地球最期のニュースと資料

In Deep

「 2020年 」 一覧

東京オリンピック、金融、経済、人類の未来……。新型コロナウイルス流行後の世界は? そのオカルト的予測

・time.com   11年前のウェブボットにあらわされていた光景が 新型ウイルスと関連するソーシャルネットの動画などを見ていて、ふと、「ああ、この光景は」と思わせるものがいくつか出てきま ...



疫病と蝗害…聖書的な災いが現実に:狂気的な数千億のイナゴの大発生による被害範囲がアフリカ、中東から中国までの20カ国以上に拡大。国連は6月までにイナゴの数が「現在の500倍に膨れあがる可能性」を警告

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

中国に出現した第5の太陽、日本では連続した10匹のリュウグウノツカイ。パーフェクトストームの気配の中、次に何が起きる?

・福井県越前町で撮影された2匹で泳ぐリュウグウノツカイ。朝日新聞デジタル   昨日の以下の記事でご紹介した新型コロナウイルスの解析などによって、個人的には「日本のパンデミック騒動は無事終了」 ...



大規模な飢餓の発生を懸念する武漢の人たち。しかし、新型コロナや過去最悪のイナゴ被害、中国での鶏の大虐殺などは、世界すべてに「想像できないような飢餓の時が迫っている」ことを示す

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...

武漢ウイルスを予測した小説の変更は考えていたのと《逆》だという衝撃の事実を知る。そして現在流行しているウイルスの漏洩源が武漢疾病予防センターである可能性を中国の科学者が発表(その後行方不明に)

ディーン・クーンツ『闇の眼』 1981年の初版オリジナルより ・dacheng1120   私たちは訳のわからないカオスの中に生きている 今日、久々に「ゾッとする感覚」に、ちょっち襲われまし ...



パンデミックと宗教戦争: 新型コロナウイルス禍の中国で「宗教の完全な禁止」に関する法律が施行される。日本で6世紀の疫病大流行の後に起きた政権と信仰者の衝突は勃発するか?

・NY Post 中国政府による私有財産の没収が可能に 前回の以下の記事では、中国で、戦時統制命令という通常は「戦時下でのみ適用される」統制が始められたことを書きました。 ・世界は戦時下へ : 湖北省 ...

H1N1のパンデミックの気配が漂う中、今シーズンの米国でのインフルエンザワクチンの供給量が「1億7330万回分」に達し、過去40年で最大となる中でインフル患者数は過去最大規模に

・thekashmirmonitor.net   人口3億2000万人の米国の半数をカバーするワクチンが提供されている中で アメリカでの今シーズンの異常な季節性インフルエンザの蔓延については ...



人民解放軍の生物化学兵器部門最高責任者の少将が武漢ウイルス研究所の新しい責任者に。そのことを調べるうちに浮かび上がる「優秀すぎた3人の中国人女性たち」

・ntdtv.com   あまりにも意外だった武漢ウイルス研究所を巡る状況 ちょっと今日少し驚きましてですね・・・。 えーと、新型コロナウイルスについては、まあ「陰謀論的」といわれればそれま ...

アメリカの人工知能が「コロナウイルスの感染者は25億人に達する」と計算する一方で「大した感染症ではない」と楽観する医療従事者者たち。事態はどちらに転ぶ?

2020年2月8日の米経済誌フォーブスより ・Forbes   中国政府の公式発表をそのまま鵜呑みにしている人は世界にあまりいないとは思われますが、一応のところは、 2月5日から「中国での新 ...



40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた史上最強の創造上の生物兵器は中国武漢の研究室で作られた。その兵器の名前は「武漢 - 400」

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

強力な病原体が世界各地で発生中。アメリカでは過去最強のインフルエンザ、中国湖南省ではH5N1鳥インフルエンザ、そして「史上最強のウイルス」である可能性が見えてきた新型ウイルス

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...



新型コロナウイルスに「HIV (エイズウイルス)」のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。さらに「感染しても免疫を獲得できない示唆」を中国当局が示し、事態は新たな局面に

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...



福祉国家スウェーデンの福祉が崩壊するとき

・politicalbullpen.com   崩壊の局面にあるスウェーデンの福祉構造 スウェーデンといえば、非常に高い「福祉」が設定されている国として著名であり、年金や教育、各種福祉が充実 ...

英米の科学者たちが緊急論文で発表した新型コロナウイルスの「壊滅的な感染力」と「極度に悲観的な先行き予測」。そして日本は

英米三大学の科学者たちが発表した論文にある2月4日までの新型ウイルスの予想感染者数 ・medrxiv.org   数時間で数百人ずつ増加する感染者 ちょっと新型ウイルス関係の記事が多くなって ...



終焉に向かうアメリカ社会 : 各種統計が示す超大国の驚くべき「病んだ数値」。しかし、冷静に考えてみれば、日本も比較的同じなのかもしれないとも

2020年1月12日 富士山の上に展開するレンズ雲と太陽ハロ ・take@tenkunofuji   今年 1月12日に、富士山で冒頭のような光景が展開されていたことを知りました。富士山の写 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.