地球最期のニュースと資料

In Deep

「2019年からの世界」 一覧

まるで終末のようなこの2019年の春の週末の数日の光景の中で

2019年3月15日 商品が何もないベネズエラ・マラカイボ市のスーパーマーケット ・Carlos Becerra/Bloomberg   少し前に、南米ベネズエラで、「全土での停電が 1週間 ...



2011年3月11日からの憑依じみた日々を思い出しながら最近のレンズ雲の地球への集中砲火などをご紹介させていただきます

2019年3月1日 米カリフォルニア州マンモス山上空にて ・twitter   昨日(3月15日)新しいメルマガを出させていただいたのですけれど、この昨日のメルマガというのが、 「テーマがな ...

南極大陸の「地底の直径数百キロメートルの謎の存在」の真上に「白いモノリス」が見つかった

グーグルアースで確認された南極大陸の「巨大な白い長方形の物体」 ・deZabedrosky , Google Earth さあ盛り上がってまいりました(まだ何も書いてないじゃん)。 ……ああ、まあそう ...



近代の歴史上初めてとなる「国土全体の停電が6日間以上続いている」ベネズエラのあまりにも奇妙な事象は、これからの地球の何かの予兆的なものなのかどうか

2019年3月8日の英ガーディアンの報道より ・Guardian 現代社会ではあり得ないことが起きている今のベネズエラ 今、南米のベネズエラに、おそらくは、 「近代の文明史上、最悪の大停電」 が起きて ...

イエス・キリスト的な光や聖書的な現象などで世界各地が沸いているけれど、現実に私たちが向かっている先は

2019年3月4日 イタリアのアグローポリから撮影された雲間の光 ・Alfredo Lo Brutto   冒頭の「光」の写真は、イタリア人のアルフレッド・ロー・ブルットさんという方が、アグ ...



世界に広がる除草農薬グリホサートの黙示録

2019年3月3日のアメリカのブログ記事より ・zerohedge.com   少し前のメルマガで、モンサント社の「ラウンドアップ」という除草剤の主要成分の「グリホサート」というものについて ...

神の厄災から家族を守るためであるイスラエルのユダヤ教最重要祭事「過ぎ越し」が、今年2019年は「イナゴの大群の厄災に見舞われる中での開催」となる見込み

2019年3月2日の英国の報道より ・dailystar.co.uk   聖地から聖地へ向けての大進軍 童謡の「ちょうちょう」は、 ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ 菜の葉に飽いた ...



日本海はもはや全域がデッドゾーン化している?

・Google Map   1ヶ月ほど前に、日本海を中心とした日本の沿岸に、リュウグウノツカイがあまりにも数多く打ち上げられていることについて、以下の記事で取りあげたことがありました。 20 ...

現在の太陽は「過去41年間で最も暗い状態」であることが判明。そして、今後もますます暗くなっていくと予測されます

2019年3月1日の米メディアの記事より ・Amid the dimmest Sun since 1978 – a month without sunspots   歴史的に弱い活動の太陽で ...



本格的にミニ氷河期の予兆が地球各地に出現する中で、世界中に広がる「気候変動は国連による陰謀」だという主張

2019年2月23日時点の北極の海氷面積の過去の年との比較 ・NSIDC 予兆 以前は、北極や南極などの氷の量の推移のデータをよく見ていたのですけれど、最近はあまり見ていませんでした。 数日前、米国の ...

抗生物質がバクテリア単位で地球を壊していく……。世界中の淡水系システムに危機的なレベルの薬物の残留が存在することをオランダの科学者たちが発表

2019年2月23日のロシアの通信社の報道より ・ria.ru   着々と進行する水中生物の完全絶滅への道 昨日、冒頭の報道を見ました。 「世界中の河川が、生態系に対して危険なレベルである ...



赤く歪んだ月ばかり… : 世界中で赤黒く輝いた2019年最大のスーパームーンと「地球上空で笑う爬虫類人間」を見て何思う

2019年2月19日 凍結した米スペリオル湖と赤く歪んだスーパームーン ・thomas spence   2月19日は、世界各地でスーパームーンが観測された日でした。 スーパームーンという ...

ロシア政府が「国家全体を世界のインターネット網から遮断」する計画を実行しようとしている。しかも、早ければ2ヶ月以内に実験を行う可能性が

2019年2月14日の報道より ・sciencealert.com   最近、「国家がインターネットを支配しようとする」という話題や報道が結構多いのですが、先日、冒頭のような記事がありました ...



ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...

地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

2019年2月12日の英国インディペンデントの報道より ・independent.co.uk   地球の植物の90%は昆虫によって受粉されることにより生き継いでいる 少し前に、以下のようなタ ...



アメリカで何が起きているのか : 全米で「謎の爆発音」と、それに伴う「謎の光のフラッシュ」現象が続く。原因はわからず

謎の閃光と衝撃音についての特集を組んだ米CBSニュースの番組 ・CBS 今年の 1月の終わり頃から、アメリカのかなり広い範囲で、「大きな衝撃音を伴う爆発音と、それと同時に空が光り輝く」という現象が続い ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.