地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりした。昨年は、新人賞というのをいただきましたが、今年も投票していただければ幸いです。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

2018年からの世界 地球という場所の真実 拡大する自然災害

2018年夏の黙示録的な光景を複雑な太陽ハロを眺めながら思い出す

投稿日:

米アリゾナ州に出現したダストデビルと太陽(テューバ・シティ 09/16)


vk.com




最近、3日間ほど私用でわりと大きな移動をしていたことを、記事「人工甘味料の「身体破壊の威力」がまたも明らかに…」の冒頭で書かせていだきました。

その道中、ふと空を見ましたら、非常に見事な太陽のハロ(暈 / 太陽の周囲を囲むような光の輪の現象)が出ていることに気づきました。しかも、よく見ますと、周囲が虹のような色彩になっている上に、両端には「幻日」と呼ばれる光学現象も起きている。

私は外で写真を撮ったりすることがほぼなく、その時も何も記録しなかったのですが、大げさにいえば下のような光景でした。これは 9月の初めにカナダで撮影されたものです。

9月5日にカナダに出現した複雑な構造の太陽ハロや彩雲


Martin Male

こんなにあざやかでないにしても、感じとしてはこれに近いもので、しばらくそのハロをボーッと眺めていました。

私は普段から、歩いている時によく空を見上げます。そのせいか、彩雲なんかは毎日のように見ているのですが、この時のような鮮明な太陽のハロはそんなに見られるというものでもない気がします。

ふと、Wikipedia - 暈 を見てみると、科学的な説明の下に、伝説として以下の記述がありました。

中国では古代、白虹が太陽を貫くことは、兵乱の兆しとされた。

と記されていました。白虹とは太陽ハロのことのようです。

兵乱の兆しというキーワードを眺めつつ、「それにしても、この夏は印象的な光景が何と多かったことか」と、それを思いだしていました。

そんなわけで、この夏、世界のさまざまな場所に出現し、今でも印象に残っている光景を、そこからいくつかご紹介したいと思います。


2018年の夏(7-9月)で印象に残った世界の光景

米国フロリダ州の壮絶な雲と落雷(サラソタ 07/09)


Val Vasilescu

クロアチアの嵐の夜の雲と月(ノヴィグラード 09/03)


Weather-Photos.NET

米国コロラド州の花畑の中に現れたダストデビル(サン・ルイス 09/03)


Weather-Photos.NET

アラスカに出現した飛び立つ白鳥のごときオーロラ(フェアバンクス 09/29)


Marketa Murray

ルーマニアに出現した「神の手」と人々が呼んだ雲(プロスチ市 07/08)


mohammed

英国の異様に低い場所に出現している雲(コーンウォール 08/05)


Dan Bourne

アルタイ地方で発生したマイクロバースト(ロシア 08/17)


Instagram

テキサス州ゲインズビルに出現した異様な形状の雲(米国 08/08)


Jeff Stephens

米ニューヨークの空に出現した中途半端な虹 (米国 07/02)


instagram.com

あまりにもあざやかな彩雲(シンガポール 08/21)


Roberto Nunes

水戸市に出現した二重の虹と落雷のコンビネーション(日本 08/31)


norikun5112

米国フロリダ州の夕暮れの中に立ち昇る力強いウォータースパウト(デルレイビーチ 08/22)


Instagram

ノースカロライナ州の上空で旅客機から撮影されたマイクロバースト(米国 08/23)


vk.com

ロシアの空に出現した異様に鮮明な環水平アーク(サンクトペテルブルグ 08/23)


Sanechka Cawa

神秘的な月のハロ(英国シュロップシャー州 09/09)


Tom Lowe

霧と雲で「空への階段」のような光景が出現(英国サウスダウンズ 09/15)


Finn Hopson

磁気嵐の中での印象的なオーロラ(フィンランド 09/11)


Adrien Mauduit

ソレント沿岸で発生したウォータースパウト(イタリア 10/01)


Angela Capriglione

躍動感のあるレンズ雲(ボスニア・ヘルツェゴビナ 09/27)


Zvonimir Posavec

ブカレストの迫力ある夕暮れ(ルーマニア 09/27)


octavdragan

磁気嵐の中で出現した奇妙な形のオーロラ群(カナダ・オンタリオ州 09/13)


WD Photography

このあたりまでとさせていただきます。

今年の秋から冬にかけても、激しかったり、あるいは美しかったりする光景がさらに数多く出現するのだろうなとも思います。

それぞれに何かの示唆があるわけではないのでしょうけれど、しかし、実はすべての光景には意味がある気もいたします。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-2018年からの世界, 地球という場所の真実, 拡大する自然災害
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.