「 終末 」 一覧

世界中で拡大する大規模な消毒剤の空中散布や、日常的な手の過剰殺菌により、いよいよ人類の健康状況は終末の局面に至ると予測される

・スペインで大規模な空中消毒が実施されることを報じたメディア。La Razon   消毒剤とは「毒」だという認識が必要となっている あんまり暗い気分になりたくはないのですけれど、報道などを見 ...



米シアトルに集う過去最大のカラスの群…コロンビアに現れたイエス・キリスト…さまざまな終末的光景の地球に向かって進む「太陽の半分の大きさの彗星」の巨大な青い光

・2020年4月4日 米シアトル近郊。 Massive flocks of crows in the State of Washington during Coronavirus   変化し ...

変異が続く新型コロナの危機は「数年は終わらない」という意見の中で、1年前の2019年の春、日本で咲き乱れた「竹の花」、そしてノートルダム大聖堂、バッタに覆われたイスラエルの過ぎ越しを思い出す

・2020年4月1日 イスラエル・ベニヤミンの空。Gedaliah Blum   竹の花が咲き乱れてから1年後の日本 1年ほど前のことを考えていましたら、 「そういえば、去年の 4月は日本で ...



アメリカは「封鎖」されるか。それはいつ?

・3月10日、米カリフォルニア州サンフランシスコ沖に出現した蜃気楼。 Spaceweather   赤い空 日常生活から、金融、経済、興業など、周囲にあるほとんどの事物に新型コロナウイルスの ...

[究極のウイルス]人類を破滅に導くパンデミックは、エボラやSARSのような凶悪な病原体ではなく「発症しづらく致死率の低い軽い風邪のような病原体」だと2年前にジョンス・ホプキンスの科学者が警告していた

・What Does the Next Pandemic Pathogen Look Like?   私たちが持つ「恐ろしいパンデミック」の概念は間違っていた 何かこう、本日(3月9日)に至 ...



世界は「疫病、イナゴの厄災、大洪水の連続」に同時に見舞われていて、どれも深化し続ける

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

「中国の崩壊」に備える

2002年に中国貴州で発見された2億7千万年前の石。文字のように見えるものは自然現象と結論 ・Epoch Times   現代史上で最大のカオスとは 先日、以下の記事で、中国の北京に本拠を置 ...



疫病と蝗害…聖書的な災いが現実に:狂気的な数千億のイナゴの大発生による被害範囲がアフリカ、中東から中国までの20カ国以上に拡大。国連は6月までにイナゴの数が「現在の500倍に膨れあがる可能性」を警告

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

「終末のような」という表現が少しも違和感のない2020年の最初の月に黒い鳥の群れと共に示されるキーワードは「パンデミックの同時進行」

・Shuguang2019   世界各地の「鳥」と「虫」 中国のエポックタイムズが「中国で起きている動物による珍しい現象は武漢コロナウイルスと関連しているのだろうか」というタイトルの記事を投 ...



アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

2019年10月 カリフォルニア史上最悪の森林火災の消火に向かう消防士たち ・Esquire   地球の自然災害が新たな段階に入ってきている可能性 前回は、フィリピンのタール山という火山が壊 ...

アメリカはすでに「反キリスト」に支配されている

・Pravda   激動の雰囲気の漂う2020年のアメリカは 現在のアメリカの大統領については、登場した時から、個人的に、ひたすら苦手であり、好きとか嫌いというようなことでもないし、私は政治 ...



「終末の最終戦争」を意味する赤い旗がイランのイスラム教シーア派の復讐の聖地に掲げられた

2020年1月5日 「フサインの流血に対して復讐したい者たちへ」と書かれた赤い旗が掲げられる ・A Symbol Of Severe Battle To Come   イスラム教救世主とイエ ...

自然は「私たちが核が定着した時代」に生きていることを教えてくれる

2019年8月17 ハンガリー・バラトン湖で発生したマイクロバースト ・Juhasz Martin 2017年からの地球 最近の夏は、非常に多くの「核兵器的」な光景が広がるようになりました。日本では、 ...



ソドム化する地球 : 世界各地に連続して出現する水の試練と炎の試練。その中でイスラエルは同時多発放火テロが疑われる業火に包まれる

2019年7月17日のイスラエルの報道より ・Times of Israel ソドムとゴモラ - Wikipedia ソドムとゴモラは、旧約聖書の『創世記』19章に登場する都市。天からの硫黄と火によっ ...

世界中のイエス・キリストたちよ。貴君が示唆するのは遠い未来の弥勒の世界の到来なのか、あるいは唯物世界での錯覚のすさまじい増加というだけなのか

2019年5月12日のアルゼンチンの報道より ・EL DIARIO 冒頭の「キリストが移動するような光景」と見出しに記されています写真は、アルゼンチンのフフイという場所で撮影されたもので、フフイの地元 ...



まるで終末のようなこの2019年の春の週末の数日の光景の中で

2019年3月15日 商品が何もないベネズエラ・マラカイボ市のスーパーマーケット ・Carlos Becerra/Bloomberg   現在の世界に広がる光景は 少し前に、南米ベネズエラで ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.