「2022年からの世界」 一覧

ロシアンルーレットは終わりへ : ファムという名の新しいトジナメラン・ファミリーもまた全長をコードする ADE 誘発仲間

  0歳児も対象に 昨日、ついに「日本でも赤ちゃんへのコロナワクチン接種が承認された」ことを、報道で知りました。 6カ月~4歳向け新型コロナワクチンを特例承認 厚労省 毎日新聞 2022/1 ...



アメリカでは接種後、120万人が通常の生活ができず、130万人が仕事や学校を辞めている。裁判所命令で開示されたCDCデータが示す「0.5%の真実」。では、新しいワクチンでは?

2022/10/05    , ,

  CDCデータに見る「旧ワクチン」の影響の真実 今から2週間くらい前に、アメリカの非営利団体 ICAN (インフォームド・コンセント・アクション・ネットワーク)という組織が、CDC (アメ ...

この冬、ヨーロッパ全体で「携帯電話の通信網が崩壊する」可能性が浮上

さらに自死を進めるヨーロッパ首脳たち ヨーロッパの多くの国や地域が、この冬、エネルギーに関して非常に厳しい状態になることが避けられないことは、これまで何度かふれてきました。 そんな中で、 「ヨーロッパ ...



コロナ重症化のメインが小さな子どもの世代に移行している。これ以上の大量死を避ける方法は「接種を拒否すること」のみ(子どももそのお母さんも)

2022/10/03    

  欧米のデータに見る「重症化年齢層の若年化」。特に赤ちゃん もともと新型コロナ感染症というのは、子どもや若者、あるいは赤ちゃんなどでは、基礎疾患がないのであれば、「ほぼ 100%重症化しな ...

つい先日までユダヤ暦の「シュミータ」の期間で、そして今、49年サイクルの「ヨベルの年」に入った可能性があることを今にして知る。……荒れそうです

  すっかり忘れていたシュミータ 人はいろいろと忘れてしまうもので、アメリカの大統領も最近、「知り合いの議員が亡くなったこと」を忘れ、死者を探し続けていたことが報じられていますが、確かにいろ ...



「若い人はパンデミック対策で根本的に壊された」: 通常は変化がない根本的人格(ビッグファイブ)が、若い世代で大きく「劣化」したことが、研究で確認される

2022/09/29    

  マスクとロックダウンは人類史で最も大きな悪影響を与えた 気質や性格に関する心理学の項目に、「ビッグファイブ」というものがあります。 これは、Wikipedia によれば、 > ビッグファ ...

ノルドストリームへの攻撃の周辺で起きていること。そしてどうやら「北から来る」模様

2022/09/28    

  ノルドストリーム事案は「破壊工作」だと各国で一致。しかし誰が? 前回の記事を書いている途中で、ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」で原因不明の破損とガスの流出が起きている ...



大量死の時代に、アメリカのふたつの大学の「核戦争後のシミュレーション」を見直してみる

2022/09/27    ,

princeton.edu   さまざまな側面からの「大量死」の側面 あらゆる面から、こんなに世界が大量死の間際にいるという現実が何だか信じられないようでもあり、信じられるようでもあります。 ...

中国でクーデターの噂 : その内容は「習近平氏は解任され逮捕された模様」というもので

2022/09/26    , ,

  ウワサの真相 「中国でクーデターが発生しているかもしれない」 こういう噂がこの 2、3日語られています。 武漢でコロナウイルスのパンデミックが始まった頃、中国語のさまざまな情報等を翻訳し ...



「私たちは西側の軍事機構全体と戦っています」 : ロシア連邦政府ウェブサイトに掲載されたプーチン大統領による部分的動員に関しての国民への演説:全文

  「われわれは利用可能なすべての兵器システムを確実に利用します。これはブラフではありません。」 9月21日に、ロシア政府は、部分的動員を発表し、特別軍事作戦から、ほぼ「開戦」といった動きに ...

戦争、市場の崩壊、食料危機。すべては突然起きる「ように見える」だけなのかも。ウクライナ侵攻までの14年間を見ていてそう思う

  言葉をつなぎ合わせる ここにきて、「第二次世界大戦以来、最大となる世界戦争が近づいている」とする見出しの記事が海外で多くなってきました。 その「時期」も、予想よりも早いという可能性が高く ...



ナチスの強制収容所の女性の98%が「収容直後に生理が突然停止した」ことが「不妊作戦」だったことが研究で判明。ほとんどの女性の生殖障害は一生続いた。……歴史が繰り返されている

2022/09/22    

  『プレジデント』の記事 本題とは関係ないのですが、今朝、日本の報道をザラッとみていましたら、プレジデント・オンラインの記事で「子どもにコロナワクチンを打たせてはいけない」という内容のもの ...

「最大の目的は逆転写」 : その理由

  1年半近く経ってから過剰死が増え始めている理由 最近、「世界各国での過剰死」について書くことがあります。 以下のような記事で取りあげました。   [記事] ヨーロッパ全体での「 ...



上海帰り…ではないリル、そしてトジナメランとそのコドンたち

  またも配列見学の旅へ あの……昨日の以下の記事を書いた後、まあ……ショッキングというほどのことではないですが、少し気づいたことがありまして、追記します。   [記事] トリス- ...

[衝撃] 米シンクタンク、ランド研究所から漏洩したとされる文書は「ヨーロッパを滅ぼすことを計画した主体はアメリカである」ことを示す。スウェーデンの新聞が特報として報じる

2022/09/18    , ,

Nya Dagbladet   対ロシア制裁に至るメカニズム 最近は驚くような知見がとても多く、想定外という表現があてはまることも多いです。 そういえば、この秋から日本で展開されるオミクロン ...



アメリカに続き、ウクライナでも上空に「未確認飛行物体が集まり続けている」と国立科学アカデミーがレポートを発表(未査読)。飛行体の速度は最大で時速 5万キロ超とのこと

2022/09/17    , ,

2020年、ウクライナ・キエフの夜空。 livescience.com   ウクライナ国立科学アカデミーからの報告 最近、何だか「未確認飛行物体」に関しての公式な話題が多くなっています。 少 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.