In Deep

地球最期のニュースと資料

*

ネット上での自死誘導プログラム「青いクジラ」は、シルクロードと同じ経路を通りながら中東にまで拡大。そして「若者たちの死の理由」を求めて迷宮に入るこの社会

      2017/11/10

2017年10月26日のイランの英字メディアより

samaa.tv

「青いクジラ」による自死者が続出しているインドの10月27日の記事より

Indian Express

「青いクジラ」が自殺を増やしているのではない。若者たちの自殺を増加させている要因は私たちの古い慣習に縛られた社会の規範そのものだ — インディアン・エクスプレス紙

Sponsored Link


 

登場から1年を前に、いまだに拡大し続ける「青いクジラ」

インターネット上で広がっている自死誘導プログラム「青いクジラ(Blue Whale / 意味はシロナガスクジラ)」についてはじめて書いたのは今年3月でした。

それはロシアから始まったもので、下の記事がその最初の記事です。

誰かが「ネットを使った若者の大量殺りくの実験」をしているかもしれない : ロシアのSNS「青いクジラ」で、これまでに少なくとも130人の少年少女が合理的な理由がないままに自殺
 2017/03/02

その後、6月には中国などにも拡大しました。

この「青いクジラ」の具体的な内容は、過去記事、

モスクワの「癒しのピラミッド」が自然の力で崩壊した頃、ロシア発の自死誘導プログラム「青いクジラ」は中国とイタリアに拡大
 2017/06/01

という記事を書かせていただいたことがありますが、これは基本的には「ゲーム」であり、50日間の規定されたプロセスを消化していきます。

さまざまな指令の最終日は、

「 50日目 高層ビルから飛び降りる」

となっていて、そのプログラムの指令はここで終わります。

この最終指令まで実行した若者たちの数は今となっては、よくわからないのですが、ロシアでの犠牲者が少なくとも百数十人以上などの数から考えますと、全世界ではかなりの数になっているのかもしれません。

そして、この 10月、冒頭のように中東のイランで「青いクジラ」によると見られる若者たちの自死が発生し、インドなどでも続発していることが報じられています。

「青いクジラ」を50日目までを実行した若者によるノート

‘Satanic’ Blue Whale Game Under Spotlight In Iran After Teenager’s Death

インドの報道によれば、ゴアでは、各学校に「青いクジラによる生徒の自殺への対応策」というものまで配布されているらしいです。

この「青いクジラ」は、その広がり方自体は爆発的ではないものの、継続して拡大し続けていまして、そしてタイトルにもつけたのですが、中国 → インド → 中東 → ヨーロッパという流れは、まるでシルクロードでの物流のようだと感じたりした次第です。

これはふざけて書いているのではなく、かつての物流の要所のルートを辿るように「自死が伝染している」ということに、何ともいえない因果を感じた次第です。

もちろんシルクロードにはいろいろなルートがありますけれど、たとえば、下のようなルートなどがあります。

シルクロードの一例
travel.coocan.jp

この「伝染」がいつまで続くのかわからないですけれど、私は「自死は、ある時には、感染するように広がるもの」だと考えている部分もあります。

過去記事、

伝染病のように世界中に拡大する「自殺」の流行 : そして、自殺が増加している本当の理由
 2016/05/18

というものに書かせていただいたことがありますが、現代の社会は、その多くが「自死が流行している社会」だということは言えそうで、じゃあ、それはどうしてなのかというと、それをうまく言うことは難しいことでもあります。

今回、冒頭のふたつめに載せましたインドのメディアの「なぜ若者たちは自死に向かうのか」という記事には、インドで若者の自殺が増えていることが述べられているのですが、この記事をご紹介しておきたいと思いました。

この記事はインド国内のことを書いているのですが、たとえば記事にある、

有名な大学への入学を確保するため馬鹿げたほど高い成績を達成するために、青年たちはまるで「授業工場」のような場所に詰め込まれる。それでも、多くの若者たちは自分の人生とキャリアのためにその道を選ぼうとする。

さらに、インドの若者たちにとっては、宗教、カースト、地域社会、性的指向のために人を愛する権利が否定されていることが自殺の最も悲劇的な誘因だ。

というような下りなどは、まさにどこのアジアの国も同じだと思います。

特に、ここにある「人を愛する権利が否定されている」という言葉は重く、日本でもそういう事例で「断絶される愛」の事例は全国でおびただしく見られるはずです。「〇〇がないと人を愛せない」というような。〇〇に入るのはなんでもいいです。お金でも学歴でもキャリアでも。

まあ……減るわけもなさそうな……。

現在の自殺の増大には、ひとつには「合理的な意味がわからない面」がありますけれど、やはり主要な部分は「よく考えればわかる部分」なのだとも思います。

というわけで、そのインドの記事です。


Why they die young
Indian Express 2017/10/27

なぜ彼らは若く死んでいくのか?

暴虐的な社会的規範が青少年たちの自殺の増加を後押ししている。

10月12日、インドの最高裁判所は、「青いクジラ」のようなオンラインゲームがインドの若者の自殺につながったという懸念に対処するための是正措置を政府に提案するよう命じた。

このゲームは明らかに「自分を死に導くという勝利」を獲得するためのステップを経験していくもので、自死の前の 50日間、衝撃的で自己破壊的な「命令の実行」に夢中になるようにプレーヤーを心理的に刺激することができるプログラムだと考えられる。

自殺がインドの若者たちの間で死に至る主な原因であるという事実は何年も前から知られていたが、当局によるこの公衆衛生の危機の認知は、これまではほとんどなかった。

そのため、今回の「青いクジラ」に対しての最高裁判所の迅速な対応に、私たちインドのメディアは驚きの感情をもって迎えている。

しかし、私たちがしばしば誤った優先順位を価値観に反映させる。たとえば若者たちの自殺がオンラインゲームのような「外部」的なものからもたらされるという脅威に対しては今回の最高裁判所の命令のように注意が払われるが、インドの何万人もの若者たちが抱える問題は、私たちの社会に内在する普遍的な要因からであるのに、そのことは相変わらず無視されてしまうことが多い。

インドで何世紀にもわたって続いてきた習慣や伝統は、今や青少年たちの欲望との間に葛藤を招く要因となっている。

この問題は少なくとも部分的にインドの若者たちの自殺率を驚くべきほど高めている。

一言で言えば、インドの若者たちは、彼らが選択したい人生への欲求が阻害されていると考えている。たとえば、そのような願望の1つはに、教育そして自分のキャリアを追求することがある。

今の若者たちはキャリアのチャンスを数多く持っているが、インドの社会的規範は、医学や工学などの伝統的な選択肢を強調し続ける。有名な大学への入学を確保するため馬鹿げたほど高い成績を達成するために、青年たちは、たとえば、コタ(インドの都市)のような、まるで「授業工場」のような場所に詰め込まれる。それでも、多くの若者たちは自分の人生とキャリアのためにその道を選ぼうとする。

さらに、インドの若者たちにとっては、宗教、カースト、地域社会、性的指向のために人を愛する権利が否定されていることが自殺の最も悲劇的な誘因だ。

今年3月、ウッタル・プラデーシュ州のシャハハーンプル地区に住む共に 10代の男女ふたりは、彼らの恋愛関係に対して双方の家族が嫌がらせをすることを解消するためにふたりでの自死を選んだ。

このふたりのティーンエイジャーは、死ぬ際にお互いに強く抱き合いながら、少年は少女を銃で撃ち、その後、少年は自分を銃で撃って絶命した。

さらに、それに続いて、アグラでも十代の中学生ふたりが心中した。ふたりは、自ら部屋に閉じこもって、共に自分の体に火をつけて自死した。警察によれば、ふたりはお互いにヒモで結び合った姿で死亡していたという。自殺の理由は、少女が他の男性と強制的に結婚させられることが決まったことによるものだった。

もちろん、これらの例は極端なものだが、インドの若者たちが身体や心を支配することを禁じている正統なインドの歴史的価値観から解放されたいと願い、努力している何百万人もの人々の最先鋭の部分を示しているともいえる。

教育、都市化、グローバリゼーションを通じた「チャンスだけらけの海」に暴露された彼らは、抑圧的な規範と偏見の溜まりに閉じ込められている。

そこにたまたま「青いクジラ」があっただけだ。

青いクジラはインドの若者たちを死に追いやっている主要な原因でも何でもない。

インドに続く保守的な社会慣習は、階級、カースト、宗教によって階層化された私たちの社会の陳腐化した見解を支持する勢力によって鼓舞され、若者たちの生活を毒している。



 - 2017年からの世界, 人類の未来, 悪魔の輪郭 , , , , , , , ,