「 2020年 」 一覧

またも「白い虹」が出現しだした中、各国で再度ロックダウンが開始される。まるでその目的は「この世と人類を滅亡させるためのよう」と理解する夏

・オーストラリア・タスマニアに出現した「白い虹」。 Gillian English   白い虹で思い出す「令和の始まり」 冒頭の白い虹は、7月にオーストラリアのタスマニアで撮影されたものです ...



北緯33度から放たれた終末がまたひとつ:ベイルートの終末的な爆発から思う世界の次の段階

・8月4日 レバノンの首都ベイルートでの爆発。beirut explosion   レバノン、そしてフェニキア レバノンの首都ベイルートで「倉庫で爆発が発生した」というニュースのタイトルだけ ...

世界の子どもたち600万人の命が栄養失調とロックダウンの後遺症で危ういと医学誌ランセットが警告する中、しかし、私たちはいつになったら人道を行える普通の生活に戻ることができるのか

・summit.news   来年はさらに悪くなる 以前、日本で緊急事態宣言(実質的なロックダウン)が開始されめた際に、4月頃の時点で「将来的に取り返しのつかないことになる」と感じていました ...



おめでとう、スウェーデン。そして、ありがとう。その中で我々のほうはただ退化していく

・賑わうスウェーデンの首都ストックホルムのタントルンデン公園 5月30日 HENRIK MONTGOMERY   「嫌いだったものが好きになった」ことが嬉しくて 今回の新型コロナウイルスのパ ...

世界やアメリカの暴力を見ていて思い出す「太陽と人間の真の関係」。しかし今後恐いのは「本当のパンデミック」だと思わざるを得ない理由

7月24日 米国オレゴン州ポートランド。デモ隊を威嚇する治安部隊 ・USA Today   思ったほど沈静化していかない太陽活動の中で 先週末(7月24日から26日頃)アメリカで抗議デモとさ ...



公衆衛生という名のデストピアの中を生き抜け、子どもたち

米ソフトウェア会社が発表した「群衆の中からマスクをしていない人を検出する」監視システム ・Face Mask Detection System using Artificial Intelligenc ...

イナゴの大群がアメリカに向かっている

・1874年 数兆匹のイナゴの襲来を受けたアメリカ timeline.com   150年ぶりの「十の災い」は防げるか イナゴ(主にサバクトビバッタ)の被害が世界的に拡大して久しいですが、最 ...



すべての国民を対象にした自粛、制限、あるいは殺菌やマスクやソーシャルディスタンス政策というのはひたすら無意味

・SHTFplan.com   人間狩りの時代に 何だか最近の新型コロナウイルス関連の報道や話題を見ていると、事の本質が何だかわからないことになっているなあとはよく思います。 昨日などは、米 ...

「今起きていることは通常のメンタルヘルス・カタストロフではない」

・This Is Not a Normal Mental-Health Disaster   世界中で拡大する精神衛生カタストロフ 最近、まあ 7月に入ってきてくらいからか、たまにどうも体調 ...



世界最高権威の医学誌に掲載されていた「パンデミックにおいてのマスクの素晴らしい効用」。そして、そこから思い出した東京ミキサー計画と人類退化論

・amnesty.or.jp   マスクの思い出 世界最大のスーパーマーケットチェーンであるアメリカのウォルマートが、「7月20日以降、来店するすべてのお客様にマスクの着用を義務づけます」と ...

中国の洪水 :三峡ダムと繋がる中国最大の淡水湖が決壊し、もはや被害規模が把握不能の史上最悪級の事象に。そしてその地には世界最大の人工降雨装置があり…

・7月10日 冠水した武漢の公園でマスクをつけて遊ぶ少女。bloomberg.com   三峡ダムにつながる巨大な淡水湖が次々と過去最高水位に 中国で少なくとも過去 100年程度の中では、最 ...



病気だらけの地球で : 人間界では新型コロナ、ペスト、デング熱、謎の肺炎が流行。さらにはウサギやミツバチ、ゾウなどの「動物のパンデミック」も進行中

・relocatemagazine.com   滅亡的な渦中にある人間社会と生態系 日々の報道を見ていますと、今は実に「病気の時代」であることが強く実感されるときに生きていることを自覚します ...

サイバーアルマゲドン戦争が始まる世界で起きることは何?

・Israeli Cyber-Attack Caused Secret Iranian Nuclear Missile Plant to Explode   現実の出来事から思い出されるウェ ...



庚子年の中国の今 : 降り止まない雨による歴史的な洪水、各地で発生し続けるイナゴ、そして、もしかすると風前の灯火かもしれない三峡ダム

7月8日 中国江西省上饒市。洪水で流される家屋 ・Bright Future   混乱と近い60年に1度の年に 現在の中国の混乱は・・・というか、まあ、混乱は中国だけの問題ではなく、何となく ...

ライブズ・マター? : 1匹の蝶の死や4500億匹のイナゴの死、あるいは人の死からその意味を考える。なお、アメリカで1年間に警察官に殺される民間人はほぼ1000人

7月1日の米フォーブスより ・Police Killed Over 1,000 American Civilians In 2019   命 数日前、自宅の玄関を出たすぐのところに置いてある ...



アメリカの「ロックダウンと致死率の関係」を見て思う「一日に十万、人が死にだしたら神の世が…」の世界に現実に生きていること

・TMIN   新型コロナ「以外」の死者がどんどん増えていく世界で 今から 5年ほど前に、ふと「今の地球って、1年間でどのくらいの人が亡くなってるんだろう」と思いまして、調べてみましたら、 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.