹介しました以下の記事のよう ...



世界中で拡大する大規模な消毒剤の空中散布や、日常的な手の過剰殺菌により、いよいよ人類の健康状況は終末の局面に至ると予測される

・スペインで大規模な空中消毒が実施されることを報じたメディア。La Razon   消毒剤とは「毒」だという認識が必要となっている あんまり暗い気分になりたくはないのですけれど、報道などを見 ...

米シアトルに集う過去最大のカラスの群…コロンビアに現れたイエス・キリスト…さまざまな終末的光景の地球に向かって進む「太陽の半分の大きさの彗星」の巨大な青い光

・2020年4月4日 米シアトル近郊。 Massive flocks of crows in the State of Washington during Coronavirus   変化し ...



変異が続く新型コロナの危機は「数年は終わらない」という意見の中で、1年前の2019年の春、日本で咲き乱れた「竹の花」、そしてノートルダム大聖堂、バッタに覆われたイスラエルの過ぎ越しを思い出す

・2020年4月1日 イスラエル・ベニヤミンの空。Gedaliah Blum   竹の花が咲き乱れてから1年後の日本 1年ほど前のことを考えていましたら、 「そういえば、去年の 4月は日本で ...

アメリカは「封鎖」されるか。それはいつ?

・3月10日、米カリフォルニア州サンフランシスコ沖に出現した蜃気楼。 Spaceweather   赤い空 日常生活から、金融、経済、興業など、周囲にあるほとんどの事物に新型コロナウイルスの ...



[究極のウイルス]人類を破滅に導くパンデミックは、エボラやSARSのような凶悪な病原体ではなく「発症しづらく致死率の低い軽い風邪のような病原体」だと2年前にジョンス・ホプキンスの科学者が警告していた

・What Does the Next Pandemic Pathogen Look Like?   私たちが持つ「恐ろしいパンデミック」の概念は間違っていた 何かこう、本日(3月9日)に至 ...

世界は「疫病、イナゴの厄災、大洪水の連続」に同時に見舞われていて、どれも深化し続ける

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...



「中国の崩壊」に備える

2002年に中国貴州で発見された2億7千万年前の石。文字のように見えるものは自然現象と結論 ・Epoch Times   現代史上で最大のカオスとは 先日、以下の記事で、中国の北京に本拠を置 ...

疫病と蝗害…聖書的な災いが現実に:狂気的な数千億のイナゴの大発生による被害範囲がアフリカ、中東から中国までの20カ国以上に拡大。国連は6月までにイナゴの数が「現在の500倍に膨れあがる可能性」を警告

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...



「終末のような」という表現が少しも違和感のない2020年の最初の月に黒い鳥の群れと共に示されるキーワードは「パンデミックの同時進行」

・Shuguang2019   世界各地の「鳥」と「虫」 中国のエポックタイムズが「中国で起きている動物による珍しい現象は武漢コロナウイルスと関連しているのだろうか」というタイトルの記事を投 ...

アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

2019年10月 カリフォルニア史上最悪の森林火災の消火に向かう消防士たち ・Esquire   地球の自然災害が新たな段階に入ってきている可能性 前回は、フィリピンのタール山という火山が壊 ...



アメリカはすでに「反キリスト」に支配されている

・Pravda   激動の雰囲気の漂う2020年のアメリカは 現在のアメリカの大統領については、登場した時から、個人的に、ひたすら苦手であり、好きとか嫌いというようなことでもないし、私は政治 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.