「 2020年 」 一覧

新ナチス… : ドイツですべての自由を制限できる「感染保護法」が議会で可決。ロックダウン、外出禁止、旅行禁止、デモの禁止、家庭への襲撃、マスクの着用命令すべてが法律で合法化された可能性



第二波とロックダウンの中でアメリカの子どもたちの精神が崩壊寸前。「パニック発作」と「夜驚症」の検索数が急上昇し、18歳未満のメンタルヘルス施設への受診も昨年比で最大66%増加

「私たちは終わることのない完全な永遠の状態の渦中にあるのだから」



みずがめ座の時代と悪魔的時代の同居のときに

世界各国が「意図的に社会を崩壊させようとしている理由」は何なのか。その意図はわからないけれど、彼らの拠り所となっている「ウイルスというものの根源的理論」をマリス先生から教えてもらう



世界的な飢餓はいつ始まるのか。それは歴史上で最悪のものとなる可能性がある

世界中の多くの若者たちのメンタルヘルスの状態はそろそろ限界なのでは。アメリカでは「4人に1人の若者が本気で自死を考えた」と回答



米国CDCが発表したコロナの感染致死率推定はさらに下がり、19歳までの感染致死率は「0.003%」ほどに。そして全世界で緊急措置に反旗を翻す医療関係者たち

人類の多くが「レギオン」になりつつある : 悪魔的存在というようなものがあるとした場合、その存在が人間をコントロールする現実的な方法は



新しい太陽活動周期「サイクル25」が始まったとNASAとNOAAが公式に発表

イスラエルが世界で初めて「二度目の全土のロックダウン」を実施。他国の同様の動きの中に見える「世界で進行する警察国家」への道



パンデミックは実質的に終わっているのに、いったい私たちはどこへ連れていかれようとしている?

「ニューノーマル」という名の異常な世界に放り込まれた世界の子どもたち



狂った新しい日常へようこそ。そして各国で拡大するマスク不着用への罰金と罰則。英国では「コロナのジョーク」を言っただけで永遠に学生を追放する学校も

全世界で異常気象により崩壊していく農業生産。全世界を巻き込む食糧危機と飢餓のカオスが2021年頃から到来する可能性がさらに高く



事態はどんどんひどいことになっている。アメリカドリームという言葉のある国の事例にみる今後の世界

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.